やっとお邪魔できました~ 青森県青森市「味の札幌 浅利」

IMG_1582-1_20170711190647459.jpg

暑いですねぇ・・・まぁここらあたりはジメジメした暑さではなく
カラッとした暑さなんで、比較的過ごしやすいかも。

だってエアコンなしでもすごせますから。
電気代も浮きますよ~~~(笑)

さて今日記事は、冬の寒いときにお邪魔した
ちょっぴりというか?かなり古いネタ

アスパム付近を物色していたところ
この店に入るのを忘れていたので思わず入店

味の札幌 浅利

味噌カレー牛乳ラーメンの系譜が息づくお店に
なかなか入店できなかったのは駐車場がなかったから

もちろん普通にコインパーキングに停めれば
それもよかったんですけど、なかなかねぇ・・・
って言ったところで初入店です。

店内はとてもこざっぱりとして綺麗
そしてカウンターのみのお店のようです。

カウンター内には店主と奥さまらしき方が
いらっしゃいました。

さて、さっそく注文です。

味噌カレー牛乳ラーメン・・・800円(2016年12月時)

IMG_1583-1_201707111906470e6.jpg

あっという間に着丼です^^

定番の具に定番の配置ですねぇ・・・
たっぷりもやしにワカメにメンマ、そんでもってチャーシューにバター
バターは兄弟店のバターと大きさと切り方が違うようです。

スープはカレーの色よりかは牛乳の白い色合いを感じます。
さてさてレンゲにすくってズズズズズッ

牛乳の味わいが強く出ていて
甘い柔らかな印象を受けました。

特にカレーの味わいやスパイシーな感じでもないですし
味噌っぽくないのも、珍しい感じです。

麺は中太麺で北海道の麺とも違う感じ
柔らかく茹でてあるのでとても食べやすくて
スープとの相性もいいと思いますね。

IMG_1589-1.jpg

ズルジュリュジュリュ-っと食べればご馳走様です。

麺量がそれほど多くないので、女性的にはちょうどよく
ヤングな男子には大盛りを注文するのが良いかもしれません^^

最後に、全国的に知らしめるように
名物までなった味噌カレー牛乳ラーメン

その歴史を作られた数々の店主たちに改めて敬意を表すとともに
これからもますます発展していって欲しいなと思っています。

ありがとうございましたぁ~~~ん

お店情報:味の札幌 浅利
IMG_1580-1.jpg

住所:青森県青森市新町1丁目11-23 メゾン丸藤 1F
TEL:017-777-9088
営業時間 :11:30~14:30 18:30~22:30
定休日:月曜日



味の札幌 浅利ラーメン / 青森駅

スポンサーサイト

ラウンジセンチュリー アスパム店っていうんだ 青森県青森市「 ラウンジセンチュリー アスパム店」

IMG_1566-1.jpg

あれはたしか年前の出来事…え?年前

そうそうすでに半年前・・・じつはここアスパム内に
焼干しらーめんで有名と聞いてから早ん何年

やっとの思いで初入店してまいりました。
お店の名前は調べてみたところ

ラウンジセンチュリー アスパム店

ふむふむ・・・実際のお店の前には
三代目庄いラーメンってなっているんだけどねぇ
まぁそんなことはどうでもよくって

お店の券売機の前に呆然と立ち尽くして
数あるメニューの中から悩んでプッシュします。

庄いラーメン・・・580円

IMG_1567-1_20170610153857d1a.jpg

レンゲにすくったスープをズズズのズッと
舌の上に転がしてみれば・・・スッと感じる煮干し味
やんわりと甘みを漂わせているのは焼干しの味わい

お!なかなかのあじわい

麺は細縮れ麺でスープの引き上げに一役買っている
かん水多めっぽいクキクキタイプの麺。

うん!悪くないね。

量はそれほど多くはなかったけれど
軽食な感じで食べやすい。

日頃食べ歩いていると贅沢なっちゃうけれど
こんな値段も、味わいも、量も、あっさりとした
ラーメンを忘れちゃいけないなって思わされた次第です。

なんかほのぼのとした感じだったんだけれども
庄いラーメンって屋号の方が個人的にはタイプだな(笑)

っていったところで ラウンジセンチュリー アスパム店で
懐かしい感じのするラーメンを食べたお話でした。

ありがとうございました~~~

お店情報:ラウンジセンチュリー アスパム店
IMG_1611_20170610153859265.jpg

住所:青森県青森市安方1-1-40アスパム1F
TEL :017-735-6675
営業時間:09:30~18:00
定休日:年末年始


ラウンジセンチュリー アスパム店ラーメン / 青森駅

なんと10年ぶりにお邪魔してみました。 青森県青森市「あごだし中華彦や」

R0029098-1.jpg

今から10年くらい前、ラーメン熱が燃え上がっていたころ
あごだし中華 彦や
というお店に初めてお邪魔していました。

あの頃はって思いだしてももう戻ることはありませんけれども
しかしながらよかったことだけが思い出されるのが記憶というものです。

そんな記憶をたどりながら、また10年ぶりにお邪魔してみました。

あの時の味わい、そして雰囲気などはどのようになっているでしょう。
とてもワクワクしながら、そしてしんみりしながら覗いてみます。

お店入り口の小さな風除室にある券売機から券を購入して
店内に入りカウンター奥の女性に渡します。

ワイワイガヤガヤしていない店内は以前と同じようであって
なんとなく静けさが好きな方にはうってつけのお店かもしれません。

お店奥のテーブルに座って
注文の品を待ちます。

ほどなくすると先ほどの奥さま?
が、運んできてくださいました。

細麺 あっさり…680円(2016年09月時)

R0029099-1.jpg

ルックス的にはそれほど大きくは変化していませんけれども
記憶は曖昧なので過去写真を掲載してみますね。

10年前はこんな感じ
blog_import_4e3f675feb497.jpg

ふむふむ・・・小ねぎでしょうか?このネギが
以前と比べますと格段に量が変化してました。

またスープの透明度は以前の方に軍配が上がるようです。
では早速味わいのほどを・・・

ズズズズズッ・・・ああぁ~~~っ


あの頃を思い出す味わい・・・そんなわきゃない
味わいなんて感情よりもいい加減なわけ(笑)

だからとっても新鮮に感じます。

麺はというと細麺
R0029100-1.jpg

ちょっと柔めなのはご愛敬でしょうね。
個人的にはもう少しクキクキした固さの方が好きかな。
年齢幅を考えるとこれはこれでベストでしょうが。

さてチャーシューはというと

以前も感じましたが
かなり大きめのチャーシューでして
箸で持ったら切れそうなデカさですね。

もちあげてビシャッと跳ねるのが嫌で
デカいチャーシューは持ち上げたくないんですけど(笑)

意外にも固めのチャーシューなので
上手く成功しました(笑)
R0029102-1.jpg

っていったところで最後までズルズルッと食べてご馳走様でした。

そうだなぁ、この10年という月日に感動したっていうのが印象ですね。

お店もこの10年には様々なことがあっただろうし
もちろん僕にも様々なことがありました。

それを思うとこのたった1杯のラーメンをめぐる
単純な月日が重く感じてしまうのです。

そんな10年ぶりにお邪魔したラーメン店
また数年後お邪魔した時には、もう一度
自分を振り返る一杯をいただきたいなって思いました。

ありがとうございました~~~

お店情報:あごだし中華 彦や
blog_import_4e3f675f29a93.jpg

住所:青森県青森市三好1丁目16−21
TEL: 017‐781-8987
営業時間:11:00~20:00
定休日:火曜日


あごだし中華彦やラーメン / 新青森駅

あぁまたしても迷店さがしになるのか?・・・青森県青森市「中華そば まさ」

R0028987-1-2.jpg

だいぶ前の話になりましたが
青森市に新しいラーメン店ができたということで
お邪魔してまいりました。

新しいお店もそうですが
青森市には美味しいお店がたくさんあるので
いつでも迷いながらの来青です。

なのにこうしてお店ができると
より一層迷うことが予想されますね。

とはいえ、さっそくながら入店してみましょう。

お店の場所はかって様々なお店が入退店を繰り返していたところ
そんなところにできたおみせは

中華そば まさ

店内に入りカウンターに座るとカウンター前にメニューがあるので
そこで選択して店主に告げます。

R0028984-1.jpg

中華そば(並)・・・550円(2016年07月時)

R0028988-1.jpg

見た目のルックスは青森ならではですよね。
これにはまってかれこれ数年・・・見た目から受ける印象が
味わいをもほうふつさせるから不思議です・・・あ、よだれでてきた(笑)

ではさっそく・・・
ここは一心不乱に食らうのみです。

アムアムガツガツアムアムガツガツ
ジュバジュバジュバジュバジュリュジュリュ~~~♪


R0028991-1.jpgR0028990-1.jpg

ズルズルすすれば
最後まで食べてご馳走様でした。

言うことありませんね(笑)

っていうか?この手の味わいに
どうこう述べるほど舌は肥えてませんが(笑)

まさに食文化です。

ぜひ、未食の方、他県の方にも一回ならずとも二度三度
食べてもらって、その文化を感じて欲しいですね。

また個人的にも僕の心を迷わす一店ができたことで
青森市に行くときの頭痛の種が増えそうです(笑)

あぁ美味しかった。
ありがとうございましたぁぁん


R0028982-1.jpg

住所:青森県青森市横内神田39-4
TEL:017-738-7726
営業時間:10:30~16:00
定休日:火曜日



中華そば まさ ラーメン / 筒井駅東青森駅

つけ麺有名店で煮干しラーメンを食べる。 青森県青森市「麺や しゅはり」

IMG_9554-1.jpg

つけ麵で有名な
麺屋しゅはり
なんと7年ぶりにお邪魔してまいりました。

懐かしいですよねぇ~~~目をつむれば、あの頃のことを思い出しますが
なんとまぁ、ずいぶん尖がっていたものだと今となっては反省することしきり

あの頃の自分に代わって深々と謝罪したいなって思います。(m´・ω・`)m ゴメン…

そんなことを回顧しながら(笑)
お店のドアを開けて左手にある券売機から

つけ麺狙いでいったんですけど
いつもの通り心揺れまして(笑)

煮干しラーメンを
プ~~~ッシュ

煮干しラーメン・・・650円(2016年06月時)
IMG_9556-1.jpg

ほどなくすると配膳です。

おぉ!いいルックスですね~~~^^
喉が思わずゴクリとなります。

さっそくながらレンゲにスープをすくって
ゴクゴクしてみましょう。

ゴクゴクゴク

うみゃ~~~~

美味しいです~~~詳しいことはわかりませんが美味しい(笑)
本当にどうしようもなくらい説得力のないレポですが

うみゃ~~~(笑)

IMG_9557-1.jpg

チャーシューはこんな感じ
麵はというとこんな感じ(笑)

なんとも説明がつかなくて申し訳ない( ;∀;)

IMG_9559-1.jpg

といったところで最後まで食べてご馳走様です。

つけ麺のお店って印象でしたが、さすがに煮干しラーメンの方も美味しいですよね。
麺とスープもバランスがよいですし、ザク玉をザクザク入れても、もっといい感じ

トータル的な味わいはもちろん言うまでもありません。

ただ、さすがに青森市内のお店なのか?味は濃いめなので
他方からお邪魔する方には、そういった認識でいただくといいかもです。
(僕は好きですが^^)

今度お邪魔するのはいつになるかな・・・

ってところですが鶏塩ラーメンのメニューも捨てがたいので
ぜひぜひ時間を作ってお邪魔したいなって思いまっています。

あぁ美味しかった^^
また行っちゃうからねぇ~~~

P1040296-1.jpg

住所:青森県青森市松原3-15-30
TEL:080-1809-1898
営業時間 :11:30~15:00 17:00~20:00
定休日:水曜日

大きな地図で見る

麺屋 しゅはりラーメン / 筒井駅東青森駅

眺望山噴火ラーメンってなによ? 青森県青森市「ラーメン二八〇」

IMG_8713-1.jpg

国道280号線、いつも気になっていたお店にやっと入店することができました。
ラーメン二八〇(にっぱーまる)

奥津軽から利用する国道280号線…
のんびりとした旧道は昭和を感じさせます。

そんな昭和の感じさせてくれる旧道にあるラーメン二八〇は
そこも昭和の匂いがプンプンプン(笑)

店内に入ってメニューを見れば
IMG_8711-1.jpg

眺望山噴火ラーメン?

なんでも28分以内に食べれば280円になるという
超激辛ラーメンだそうだ(笑)

チャレンジャーの称号を持つ僕としては(笑)
その頂を覗かなくては男がすたります^^

っていったところでさっそくながら注文すると
渡されたストップウォッチ
IMG_8714-1.jpg

お店の屋号と同じ、こだわりの28分の文字が
STARTの時を待ちます。

その傍らにある真っ赤に染まる激辛ラーメンのスープは
スープをすくうまえから目が痛くなりそうです(笑)

眺望山噴火ラーメン…800円

IMG_8712-1.jpg

レッツゴーの心の合図から
ストップウォッチのボタンを押します。

まぁこのスープを見た途端から
すでにあきらめていたことはあきららめてはいたのですけど(苦笑)

ではさっそくレンゲにスープをすくってズズズズズッ
ゲホゲホゲホめっちゃ辛いです( ;∀;)

とはいえ乗り掛かった舟ですからね。
がんばりま~~~す。

IMG_8715-1.jpg

麺は中太の黄色い麺でこの麺を食べるのは
珍しいかもしれませんね。もちろんモチモチして美味しかったですよ。

それとスープもチャーシューもどちらも
完成度が高くて個人的には好きな味わいですが

なんせ辛い

最終的にスープまで完汁には至らずに
チャレンジは撃沈に終わりましたけれども

ただ単純に辛いだけではない美味しさは
この次もお邪魔したいなって思わせてくれる
味わいだったことを報告したいなって思います。

ありがとうございました~~~

お店情報:ラーメン二八〇
IMG_8709-1.jpg

住所:青森県青森市大字清水字浜元4-1
TEL: 017-754-2802
営業時間:11:00~21:00
定休日:火曜日



人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ食べログ グルメブログランキング

にっぱーまるラーメン / 奥内駅

コク深さを感じてズルズルと・・・ 青森県青森市「中華そば 泉一遠藤」

IMG_5380-1.jpg

青森ラーメン協会のラリーがあるというので
お邪魔してみました。もう数ヶ月前の出来事ですけど(苦笑)

中華そば 泉一遠藤

お店はパチンコ屋さんの隣に併設されていて
パチンコする方には最高の立地条件ですね(笑)

それからパチンコ屋さんからしか入れない印象ですが
お店独自の入口もあるのでその辺りは心配しなくてもいいです。

また、パチンコ屋さんなので広大な駐車場をお持ちなので
駐車スペースにも全くもって心配は要りません(笑)

お店に入ってすぐに券売機があるので
そこで必要なメニューを押して店主に渡します。

カウンターはかなり低めで調理状況が刻々と目に飛び込んできますね。
お寿司屋みたいで楽しいですが店主の緊張が手に取れるようです(笑)

さて、着丼

中華そば・・・550円(2015年09月時)

IMG_5378-1.jpg

浅めの丼にネギやらチャーシューメンマに麩
クーポンでいただいた煮卵などが入っています。

早速ながらレンゲにスープをすくって舌の上に流し込みます。
ズズズズズッ

うみゃ~~~

煮干しと昆布、はたまた醬油とのバランスにより
コク深い芳醇な味わいを感じさせてくれます。

ぶっちゃけ期待はしていなかっただけに
評価はかなり高めです。

スープ奥底から麺をひきづり出してみれば
ほそ縮れ麺が顔をだしてきます。

こんな感じ

IMG_5384-1.jpg

どう?美味しそうでしょ(笑)

これをズリュズルッジュバジュバっとやればごっちゃんでした。

見た目どおりの美味しい麺というか?
スープとマッチしているが故の美味しいラーメンでしたね。

中華そば 泉一遠藤
再訪間違いなしのお店です。

ありがとうございましたぁ~~~ん


お店情報:中華そば 泉一遠藤
IMG_5374-1.jpg

住所:青森県青森市東大野2丁目13-1 ガイア青森中央店隣
TEL:017-729-8841
営業時間:11:00~16:00 土日祝11:00~19:00   
定休日:火曜日



応援クリック.とても嬉しいです! ポチが励みになります。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ食べログ グルメブログランキング

泉一 遠藤ラーメン / 筒井駅東青森駅青森駅

爆ニボってなによっ?で初入店 青森県青森市「情熱ビリー」

IMG_2328-1_201602020403064d1.jpg

あれは暑さがまだ残る9月のとある日
いまだお邪魔したことのなかった青森市にある

情熱ビリー

爆ニボ狙いでお邪魔してまいりました。

お店前の駐車場になかなか停められずに
あたりをうろうろしてみたものの

お店はひっきりなしに車が入っては出、入っては出・・・
もう一つある駐車場は工事中で利用できず(涙)

かなり苦労しましたが何とか停めることができ
入店することが出来ました。

まぁ近くにコンビにはあるんですけど
マナーに反する気がしたので我慢我慢^^

っていったところで入店します。
店内は日中ってこともあってちょっぴり薄暗い感じ

アンティークな置物などがあって
おしゃれなお店だなって言うのが印象的です。

IMG_5392-1.jpg

メニュー表を見れば爆ニボってメニューが目を引きます。
詳しいことは省きますが、どうやらお店こだわりの一品のようですね。
さっそくながら注文してみます^^

爆ニボ・・・750円(2015年09月時)

IMG_5403-1.jpg

湯気が出ないくらい油コーティングされた爆ニボすーぷちゃん
混ぜ混ぜしないと油だけを飲んでしまう可能性が高しです(笑)
っていったところで混ぜ混ぜしてから麺をひきづりだし一気食いです。

ずるずるずる~~っ あむあむあむ
ずるずるずる~~っ あむあむあむ~~ん


って食べればご馳走様です(笑)

お店の説明ではしょっぱめってことでしたが
それほどしょっぱくもなく割りスープも入れずに食べられました。
ただ入れて食べたらどうなるのか?試すのを忘れてましたね(笑)

煮干し度においては3種類の煮干しをふんだんに使われているようで
その味わいがしっかりと伝わってきました(^∇^)ノ

麺とスープのバランスそして煮干しの爆裂度を感じさせてくれる
一杯だったかなって思うと同時に、寒くなるこの季節
コッテリ度も高いこの爆ニボでも食べて冬を乗り越えていって欲しいですね。

ありがとうございました~~~

お店情報:情熱ビリー
IMG_5389-1.jpg

住所:青森県青森市青葉1-5-3
TEL:017-729-0299
営業時間:11:30~15:00 17:30~21:00
定休日:月曜日



応援クリック.とても嬉しいです! ポチが励みになります。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ食べログ グルメブログランキング

情熱★ビリーラーメン / 筒井駅青森駅東青森駅

鼻腔をくすぐるは鰹の香り・・・「中華そば きた倉」 

IMG_5173-1.jpg

オープンしてからなかなかおじゃまできなかった
中華そば きた倉

お邪魔する機会が出来たのでさっそくうかがってみました^^

お店前の駐車場は一杯でしたので少しはなれた
月極の駐車場ですか?そこにお店が借り受けた場所があったので
そこに停めることとします。

そこからトコトコ歩きお店までは~100mくらいでしょうか?
お店に入るなり青森ガールにテーブルに案内されますが
さすが人気店ですね。昼前だというのに全ての席は埋まっています。

注文したのはこのメニューから
IMG_5168-1.jpg

(かつお)・・・700円(2015年09月時)

IMG_5175-1.jpg

白髪ネギのインパクトに目を奪われるルックスですね^^
ちょっぴり太めに切り取られれたチャーシューに青森では珍しいホウレン草
それが大きく目を引かれる部分ではないでしょうか?

レンゲにスープをすくってズズズズっと!

おぉ!

単純ではない鰹の味わい・・・そして鰹の香り
えぇわぁ~~~(笑)

IMG_5176-1.jpgIMG_5178-1.jpg

っていったところでいつものように一気食い(笑)
ジュリュジュリュすすってアムアム食べればご馳走様でした^^

大分日が経ってよく分からなくってしまいましたが(苦笑)
鰹のインパクトだけはよく心に残っています^^

他には麺少な目のサービスがうれしいですね。

今回はスルーしてしまいましたが、この次は麺少な目で
メンマでも注文したいなって思いました^^

あわただしい訪問でしたので

この次お邪魔するときはのんびり食べながら
味わいをたんのう出来たらなって思いましたね。

っていったところで
中華そば きた倉
中華そば 鰹を食べたお話でした。


この次は煮干でしょ社長!

お店情報:中華そば きた倉
IMG_5167-1.jpg

住所:青森県青森市青柳1-7-29
TEL:017-763-0830
営業時間:11:00~15:00 17:00~20:00
定休日:木曜日


応援クリック.とても嬉しいです! ポチが励みになります。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ食べログ グルメブログランキング

きた倉ラーメン / 青森駅



津軽ラーメン煮干会・・・その5 青森県青森市「出し屋 五丈軒」

IMG_4534-1.jpg

津軽ラーメン煮干会・・・出し屋 五丈軒

お店右手の券売機から注文するのはいつも同じです(笑)

中華そば・・・570円(2015年07月時)

IMG_4533-1.jpg

そして麺のチョイスもコリャまたいつもの細麺です。

この麺がバランスの取れたスープと相まって
抜群に美味いと思いますね。

そのスープは津軽煮干にありがちなすっきりな味わいとは一線を画した
ちょっぴりのコッテリ感が五丈軒の味わいだと感じます。

うみゃ~~~!

IMG_4532-1.jpgIMG_4536-1.jpg

ズリュズリュッとアムアムってすすればご馳走様です。

行くたびに、また美味しくなっているなって思わせてくれる
そんなお店だと思いますね。

他のメニューには味噌とか塩もあるので
中華そばに拘らずにそちらも食べてみたいです。(笑)

っていったところで津軽ラーメン煮干し会
出し屋 五丈軒でした。

美味しかったよ~~~ん

お店情報:出し屋 五丈軒
CIMG4330-1.jpg
(2007/04/29 11:33画像) 

住所:青森県青森市浜田1丁目10-15
TEL:017-762-2255
営業時間:11:00~20:00
定休日:年中無休


大きな地図で見る

過去記事
12/08/25 中華そば・・・出し屋五丈軒
07/05/03 出し屋 五丈軒

応援クリック.とても嬉しいです! ポチが励みになります。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ食べログ グルメブログランキング

オンラインカウンタ-

現在の閲覧者数:

プロフィ-ル

OHAMARO

Author:OHAMARO
主に津軽地方が中心の食べ歩き。

過去記事は閉店されたお店等もありますので、参考程度に見て下されば幸いです。またお店情報等食べ歩いた当時の情報となりますので間違い・変更等などございましたらご勘弁ください。

なお、BLOG等に関係のないコメント・TBなどは削除しますので注意してください。

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスカウンタ-

カテゴリー

青森県 (1416)
 青森市 (340)
 八戸市 (218)
 弘前市 (81)
 十和田市 (99)
 三沢市 (97)
 黒石市 (13)
 五所川原市 (141)
 つがる市 (45)
 平川市 (10)
 むつ市 (13)
 七戸町 (20)
 五戸町 (5)
 平内町 (19)
 野辺地町 (42)
 六戸町 (23)
 東北町 (72)
 田子町 (2)
 おいらせ町 (96)
 鶴田町 (5)
 横浜町 (1)
 中泊町 (10)
 階上町 (7)
 鰺ヶ沢町 (15)
 南部町 (6)
 外ヶ浜町 (8)
 今別町 (1)
 大鰐町 (4)
 藤崎町 (7)
 深浦町 (4)
 板柳町 (3)
 六ヶ所村 (3)
 田舎館村 (2)
 新郷村 (1)
 蓬田村 (2)
 東通村 (1)
秋田県 (28)
 秋田市 (4)
 大館市 (8)
 能代市 (5)
 北秋田市 (2)
 横手市 (3)
 鹿角市 (6)
岩手県 (51)
 盛岡市 (13)
 久慈市 (4)
 宮古市 (2)
 二戸市 (9)
 八幡平市 (5)
 奥州市 (6)
 軽米市 (2)
 一関市  (1)
 大船渡市 (1)
 花巻市 (2)
 紫波町 (3)
 葛巻町 (1)
 平泉町 (1)
 田野畑村 (1)
宮城県 (135)
 仙台市青葉区 (17)
 仙台市太白区 (34)
 仙台市泉区 (18)
 仙台市宮城野区 (8)
 仙台市若林区 (13)
 石巻市 (1)
 岩沼市 (4)
 塩釜市 (1)
 白石市 (4)
 名取市 (9)
 大崎市 (8)
 角田市 (2)
 栗原市 (2)
 東松島市 (1)
 川崎町 (4)
 富谷町 (3)
 利府町 (3)
 蔵王町 (3)
山形県 (2)
 山形市 (2)
福島県 (1)
 磐梯町 (1)
東京都 (5)
 千代田区 (1)
 足立区 (1)
 中野区 (1)
 渋谷区 (1)
 西東京市 (1)
埼玉県 (15)
 狭山市 (2)
 所沢市 (2)
 越谷市 (1)
 さいたま市 (1)
 深谷市 (1)
 熊谷市 (7)
 松戸市 (1)
北海道 (16)
 札幌市 (5)
 千歳市 (10)
 岩見沢市 (1)
食事 (429)
 うどん (8)
 そば (71)
 すし (14)
 定食類 (49)
 ランチ系 (12)
 魚介系 (8)
 丼類 (42)
 カレ- (45)
 チャ-ハン・ピラフ (18)
 カップラーメン (98)
 袋・箱ラ-メン (9)
 ハンバ-グ (15)
 弁当 (1)
 イタリアン (1)
 スパゲティ (4)
 おこのみやき (1)
 焼肉系 (20)
 麻婆豆腐 (2)
 やきそば (4)
 カフェ (2)
 牛たん (5)
お酒 (65)
 アルコ-ル  (7)
 パブ・スナック (2)
 焼き鳥屋 (9)
 居酒屋 (29)
 中華料理 (2)
 おつまみ (12)
 イベント (4)
カメラ (40)
 イベント  (4)
マラソン (1)
日 記 (48)
 ちょっと一息 (17)
 ご連絡 (12)
 イベント (10)
 音楽 (2)
 大田区 (0)

ブログランキング参加中です♪

↓押して頂けると喜びます。 人気ブログランキングへ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンクタグ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の逆アクセスランキング

アクセスランキング

今どきニュ-ス

ブログランキング参加中です。

↓押して頂けると喜びます。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ 食べログ グルメブログランキング

最新トラックバック

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ラ-メン大好き掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: