第2弾ラ-メン行脚 その3



最後に出ました。

その3編、無理して食べるつもりも無かったのですが、
一人でお出掛けしていたら、家に鍵を施錠され仕方なくのラ-メン紀行(笑)

もち、鍵をかけた彼女と出かけるつもりは毛頭も無く、

なぜなら趣味が合わないし

冒険しない彼女とは基本的には性格が合わない。

そんでもって、へそ曲げられてはやってられないのです。

ま、ここで悪口を書くのは本意ではないけれど、
時々爆発しないことにはやっちゃ~いられない。

ということで、ここしばらくは冷戦中!!ま、ここ5年位はスキンシップも無しだけどね(笑)

前アオキは長くなったけれど、ウロウロして見つけたのは

「天間林ドライブイン」




凄まじい駐車場に、どでかい店内は宴会場か??
と言わしめるほどの場違いのでかさ(笑)

中には、感じの悪そうな店員が誘導もせずに、
何しにきやがったんだというような顔をする・・・

ま、そんなことは思っても口にせずに注文

「こくうまラ-メン500円」



見た目はOUT、ワカメが乗っているのは理解が出来ない??
しかし、このコクのある味は特筆に価する・・・

ワカメを許すか、味を優先するかと考えた場合。

このコクのある味に麺の茹で加減や、値段を考慮すると
ここいら辺では優秀なラ-メンであったことは言うまでもない。

美味しい・・・しかし進化して欲しい。
スポンサーサイト

第2弾ラ-メン行脚 その2


本日2回めのラ-メン店入店は、
三沢市から十和田市までの長期移動です。

八戸市街でも沢山あるのですが、どうもインパクトが弱い・・・
個性的で悪の強いラ-メン店を探さなくては・・・

ある意味使命か・・・(笑)

北里大学向かいの自動車学校横に、しゃれたラ-メン店を発見!!
とはいえ噂では何とか聞いていたのですが・・・(笑)





こんなお店!


その名も「おじゃれわ屋」??

なんじゃその名前は・・・?ま、店主が意味あってつけたんであろうが?
ま、俺だって「おはまろ日記」じゃけんね(笑)

頼みましたのは、数ある中でも「昔々中華そば500円」


見た目もシンプル、味もシンプル、
多分鶏だしと昆布で調子を整えているのであろうか?
とても醤油の味が濃くて、ス-プの深みが良く分からん!

ま、バランス的には醤油の方が、ス-プよりかは強かった気がするがね。

しかしながら、このス-プを全て台無しにしているのはここで使用している麺だ!!
何故にこの粉っぽくて舌触りの悪い麺を使っているのか?よく分かりませんが(泣)

ス-プより麺との具合を研究すれば、中々のいい味は出していますよ。

第2弾ラ-メン行脚 その1



三沢市にある「一徹」というお店にって参りました。
場所は木崎野温泉交差点、家具屋の隣でございます。



駐車場は8台くらいのスペ-スがありまして、かなり余裕のある駐車場です。
以前は別な所に構えていたのですが、どうやらここに来てからの初めての入店をしてみました。

小さめの引き戸を開け、中に入ると
以前お会いした御主人と奥さんらしき人がいた。
勿論僕の顔までは覚えてはいないだろうが・・・(笑)

注文したのは数ある中で、一番安いラ-メン「博多ラ-メン490円」



沢山の客がひっきりなしにはいるということは、
ここのラ-メン店は三沢市民に認知されているということであろう・・・
が、僕には認知できない・・・残念ながら・・・

味は薄く、麺は細麺だが、何故にこの麺を使っているのか理解に苦しむ。
このス-プの素材を活かしたいのであれば、このツルツル、ラ王のような麺はいただけない。

だから勿論替玉はしない!

しかし、万能ネギを使っている辺り、
そして辛子高菜の味については目を見張るべき点も多い。
また、他のメニュウを頂くまでは軽はずみに評価はしてはいけないのですが・・・(泣)

見た目は良し、またそれぞれの持ち味がバランスよく活かせれば、
この店の評価が上がることでしょう。

少しばかり辛口ですが、客の入りが多いという点を考慮すれば、
今後の進化に大きく期待したいものです。



おすすめ度(5段階評価)
☆☆・・・


他のも食ってみたかった。

はやいかな~


更新速度が速くて、ネタ切れになりそうです(笑)

今日は先日、すぐりさんの紹介で行った平川市にあるラ-メン店

「こう屋」に行ってまいりました。

場所は黒石市から大鰐町に抜ける県道?
をゆっくり走ると田園風景の中に、


ちょっと不釣合いなラ-メン店が発見できます。





こんな感じ→


すぐりさんに、綺麗な若奥さんとイケメン旦那が、
この小さなラ-メン店を切り盛りしているということでGO~・・・意味は無いが(笑)

中に入るとこざっぱりした、和風のそば屋の趣だ。
そして仲のよさそうな夫婦であろうか?

手際よろしくテキパキとラ-麺づくりに勤しんでいる。

注文したのは中華そば(鶏油編)600円です。



どうでしょうか?美味しそうに撮影できているでしょうか?

店内のライトは少しオレンジ光を採用しているようで、
どうやら、ここにも工夫のあとがみられる。

店主はかなりの研究家と見たがどうであろうか?

ラ-メンについては、いうまでも無く煮干だしか焼煮干であろうか、
ここ津軽方面の味が再現されているが、魚出汁っぽくないあっさりだ。

ちなみに鶏油(ち-油というらしい)を食べたのだが、
個人的には良く分からないって言う印象をかんじた。

値段は弱冠高いような気がするが、
それはこの店が無化調だということで納得する。

ちなみに、他の油との違いを聞いてみたのだが?
プロの回答に、素人は何を言っているのかさっぱり分かりませんでした(笑)


麺といいス-プの仕上がりといい、細部に拘った「こう屋」のラ-メンは
、最近では味わったことの無い、丁寧で上品なラ-メンでした!!

すぐりさん美味かったよ~~


おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆☆☆


近くにあったら、毎日行きたい。

義経ラ-メン





義経ラ-メン(550円)

少し投稿は遅くなりましたが、
8/20に東北自動車道路 前沢SA下り線前沢レストランで食べました。

特に理由は無かったですが、錦糸卵や筍に青梗菜に白髪ネギに細切り人参と、
たくさんの具で550円はいい感じに安いということで、決定!

折しも、沢山の帰省客の中での注文はイライラしましたが、
思った以上の、美味しそうなラ-メンでした(見た目)。
実際に味は普通。麺は細ちじれ麺、これもまた普通。

しかしながらの沢山の具は550円にしては合格です。

義経ラ-メンの意味は、前沢というか平泉周辺が義経所縁のある場所ということでありましょう。
表面的ではないレストランの裏の意図が伝われば、義経ラ-メンはHITすることでしょう。


おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆・・

甘~い ラ-メン



場所は八甲田山を通り黒石市街地まで行く手前にある、
活采館という道の駅っぽいところ。ここはすぐりさんの紹介で、
「吟醸ラ-メン」って言って、味噌ラ-メンの味噌に日本酒を混ぜてあるそうです。




中に入って左手に折れるとこんな感じ

中には、恰幅の良いおじさんが二人位いまして、
注文はさも分かったように吟醸ラ-メン・・・』


↑吟醸ラーメン700円

味は、甘酒か粕漬けか?
そんな感じの味がする甘~いラ-メン・・・

今まで出会ったことが無い味噌ラ-メンだ。
この味が好きかどうかは好みが分かれるところ。

他にもたくさんのメニュ-がありました。
是非、様々なメニュ-もまた楽しんでみてはいかがでしょうか?


おすすめ度(5段階評価)
☆☆・・・

ラ-メン行脚 その3


とうとう自己満足最終章。ラ-メン行脚その3です。


無理して食べたわけでもなく、
ただ気まぐれに、そして青森ラ-メンの逸品を探しに旅にでたわけですが、
やはり僕もいい加減腹の具合が、この程度かってことで、〆のラ-メン店

ラ-メン空海

場所は国道7号線青森方面から弘前の方へ向かい、
途中緩いカ-ブのふくらみ加減の信号機の所にあります。
少し飛ばしていくと通り過ぎてしまうような、そんなところにあるので注意が必要。

目印は差し向かいにどでかいラブホがあるので、これを目印にどうぞ。

食事の前や、食事の後にでも寄っていただければ幸いです(笑)
ま~注文の後何台も入っていくのを見ましたが・・・

うらやましい限りです・・・お盆なのに(笑)



店の入り口に券売機があって、そこで注文の品を選択する。
使い方の分からない人を教える手間暇より、
注文をとったほうが早いんじゃないのと思うのは素人の浅はかさか?

ま~そんなことはどうでもいいんですが。

頼んだのは「濃い口醤油500円」です。



どうです?おいしそうでしょ?

写真写りもさることながら、ここのラ-メンも美味かった。
何が美味いかというと、自家製麺、煮干だし、ここまではどこにでもあるラ-メン・・・

それプラス濃い口に仕上げられた醤油の味に、こってりの脂である。
何の脂か知れないが?これが意外とこのモチモチ麺にあっているような気がする。
これが細麺だったら?極細であったならと興味は尽きないのですが?

少なくとも、地元志向であればやむ応えないが、
ここは全国的に十分通用する味だと思う。

この煮干の味とコッテリを掛け合わせた味は、
ここ青森だけでなく全国の皆さんにも食べていただきたいと、そう思った次第です。


また行きたくなっちゃいましたね!

冷たい中華そば


何でこんなの頼んだのか、自分でも良く分かりませんが・・・
場所はおいらせ町にある「ラ-メン鳳凰」




麺道蘭系の流れを汲むラ-メン店です。
様々なメニュ-もあるので見逃せん。


↑550円

やはり、冷たいラ-メンは駄目ですね。
個人的には・・・しかしたくさんのお客さんが頼んでいましたが?
でも麺はしこしこして美味しかったし、具もたくさんのっていたので、

まんざら捨てたモンでもないんですがね。


おすすめ度(5段階評価)
☆☆・・・

グルメ日記か~


最近、食った飯のことばかり書いているので、
飽きられているのではないかと思っているこんな私、

本日も皆さんの期待?に?応えてグルメの旅を少々・・・

度々、ご紹介している三沢市にある。

「サッポロ香蘭」




場所は岡三沢温泉の近く、
空港からみちのく有料道路方面に向い、
ハッピ-ドラック手前左手にあります。

でかい看板が目に入りますので大丈夫。

混雑した店内は、テキパキしたおばさんが、的確に誘導して注文をとってくれる。

このみせは破格の安さのほかに、
おにぎり
も希望により無料で頂ける。

ありがたいシステムがある。




また、おにぎり自体も、こぶりなので
食べるにはさほどそれほど苦にならない。

画像で見ると、とても大きく見えるから不思議。


今日は珍しくこの店人気メニュ-の

白味噌ラ-メンを注文。

※白味噌ラーメン(550円)

コッテリ甘口味噌に、中太麺の絡みは来る客の心を捉えて離さない。
たくさんの出入り客が、それを証明するそんなお店です。

三沢にお越しの際は、是非立ち寄っていただきたいナイスなお店です。

PS:駐車場は10台くらい停めれます。


サッカ-日本代表に、ふがいないと嘆いている私

ここにも中華そばがっ!


滞在2日目で2杯目のラーメン店。
たぶん今日はこの店で終了ということかな・・・残念だけど。

以前、冷やし中華そばが美味しいと聞いて探したことがあった。

「中華そば 志のぶ支店」

場所は愛宕大橋を駅よりから渡ると、
一番最初の八木山から来る交差点を左折する。

あとはそろそろと左側を見ていけば発見できる。
そうそう駐車場がないので、注意が必要かな。



中に入れば、昔懐かしいおばあちゃんのお家みたいなところ。
客層はどちらかといえば年配の方や、タクシーの運ちゃんが多かった。





メニューはというと中華そばが450円、大が550円だったかな?
いずれにしても麺の量に応じて、値段が100円づつ上がるのでわかりやすい。

各定食類も総じて650円程度の良心的なお店だ。


               ↑中華そば450円

自家製ストレート細麺だが、太さが少しづつ違うのがなんとなく嬉しい!
機械でやっていたらこういう風にはでないだろう。

味もシンプルでかん水すくな目ってな感じだ。
どちらかというと九州ラーメンぽい製麺法かもしれない。

スープは煮干?鰹?と、昆布で調子を整えているのか?
ま、素人にはちょっとわかりづらい!
メンマも五本くらいで、チャーシューも厚切り2枚ほど、
本当に昔ながらの中華そばだ。

青森だとこれにナルトと麩、海苔とホウレン草が載っていたりする。

しかし、あっさり系、脂分少な目のさわやかラーメンだ。

ふと、故郷やお袋が恋しくなったときに食べたくなるラーメン。
そして太り気味の方や血圧が高めの方に、お贈りする素敵なラーメンでした。


残念ですがもう帰ります。

オンラインカウンタ-

現在の閲覧者数:

プロフィ-ル

OHAMARO

Author:OHAMARO
主に津軽地方が中心の食べ歩き。

過去記事は閉店されたお店等もありますので、参考程度に見て下されば幸いです。またお店情報等食べ歩いた当時の情報となりますので間違い・変更等などございましたらご勘弁ください。

なお、BLOG等に関係のないコメント・TBなどは削除しますので注意してください。

検索フォーム

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスカウンタ-

カテゴリー

青森県 (1414)
 青森市 (338)
 八戸市 (218)
 弘前市 (81)
 十和田市 (99)
 三沢市 (97)
 黒石市 (13)
 五所川原市 (141)
 つがる市 (45)
 平川市 (10)
 むつ市 (13)
 七戸町 (20)
 五戸町 (5)
 平内町 (19)
 野辺地町 (42)
 六戸町 (23)
 東北町 (72)
 田子町 (2)
 おいらせ町 (96)
 鶴田町 (5)
 横浜町 (1)
 中泊町 (10)
 階上町 (7)
 鰺ヶ沢町 (15)
 南部町 (6)
 外ヶ浜町 (8)
 今別町 (1)
 大鰐町 (4)
 藤崎町 (7)
 深浦町 (4)
 板柳町 (3)
 六ヶ所村 (3)
 田舎館村 (2)
 新郷村 (1)
 蓬田村 (2)
 東通村 (1)
秋田県 (28)
 秋田市 (4)
 大館市 (8)
 能代市 (5)
 北秋田市 (2)
 横手市 (3)
 鹿角市 (6)
岩手県 (51)
 盛岡市 (13)
 久慈市 (4)
 宮古市 (2)
 二戸市 (9)
 八幡平市 (5)
 奥州市 (6)
 軽米市 (2)
 一関市  (1)
 大船渡市 (1)
 花巻市 (2)
 紫波町 (3)
 葛巻町 (1)
 平泉町 (1)
 田野畑村 (1)
宮城県 (133)
 仙台市青葉区 (17)
 仙台市太白区 (34)
 仙台市泉区 (18)
 仙台市宮城野区 (8)
 仙台市若林区 (13)
 石巻市 (1)
 岩沼市 (4)
 塩釜市 (1)
 白石市 (4)
 名取市 (8)
 大崎市 (8)
 角田市 (2)
 栗原市 (2)
 東松島市 (1)
 川崎町 (4)
 富谷町 (3)
 利府町 (3)
 蔵王町 (2)
山形県 (2)
 山形市 (2)
福島県 (1)
 磐梯町 (1)
東京都 (5)
 千代田区 (1)
 足立区 (1)
 中野区 (1)
 渋谷区 (1)
 西東京市 (1)
埼玉県 (15)
 狭山市 (2)
 所沢市 (2)
 越谷市 (1)
 さいたま市 (1)
 深谷市 (1)
 熊谷市 (7)
 松戸市 (1)
北海道 (16)
 札幌市 (5)
 千歳市 (10)
 岩見沢市 (1)
食事 (428)
 うどん (8)
 そば (71)
 すし (14)
 定食類 (49)
 ランチ系 (12)
 魚介系 (8)
 丼類 (41)
 カレ- (45)
 チャ-ハン・ピラフ (18)
 カップラーメン (98)
 袋・箱ラ-メン (9)
 ハンバ-グ (15)
 弁当 (1)
 イタリアン (1)
 スパゲティ (4)
 おこのみやき (1)
 焼肉系 (20)
 麻婆豆腐 (2)
 やきそば (4)
 カフェ (2)
 牛たん (5)
お酒 (64)
 アルコ-ル  (7)
 パブ・スナック (2)
 焼き鳥屋 (9)
 居酒屋 (29)
 中華料理 (1)
 おつまみ (12)
 イベント (4)
カメラ (40)
 イベント  (4)
マラソン (1)
日 記 (48)
 ちょっと一息 (17)
 ご連絡 (12)
 イベント (10)
 音楽 (2)
 大田区 (0)

ブログランキング参加中です♪

↓押して頂けると喜びます。 人気ブログランキングへ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンクタグ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の逆アクセスランキング

アクセスランキング

今どきニュ-ス

ブログランキング参加中です。

↓押して頂けると喜びます。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ 食べログ グルメブログランキング

最新トラックバック

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ラ-メン大好き掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: