スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の昼飯






ば~ん

生おろしニンニクが、全ての味を変換させてくれる。

おろしニンニクがなかったらどうするつもりか~

でも美味い。

お口のエチケットを気にしないのであればお奨めです(笑)



明星の麺は相変わらずしょぼいけどね!
スポンサーサイト

超広角~





このたび、やっとの思いで手に入れることが出来ました。
超広角レンズシグマ10-20mm・・・

少し暗めではありますが、これからの夏空を撮るには
ふさわしいレンズだと思います。

ラ-メンばっかり撮っていると思われがちなので、
今度は少し脱却します(笑)

これからも、つたない画像につたない文章をよろしくお願いいたします。




津軽ラ-メン街道 続き




五所川原市にあるエルム津軽ラ-メン街道・・・
数ある店舗の中でも、息の長い開店率を誇っている。「坂内食堂」

ここには、”さかうち食堂”だと思っていたけれど、
どうやら”ばんない食堂”と言う呼び名らしい。

味は言わずと知れた、喜多方ラ-メン

平打ちモチモチ麺の細麺と太麺が選べる。
数あるメニュ―の中で選んだのが支那そば(550円)





無理して高いラ-メンを食べなくても十分お腹が一杯になるほど、
充実度満点のラ-メンだ。

中でも、肉厚のチャ-シュ―というか肩ロ-スであろうかのぶつ切りは、
豚の角煮か?
肉厚しょうが焼きのぶつ切り
っといったところのようだ。

少なくともこれだけで、
お腹は満足するスニッカ―ズのようなモンです。(笑)

もちろん麺にしても腰が強く、
噛み応えのある麺はそれなりに美味い。

折角なので、難点も少々・・・上げてから落とすのは本意ではないけれど・・・
ス-プが薄い。麺に合ったス-プにはなっていない。
以前に会津若松で食べた麺より堅く、そしてス-プが薄い。

どちらが良いのかは分からないが、
少なくとも本場の味のほうが自分には合っている気がする。

津軽ラ-メン街道・・・どちらかというと万人受けしつつ、
個性を出さなくてはいけない環境は、

正直いってテナントに入っている店舗には厳しいものがあるでしょうね。


             
↑おまけ 柏から岩木山

一休み一休み


ラ-メン記事ばかりだと飽きてくると思ったので、
これなんてどうでしょうか?



先日行った、「びっくりドンキ-八戸湊高台店」です。

僕の高校生くらいの時からある息の長いハンバ-グレストランは、
全国275店舗あるらしい・・・
昔と変わらない美味しさに、社員教育が徹底管理されたこの店は
なんとも素晴らしいことではないか。





いつも必ず頼む、シ-ハ-ハ-サラダ(¥380?)
ハンバ-グが届く前に必ず先にくるので、
行儀が悪くとも先に食べるサラダ。

とても有効に利用させてもらってます。

しかし子供たちが先に口にするので、我々の口はいることはまずない。
本日は「ハンバ-グスパゲティ¥780」を頼んでみた。

やっぱり麺かというところは、御察しのとおりです(笑)




味はともかくとして、かなりの量だと思う。
質より量を求める方にはお勧めのメニュ-(笑)

ま、ひとそれぞれですからお任せしますがね(笑)




お好みで、粉チ-ズやら辛いのをかけて、
味を整えて食べてください。

とても美味しいメニュ-群だが、必要以上にカロリ-オ-バ-になるので
注意が必要かもしれない。

いずれにせよ月一で食べに来れたら幸いなのです。


びっくりドンキ-のHPはこちらです←クリック

陳麻屋




FC店として、八戸に出来たという陳麻屋に行ってきました。
外見からして、坦々麺と陳麻飯(麻婆豆腐)が売り物であるのがすぐ分かる。






中に入ると店内ゴチャゴチャ
オ-ダ-もメニュ-表もおじさんには頼みづらい。

おまけに机の上もメニュ-表が貼り付けてあり忙しい限りだ。



頼んだのは『しょう油ラ-メン550円』

かみさんは坦々麺頼んでいましたけれど、
あとで、少し味見でするのでOKってか?

頼んで5分くらいの素早い対応、
これがフランチャイズの凄い所、
手際よろしく、

さっとでてくる所は評価に値する。
実にシンプル、チャ-シュ-2枚に、ホウレン草少々



↑醤油ラーメン550園


一口「ずっ」

ス-プに臭みが残る。きちんとあく取りしているのであろうか疑問が残る。
やはり550円のラ-メンといえばラ-メンなのか?

麺はストレ-ト極細麺の低下加水麺、しょう油ラ-メンにはお似合いだったが、
坦々緬には粉っぽくて合わないといえば合わない。

FC店の良い面、悪い面が垣間見れるラ-メン店。
どちらかといえば美味しい方、
しかしながら少し物足りないのは安い醤油ラ-メンを食べたからなのか?

そうであれば、高い金を出して陳麻飯(麻婆豆腐)と
坦々麺のコラボでも楽しめば良かったのか?

とこの店をあとにした。

お~う 猛烈~


弘前といえば津軽そば、津軽そばといえば煮干だし、
煮干だしといえばここら辺では超有名と聞いていた。

「高橋中華そば店」


に行ってまいりました。



場所は撫牛子1-3-6というのを調べてはいたのですが・・・
ひたすら目標に向かって地図を持ち、

あっちにフラフラこっちにフラフラと・・・

実はナビが不調でして、隣に乗せたナビオ君に頑張ってもらっていたわけですが、
いかんせんこちらも調子が悪い(笑)

いけば、たくさんの幟があってあっさりと発見

駐車場もなぜか茶色くて、壁の塗料がはげているのか?
それとも意図的にやっているかは分からないが、

店の内部もなぜか茶色いお店(笑)

メニュ-はいたってシンプル

中華そばが650円大盛りが850円、
あとチャ-シュ-麺やらつけ麺なんかもありましたね。

で、頼んだのは僕は「並」後輩「大盛り」

煮干デビュ-の彼は、

超煮干系「高橋中華そば店」の怖さを知らないようだ。
もち僕も知らない(笑)


で、登場



↑中華そば(650円)

ズルズルズル~
煮干が効いてるね~


あれれれ~やばいな~


とはいえ、何とか完食。これほどまでに凄まじいとは・・・
もう少し食べれると思っていたが、いやはや・・・お粗末な・・・

後輩

「もうむりっす・・・」(爆)

腰の強いチジレ自家製麺に、しっとりと柔らかなチャ-シュ-、
粉末状の煮干も入っているス-パ―煮干ス-プ。
ご年配の方がたくさん来店しており、ここの人気を推し量るには客層で判断できそうだ。

多分性格的に、はまれば抜けられなくなって通いつめてしまいそうな、
そんな「高橋中華そば店」に100点満点です。

大鰐町を目指して!


梅雨空のどんよりとした天候の中、
大鰐町までひたすら走る。

場所は兼ねてから、攻めていこうとした大鰐町にある

『はしばた食堂』だ。




↑大鰐駅を望む

はしばた食堂は大鰐もやし中華(¥550)というものが、食べれると
「すぐり」さんからの紹介です。



場所は大鰐温泉のある青い橋の端っこにあります。
少し分かりづらいのでズ-ムイン




残念ながら大鰐もやし中華そばはなかったのですが
(時期外れ5月中旬まで)

なので普通の中華そばをいただきました。
450円でして煮干か焼き煮干しの上に昆布で酸味を抑えている。
津軽系だけど煮干っぽくない甘味のあるス-プだった。

また長ネギではなくて青ネギっていうのが、
ここら辺では普通だとすれば大変面白い。




今回は後輩といったのですが、後輩はべた誉めでしたね。
僕はというと、もう少し味が濃くてもよろしいかと思いましたが、

それでも満足。

次もあったので、ス-プは飲み干せませんでしたが、
いずれ大鰐もやしが出たならば、しっかりと飲み干させていただきます。

喫茶店のようなラ-メン店


十和田市にある「そべ-ぴ」というお店を紹介します。

場所は旧4号線を通り、官庁街通りの交差点を
上り方面に2つほど行った交差点

を右手に曲がってすぐにあります。





駐車場は5~6台程度ありますが、入り口が狭いので
駐車には気をつけたほうがいいかもしれません。

中に入店すれば喫茶店を改装したかの趣・・・不思議な店だ・・・
雰囲気的にも、ジャズっぽい音楽がコンポから流れ出る。

そして何よりもビックリしたのが、客の殆どが漫画を読んでいる。なぜ??
当然麺をすすりながらでもだ?なんとも不思議な光景を目にしたものだ。

名づけて「漫喫ラ-メン」店だ。

ま、そんなことを思いながらきました。
注文していたのは、コッテリしょう油ラ-メン(600円)




驚きのこのラ-メン。チャ-シュ-麺でもないのに、
麺の上にびしっりと角煮のような分厚い肉厚チャ-シュ-が敷き詰められている。
更にス-プの上には唇がヌルヌルになりそうなくらいの脂が給油されている(笑)

味は、煮干系だともうが、以前食べに来た時とは全然違う味に変わっていた。
以前は醤油の味しかしなくて食べる気もうせてしまったが、

今回来た時は、しっかりとしたス-プに整えられており、
津軽の中華そばと、東京コッテリラ-メンのMIXバ-ジョンってな感じがした。

麺は麺で、自家製の津軽中華そばっぽい麺をストレ-ト麺で製麺しているようで、
弱冠腰の弱さが感じるが、それはそれで多めに見てあげれるだけの、


とても良く出来た麺だ。

それはス-プと麺とのバランスを研究した成果が如実に表れているように思う。
なぜなら、この麺で他のス-プはあまりイメ-ジが出来ない。

それはこの麺で他のラ-メンを食べる事があったなら恐らく美味しいとはいえないともおもえる。
だからこの麺!だからこのス-プ!って感じがした。

終わりに、ビックリすほど進化した「そべ-ぴ」
1年半前とは全くといっていいほど変化していた。

今後、青森のラ-メン史上を変えてしまう

そんな予感を感じさせた究極の一杯であったことを記しておく。

まるちゃん「匠


毎度毎度カップネタで恐縮いたします。

なぜ?

どこにも行ってないから・・・(笑)
ということで、僕の昼食日記をまたもや紹介




先日の「日清麺達」で高評価を与えてしまい、
身動きできなくなってしまったのですが、

実はその後これを食べたらこっちの方が美味しかったのです。

麺のバランスとス-プの組み合わせは、
こちらの方がかなり上手でして、

カップラの値段が高いだけのことはあるかということか発見・・・(笑)




・・・今週は久々のお休み、

なんとしてもラ-メン紀行としゃれ込みたいのだ~
あっ!点検で車屋にいかなくてはいけなかった・・・

むつ市・・・めんこう


先日、横浜町に行ったついでに、むつまで足を伸ばしてきました。
そこで、以前食べて高評価だったので、この店にGO~




一時は、県内各地に凄まじい勢いで店舗拡張をしていたようであるが、
どうも最近では元気がない。あちらこちらの店が残念ながら店を閉めているみたい。

でも、ここはまだまだ頑張っているようです。


見づらいメニュ-表から選んだのは、
焦がしニンニクしょう油ラ-メン(コッテリ)735円??





とても高価格ラ-メン、北海道では当然の値段は青森県では認知されない。
何をどうしてこの価格なのかが評価が分かれるところ・・・

確かかみさんがたべた「辛し味噌ラ-メン」は900円に迫る勢いだ。

ケチといわれれば、そういっていただいても結構です。
ノ-マルラ-メンの基本価格は550円だと思っています。

それから上限下限100円づつかな?

少し個人的な意見が強すぎましたが、
更に味は普通だったということを書き加えておきます。

前は美味しかったのにな~とむつ市を後に・・・

オンラインカウンタ-

現在の閲覧者数:

プロフィ-ル

OHAMARO

Author:OHAMARO
主に津軽地方が中心の食べ歩き。

過去記事は閉店されたお店等もありますので、参考程度に見て下されば幸いです。またお店情報等食べ歩いた当時の情報となりますので間違い・変更等などございましたらご勘弁ください。

なお、BLOG等に関係のないコメント・TBなどは削除しますので注意してください。

検索フォーム

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスカウンタ-

カテゴリー

青森県 (1416)
 青森市 (340)
 八戸市 (218)
 弘前市 (81)
 十和田市 (99)
 三沢市 (97)
 黒石市 (13)
 五所川原市 (141)
 つがる市 (45)
 平川市 (10)
 むつ市 (13)
 七戸町 (20)
 五戸町 (5)
 平内町 (19)
 野辺地町 (42)
 六戸町 (23)
 東北町 (72)
 田子町 (2)
 おいらせ町 (96)
 鶴田町 (5)
 横浜町 (1)
 中泊町 (10)
 階上町 (7)
 鰺ヶ沢町 (15)
 南部町 (6)
 外ヶ浜町 (8)
 今別町 (1)
 大鰐町 (4)
 藤崎町 (7)
 深浦町 (4)
 板柳町 (3)
 六ヶ所村 (3)
 田舎館村 (2)
 新郷村 (1)
 蓬田村 (2)
 東通村 (1)
秋田県 (28)
 秋田市 (4)
 大館市 (8)
 能代市 (5)
 北秋田市 (2)
 横手市 (3)
 鹿角市 (6)
岩手県 (51)
 盛岡市 (13)
 久慈市 (4)
 宮古市 (2)
 二戸市 (9)
 八幡平市 (5)
 奥州市 (6)
 軽米市 (2)
 一関市  (1)
 大船渡市 (1)
 花巻市 (2)
 紫波町 (3)
 葛巻町 (1)
 平泉町 (1)
 田野畑村 (1)
宮城県 (134)
 仙台市青葉区 (17)
 仙台市太白区 (34)
 仙台市泉区 (18)
 仙台市宮城野区 (8)
 仙台市若林区 (13)
 石巻市 (1)
 岩沼市 (4)
 塩釜市 (1)
 白石市 (4)
 名取市 (9)
 大崎市 (8)
 角田市 (2)
 栗原市 (2)
 東松島市 (1)
 川崎町 (4)
 富谷町 (3)
 利府町 (3)
 蔵王町 (2)
山形県 (2)
 山形市 (2)
福島県 (1)
 磐梯町 (1)
東京都 (5)
 千代田区 (1)
 足立区 (1)
 中野区 (1)
 渋谷区 (1)
 西東京市 (1)
埼玉県 (15)
 狭山市 (2)
 所沢市 (2)
 越谷市 (1)
 さいたま市 (1)
 深谷市 (1)
 熊谷市 (7)
 松戸市 (1)
北海道 (16)
 札幌市 (5)
 千歳市 (10)
 岩見沢市 (1)
食事 (429)
 うどん (8)
 そば (71)
 すし (14)
 定食類 (49)
 ランチ系 (12)
 魚介系 (8)
 丼類 (42)
 カレ- (45)
 チャ-ハン・ピラフ (18)
 カップラーメン (98)
 袋・箱ラ-メン (9)
 ハンバ-グ (15)
 弁当 (1)
 イタリアン (1)
 スパゲティ (4)
 おこのみやき (1)
 焼肉系 (20)
 麻婆豆腐 (2)
 やきそば (4)
 カフェ (2)
 牛たん (5)
お酒 (65)
 アルコ-ル  (7)
 パブ・スナック (2)
 焼き鳥屋 (9)
 居酒屋 (29)
 中華料理 (2)
 おつまみ (12)
 イベント (4)
カメラ (40)
 イベント  (4)
マラソン (1)
日 記 (48)
 ちょっと一息 (17)
 ご連絡 (12)
 イベント (10)
 音楽 (2)
 大田区 (0)

ブログランキング参加中です♪

↓押して頂けると喜びます。 人気ブログランキングへ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンクタグ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の逆アクセスランキング

アクセスランキング

今どきニュ-ス

ブログランキング参加中です。

↓押して頂けると喜びます。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ 食べログ グルメブログランキング

最新トラックバック

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ラ-メン大好き掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。