梶屋

以前からとっても行きたかったお店
あいにく場所が分からずうろうろしたりして
3回くらい同じ場所をぐるりぐるり
と回っていたらあっさり発見・・・

こういった時の
ナビの誘導には
あまりあてにならんな(汗)

駐車場がないので
近くの寺を勝手に利用する

そこから数mとことこと歩いて行った。

店の外観は
とても風情があって
ラ-メン屋というよりかは
蕎麦屋の面持ち

暖簾が掛かっているので
開いているってことだなって
引き戸をガラガラと開ける。

P1040396-1.jpg

P1040405.jpg

住所:むつ市新町3-6
TEL:0175-22-5080
営業時間: 11:00~14:00
定休日:不定休

むつ市
面積:863.79km²
人口:60,811人
人口密度:70.4人/km²


大きな地図で見る
「梶屋」の続きを読む
スポンサーサイト

北の家族

最近、むつ市が盛り上がってるようですが
そんなむつ市に娘の吹奏楽コンク-ルを名目に出かけてきました(笑)

むつ市のラ-メン店
意外とよく分かっていなくって
ブロ友のSO・REI☆☆TWINSさん

から聞いて
「北の家族」
ってお店に行ってきました。

店のネ-ミングは
ちょっぴりラ-メン店には不釣り合い
でも、そんなところが受ける(笑)

P1040376.jpg

住所:青森県むつ市大湊新町35-45
TEL:0175-29-3313
営業時間:不明
駐車場:6~7台くらい


大きな地図で見る
「北の家族」の続きを読む

大國らーめん

まだ肌寒い4月の中旬
子供の部活を応援しに行ったついでに
むつ市にある

「大國らーめん」

ってお店に行ってきました。

P1030490.jpg

住所 :青森県むつ市若松町1-6
電話 :0175-23-7933
営業時間:1100~1500 LO1445 / 1800~2100 LO2045 (火木土のみ)
定休日:月曜日(祝日場合は翌日)
駐車場:結構停めれる


大きな地図で見る


店は、まだ11時半にもならないというのに
店内部はかなりの客が待っていました。

カウンタ-に陣取り、メニュ-を眺めてみると
一番人気でもあった

「大國醤油  650円」
を注文してみました。
あ、コッテリ無料もあったのでこれも・・・(笑)


「大國らーめん」の続きを読む

福士食堂

この前むつ市で息子の部活の応援に行った帰りに
ら-めん福士というところに行ってきました。

場所は横町ストアの川を隔てた
左後ろ側にありました。

まぁナビで一発ですがね(笑)

前の車はナビはあったのですが
壊れていましたので
今は重宝してますわ。

んなところで

ら-めん福士です。




住所:むつ市新町10-3
TEL:0175-23-2635

「福士食堂」の続きを読む

かわうち湖のひばっこラ-メン


珍しく無理を押しての記事UP
普段なら仕事からジョギングしてバタンキュ-
だけれども今日は幸いにもジョギング中止・・・幸か不幸か(笑)
たまには休みも必要ということで深夜のBLOG更新(笑)

今日は脇野沢の道の駅から
ワインディングロ-ドを駆け抜けて
川内ダム湖にある道の駅よりお贈りします。

道の駅のラ-メンは邪道だと思いながらも
連れのスタンプラリ-に付き合わされる。
ま、嫌いでもなければ好きでもない道の駅のラ-メン。
とりあえず入店はしてみっぺかなっというところ。




店内は薄暗い中にもたくさんの観光客がきていた。
どこにでもある道の駅ではあるけれども・・・

麺スタンプラ-リ-でおなじみの
ひばっこラ-メンを食堂部入り口の券売機より購入し
食堂部のおば様にお渡しする。

ひばっこラ-メン(600円)

青森ヒバの葉と薬草をブレンドした「美肝茶」の粉末を
練り練りした醤油ラ-メン。またもや練りこみ大好き地方やな(苦笑い)

ま、大して期待はしてないけれど(笑)


こ~んなかんじ

で~かなチャ-シュ-と定番のナルトにメンマに長ネギが少々
そのほかには軽くカブ漬けなんかついていちゃったり(笑)
値段的な外観はおおむね標準点をクリヤしている。




ス-プの味はごくある単純な味であるが
この味にピッタリとマッチする麺・・・いわゆる混ぜ物麺(笑)
この不思議なヒバの香りのする麺との相性が実は素晴らしい。

チャ-シュは-大きいがお世辞にも美味しいとはいえないが
それを抜きにしてもこの麺とス-プの交わりを
是非とも堪能していただきたいものです。

おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆☆・

味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


中々やるな!・・・道の駅


10/15(月)14.5km 

10月月間走行距離 152.3km
体重:79.2kg

目標:あと7kg

脇野沢まで・・・


更新しないと痛い目にあうとは思ったのですが
ここまで撃沈されるとランキング生活も引退かなって思っちゃう(泣)

いつか辞めようとは思うんだけれどね・・・ランキング
だってランキングに振り回されているから・・・

そう!それはもう気のない女の子を追い掛け回している気分(笑)
でもねネタがなくなってきたら辞めよっかなってところで

道の駅麺ロ-ド紀行スタンプラリ-に入れ込んでいる同僚と
脇野沢村までドライブ兼ラ-メンツア-に行って参りました。

もちろん道の駅にも美味しい店があるのですが
中々誘われないと行かないもんでして・・・

脇野沢の道の駅
クリック




道の駅の隣にあるラ-メン店を横目で見ながら
同僚に促されながら店内に入る
意外と小ぶりな道の駅

中に食堂がこじんまりと経営している。
名前も書いてあったが特に気にも留めない。

何も言わず従業員に焼煮干ラ-メンを注文する。
どうやらこの地方では麺に煮干粉や様々な地元名産品を混入させるのが流行っているようだ。

手際のよいおばちゃんが
無遠慮にテ-ブルの上にラ-メンを置く。


いらっしゃいませも言わないしお待ち同様も言わないのかい?

ま、いいや味がよけりゃ言うことない。

焼干しラ-メン630円



とても630円とは思えないような貧弱な作り

小ぶりの麩が二つ
若布が少々

見ての通りチャ-シュ-は無い。

シナチクが数本とナルトが一枚
長ネギは白いところをどうやら使ってしまったようだ。
だから緑の部分しかない。ねぎじゃないね。




麺は煮干粉が練りこんであるのが分かるが
さほどインパクトは無い。

麺もどちらかというと柔目だ。

ス-プの味はまぁまぁで
柔目の麺との相性は悪くは無い。

ただこの店が脇野沢の代表的な店だとされているのだとすると
値段的にもサ-ビス的にも脇野沢のラ-メン店を疑わざる応得ない。

正直期待が高かっただけに
この店に非難をぶつけるのは見当違いかもしれない。ア-メン


おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆・・

味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


奢れるものは久しからずや・・・


10/13.14(土・日)24.9km 

10月月間走行距離 137.8km
体重:79.3kg(やべ体脂肪が・・・隠れ肥満)

強烈だった味噌ラ-メン


少し遅くなりましたが
先週、むつ市に行く機会があり・・・息子の大会ね(笑)
と~っても有名なっていうか、
友達に聞いていったお店

「あらそば」




住所:むつ市大湊新町22-7
TEL:0175-24-2423

こみいった住宅街を
ナビに任せてひた走る・・・
到着したるは小さな食堂に小さな駐車場で
3~4台停めれるであろうか?

店内に入ると座席が3つとカウンタ-が5~6席であろうか?

昭和風情を感じさせるラ-メン屋だ。
メニュウもそう多くは無く各ラ-メンに
五目やらやきそばなどがある。

お年を召したおばちゃんに
小さな声で「みそら-めん ちょうだい」

って頼む。

おばちゃんは何も言わずこちらをギロリとにらむ・・・

「あ~なんか気を悪くすることを言ってしまっだろうか?」

少しネガティブになりながら
おばちゃんの手の動きを凝視する。

「麺は固めか?柔目か?」
おばちゃんは僕に質問を投げかける。

「固めでお願いします。」
僕は答える。

「珍しいねぇ、固目なんて。」
おばちゃんは独り言のようにいいながら鍋に麺をぶち込んだ。

冷蔵庫から野菜をがっつりつかみながら
先ほどのとは違うガス釜で調理を始めた。

少しすると

麺をラ-メン丼の中に開け
炒めた野菜とス-プを麺の中に投入し
更にその上に長ネギをてんこ盛りにさせる。

ス-プがこぼれてもいいようになのか
ラ-メン丼の下にはお盆がしいてある。

どうやら出来上がったようだ。

山盛りのス-プは運ぶたびにチャプチャプと丼からがこぼれ出る。

「お待ちどう様」
先ほどの厳しい顔とうって変わって
優しい笑顔を投げかける。

「私、怖い顔ってよく言われるの」
って屈託のない笑顔で僕を覗き見る。

なんか、ちょっと怖いなって思った自分が恥ずかしくて
返す笑顔も引きつり気味。

「いただきま~す」
ってごまかしながら箸を取る。

味噌ラ-メン(600円)




見ての通りのてんこ盛り(笑)
野菜をかき分け麺を取り出し口にほうばる。
麺は玉子つなぎの黄色い麺

よく北海道で使われている麺だ。
失敗といえば失敗なのは麺を固めにしたことだろう(泣)
おばちゃんのつぶやきが今となって反省される。

ニラやにんじん、挽肉ともやしが適度にいためられ
麺とス-プの相性とマッチしている。
更にいくら麺を食べてもなくならず
近くにあったラ-油入りの唐辛子を入れることも出来る。

そうなると先ほどの味が激変し
ちょっとした辛し味噌ラ-メンに変わるから不思議だ。

八戸のとある店と同じように
辛し高菜やベニショウガを入れると
味が劇的に変わるということに似ているといった所であろうか?

いずれにしてもとってもおなか一杯に(ス-プは残す)
美味しい味噌ラ-メンを頂かせていただきました。

お代を払い帰ろうとすると
おばちゃんが
「しょっぱくなかったですか?」
って優しい言葉をかけてくれました。



おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆☆☆


味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


・・・ダイエット中なのでス-プを残したとはいえませんでした。(泣)


10/11.12(木・金)22.5km 

10月月間走行距離 112.9km
体重:79.5kg(腰から股関節が・・・ヤバイ)

ラ-メンハウス 万八


皆様

春とは思えないこんな土曜日
こんな日は身体を芯から温めるために
ラ-メンなんぞすすってみてはいかがでしょうか?

かくいうOHAMAROはいつでもすすっておりますが(笑)

本日はむつ市にある

「ラ-メンハウス 万八」

に行ってまいりました。



場所はむつ市へ向かう海沿いの県道をひた走り
JR下北駅差し向かい上り斜線側にある。

周辺はコンビにやら交差点が密集しており
駐車の際や駐車場に入る時の車の事故にはくれぐれも注意。

店内は意外と薄暗いが
おしゃれなテ-ブル数個と素敵な小上がりが3~4部屋

手際のよいおばちゃんに注文したのは
ダ-ルラ-メン 670円」


野菜たっぷり、
あんかけ辛しょうゆ味・・・美味い
ダ-ルラ-メンと言う意味は分かりませんが
ひょっとしたらこういった意味かも


麺がなかなかあがらない

まるで重油のようなス-プから引き上げられる熱々の麺
このス-プがダ-ルなのかもしれない?

いずれにしてもあんかけで熱々ラ-メンは
冷え切った身体にぴったりの一品です。

おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆☆・


味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


何やらチェ-ン店らしい・・・

むつ市 万八ら-めん






むつ市に行った帰りに寄った、こんなラ-メン店。

場所は説明しづらいので割愛させていただきます。
回りはス-パ―やユニクロ、そして回転すし屋等のある、
お店屋さんの集合体みたいな所・・・なんといや~いいのでしょうか??

と、いうところで

おなかがすいていたので入店。

以前にも入店したことがあったのですが、
あまりのしょっぱさに閉口してしまいましたが、今回はどんなことになるやら、
というか、喉もと過ぎれば熱さ忘れるという所です・・・




注文いたしましたのは、「コク醤油ラーメン580円」

ラ-メン注文の方にはもれなく、小ライスとおしんこがサ-ビスで付いてくる。

背脂の中に煮卵とシナチク、海藻が沈んでいる。
麺は太麺で構成されているようです・・・味ですか??

残念なことにコク醤油とは名ばかりで、
味はあっさり醤油の中に背脂が載っているだけの味の薄いラ-メンでした。

コッテリ食べたくても、痩せたい方にぴったりお勧めラ-メンだとおもいます。


おすすめ度(5段階評価)
☆☆・・・


ひょっとしたら、他のは美味しいかもしれませんが・・・

むつ市 家系家


以前は「刻の家」といっていた気がするが、
どうやらイメチェンか?喧嘩別れか知れないが?
リニュ-アルオ-プンをした。

当店に入場することになりました・・・

果たしてラ-メンショップ系なのか?
それとも横浜系?刻の家系?なのかは分かりませんが・・・



派手派手での店外は、思った以上に派手さを演出するが
、中にはいれば思った以上のシンプルさっぱり風・・・

味はと思いきや?意外とコッテリで刻の家系・・・そりゃそうだわ(笑)

で、これ

ネギラ-メン(630円)


ラ-ショ系列を汲むであろう当店は相変わらずの、
冷たいネギがス-プを冷たくする。

故に熱いラ-メンが好みであるならば、
ネギラ-メンは控えて別なやつを注文するのが良いであろう。

いやいや猫舌の方にはおすすめかもしんない(笑)

照り焼きのチャ-シュ-にコッテリス-プに太い麺は、
人によっては好みの分かれるところ、

しかし客に麺の硬さや脂の量にス-プの濃さを等‥
を自由に選べれるっていうのも魅力的。

ラ-ショ系のラ-メン店は、各々持ち味があって面白い、
ある意味個性的といえば個性的かな(笑)

夏になると無性にどうしても食べたくなる時があるコッテリラ-メン!
そんな時、迷わず入れる店っていうのもいいんじゃありませんかね。

オンラインカウンタ-

現在の閲覧者数:

プロフィ-ル

OHAMARO

Author:OHAMARO
主に津軽地方が中心の食べ歩き。

過去記事は閉店されたお店等もありますので、参考程度に見て下されば幸いです。またお店情報等食べ歩いた当時の情報となりますので間違い・変更等などございましたらご勘弁ください。

なお、BLOG等に関係のないコメント・TBなどは削除しますので注意してください。

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスカウンタ-

カテゴリー

青森県 (1414)
 青森市 (338)
 八戸市 (218)
 弘前市 (81)
 十和田市 (99)
 三沢市 (97)
 黒石市 (13)
 五所川原市 (141)
 つがる市 (45)
 平川市 (10)
 むつ市 (13)
 七戸町 (20)
 五戸町 (5)
 平内町 (19)
 野辺地町 (42)
 六戸町 (23)
 東北町 (72)
 田子町 (2)
 おいらせ町 (96)
 鶴田町 (5)
 横浜町 (1)
 中泊町 (10)
 階上町 (7)
 鰺ヶ沢町 (15)
 南部町 (6)
 外ヶ浜町 (8)
 今別町 (1)
 大鰐町 (4)
 藤崎町 (7)
 深浦町 (4)
 板柳町 (3)
 六ヶ所村 (3)
 田舎館村 (2)
 新郷村 (1)
 蓬田村 (2)
 東通村 (1)
秋田県 (28)
 秋田市 (4)
 大館市 (8)
 能代市 (5)
 北秋田市 (2)
 横手市 (3)
 鹿角市 (6)
岩手県 (51)
 盛岡市 (13)
 久慈市 (4)
 宮古市 (2)
 二戸市 (9)
 八幡平市 (5)
 奥州市 (6)
 軽米市 (2)
 一関市  (1)
 大船渡市 (1)
 花巻市 (2)
 紫波町 (3)
 葛巻町 (1)
 平泉町 (1)
 田野畑村 (1)
宮城県 (133)
 仙台市青葉区 (17)
 仙台市太白区 (34)
 仙台市泉区 (18)
 仙台市宮城野区 (8)
 仙台市若林区 (13)
 石巻市 (1)
 岩沼市 (4)
 塩釜市 (1)
 白石市 (4)
 名取市 (8)
 大崎市 (8)
 角田市 (2)
 栗原市 (2)
 東松島市 (1)
 川崎町 (4)
 富谷町 (3)
 利府町 (3)
 蔵王町 (2)
山形県 (2)
 山形市 (2)
福島県 (1)
 磐梯町 (1)
東京都 (5)
 千代田区 (1)
 足立区 (1)
 中野区 (1)
 渋谷区 (1)
 西東京市 (1)
埼玉県 (15)
 狭山市 (2)
 所沢市 (2)
 越谷市 (1)
 さいたま市 (1)
 深谷市 (1)
 熊谷市 (7)
 松戸市 (1)
北海道 (16)
 札幌市 (5)
 千歳市 (10)
 岩見沢市 (1)
食事 (428)
 うどん (8)
 そば (71)
 すし (14)
 定食類 (49)
 ランチ系 (12)
 魚介系 (8)
 丼類 (41)
 カレ- (45)
 チャ-ハン・ピラフ (18)
 カップラーメン (98)
 袋・箱ラ-メン (9)
 ハンバ-グ (15)
 弁当 (1)
 イタリアン (1)
 スパゲティ (4)
 おこのみやき (1)
 焼肉系 (20)
 麻婆豆腐 (2)
 やきそば (4)
 カフェ (2)
 牛たん (5)
お酒 (64)
 アルコ-ル  (7)
 パブ・スナック (2)
 焼き鳥屋 (9)
 居酒屋 (29)
 中華料理 (1)
 おつまみ (12)
 イベント (4)
カメラ (40)
 イベント  (4)
マラソン (1)
日 記 (48)
 ちょっと一息 (17)
 ご連絡 (12)
 イベント (10)
 音楽 (2)
 大田区 (0)

ブログランキング参加中です♪

↓押して頂けると喜びます。 人気ブログランキングへ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンクタグ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の逆アクセスランキング

アクセスランキング

今どきニュ-ス

ブログランキング参加中です。

↓押して頂けると喜びます。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ 食べログ グルメブログランキング

最新トラックバック

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ラ-メン大好き掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: