撃沈のお知らせ


土曜日にあった宴会で、見事に撃沈され・・・

日曜日はあいにくの静養日

ウコンの力も虚しく・・・二度と飲むまいと決めたににも拘らず
昨晩もあえなく覚醒の世界に突入



久々にお世話になったこの店・・・西遊記



創作料理が素晴らしく、こんな片田舎にはちょっと不釣合いかな?
でも、垢抜けない所も魅力だったりして。

場所は乙供駅裏をとぼとぼと歩けば、発見できる。


そうそう、ここいら辺りでは飲み屋も少ないので、
連日連夜の大盛況。

今日は今日で大賑わいの中を利用させてもらいました。






→画像がピンボケの場合小さめに載せます(笑)
これは?ハタハタ鍋か?


飯を食べる前に、がぶ飲みしてしまったので画像も少なめ、写りも最悪です。で、刺身は定番か??





じゃ~ん

あれ、向こう側に連れの手が写ってるな~
ま、いっか御愛嬌で載せちゃいます。
年の頃は30後半の連れです(笑)ちなみに男です





この後に、焼き鳥やら焼き魚なんか来たのですが・・・
腹が一杯胸一杯、頭もぶっ飛びまして


・・・無情の日曜日

ウコンより何より、飲む量をセ-ブしなければいけませんです・・・ハイ


迎え酒はいたしません。
スポンサーサイト

お久し振りね~





先日久々に博多屋に行ってきました。

愛する博多屋

そして、どんなラ-メンを食してもあなただけは忘れることがない・・・



今回は、ブ-デ-になることを覚悟の上で

こってり

普通のやつは、最近イマイチだったけれどこのコッテリはいけている。
このコクと脂、麺と高菜との相性は抜群


・・・まるでヒデとロザンナだ


今度行く時もコッテリで食べよ~ッと!!




まってろよ~今行くからな~


※画像をクリックすると大きくなるやつもあります(笑)

おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆☆☆


コッテリは前の味でした!!

日曜日にはやっぱりラ-メン


今日は、風邪引きにもかかわらず、寒いなか子供会祭りに行ってきました。


まだ、喉の調子や熱も下がっていないのにウロウロするのは危険でしたけれども、
せっかくの休みを布団の中で過すのはマグロの僕としては耐えられない・・・

くくく~つらいのだ~

と、

何とかんとか昼過ぎまで頑張りまして
十和田までラ-メン食べにGO~GO~

と、そべ-ぴまで




過去記事その1「喫茶店のようなラ-メン店」  
↑クリック


過去記事その2「そべ~ぴIN十和田」     
 ↑クリック  

今日は、かねてから狙っていたみそら-めん「ズイミソ野菜ラ-メン650円」です。
豚骨の隋と鶏がらを掛け合わせたであろうラ-メン。
それでいて味噌や麺に至るまで自家製のよう・・・多分(笑)


---------

自分自身ラ-メンマニアは語っていないが、

おはまろはラ-メンに詳しい人だと思っているかもしれなので・・・はっきり言っとく!

実は!


あまりよく分からない(爆)


只、美味いか?不味いか?


自分に合うか合わないかだけだ・・・(泣)

たまに、いろいろな人のBLOGやHP、掲示板等を拝見するが、とてもじゃないが、あんなに分析するのは不可能なのです・・・

ま、

そんなことはどうでもいいので、画像でもUP


 ↑ズイミソ野菜ラ-メン650円

※ラーメン画像は画像をクリックすると巨大化します。いつもより大きめ(笑)


手前の白いのが髄らしく・・・蓮華で溶かしながら食べる。
今日はいつもと違い(失礼)麺、ス-プにいたっても
大変熱いラ-メンを食べることが出来た。
また野菜は少ないがこの味噌ラ-メンにぴったりのベストマッチ・ベジタブルだ。

味は申し訳ないが前に来たときよりもしょっぱかったが、
それはそれで、きょうは勘弁してあげよう。


おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆☆・


手が込んでいる割にリ-ズナブルです!!

山の母さんのお店




黒石市、八甲田山麓にあるこんなお店・・・

本当に母さん達がたくさんおりました。
カメラを向けると少女のような純真さも(笑)
撮影すると魂抜かれるので(笑)撮りません・・・

ということで野菜でも
は?見たくない?

じゃ2枚だけで勘弁しちゃいます




大根は一本100円で、南蛮は250円まさか一個じゃないだろうな(泣)


花金なのにやることがないぞ~

オ-ッ猛烈!


今週の日曜日にこんな店にいってみました。
十和田市にある「くるまやラ-メン」です。



説明するより視覚でアピ-ル(笑)
で、店構えはこんな感じ(笑)



さすがにFC店・・・手際のよさに社員教育が徹底しているな~
やはり店員の対応も味の評価につながるもんね。

といったところで、今日は食べたのは

台湾ラ-メン(682円税込み)

少し値段が高いがそれはそれで我慢するとしよう・・・
太麺縮麺はこのFC店の持ち味のよう・・・

あまり細い麺では勝負していないようだ。




分厚い油のそこに沈む太麺。唐辛子とニラ、ニンニクがたっぷりと入った大辛ラ-メン・・・
汗をいくらふき取っても滝のように流れしたたり落ちる。それでいて口が麻痺することなど一切ない。

結局最後までス-プを飲み干したおはまろです。
翌日の職場への影響も考えずにね(笑)


※ラ-メン画像をクリックすると少しだけ巨大化します(チョッとね)


おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆☆☆


たまには醤油以外でいきますよ~~

こんな田代平


先日、弘前に行った帰りに撮影した田代平です。
雲の隙間から差し込む光が少し幻想的だったので撮影してみました。


フランダ-スの犬でネロとパトラッシュが天に昇っていくような感じ(笑)

ちなみに天使は発見出来ずです。
ではどんぞ(笑)



※画像をクリックすると少しだけ大きくなります。少しだけね(笑)



なんか寂しさが募るな~~秋って・・・

黒石市・・・長崎屋


オ~ッ長崎屋と聞けば、デパートを思い出すおはまろです。

すぐりさんに聞いて来てみたお店です。

場所は旧大黒デパ-ト隣にある。

駐車場がないのが玉に瑕・・・市内ぐるぐる回っても駐車場がないので、
適当な所に停めると駐禁切られます。
向かいにあるパチンコ店でパチンコして昼食の札でも立てればよいかと思う(古ッ)

で、こんな感じの入り口



意外と品のある入り口(失礼)

しかし内部に入れば、昔懐かしい昭和のかおりがする。
間違いない・・・テ-ブルにしたってイスにしても、したのコンクリ-トをギコギコ引く(笑)

こりゃ~最高だ(笑)

注文したのは中華そば(450円)

待つこと数分だが、調理室をちらりと覗いてみれば、
竈のようなガス釜で麺等を茹でている。

それがなんとも奥ゆかしい・・・
まるで昭和初期にタイムスリップしたような気がする。

マジで!!

で、登場したる注文のの品



あっさりの中に深みのある煮干だし中華そば・・・
何より注目すべき点はス-プの味より、箸で持ち上げた自家製麺だ。
太く作るのはたやすい。でもこしのある麺を作るとなると太麺の方が食べていて分かりやすい。
細くて腰のある味わい深い長崎屋自家製麺に合格点です。


蓮華がないので満点は上げません(笑)


住所:黒石市市ノ町40-2
TEL :0172-52-3201
定休日:不定休


おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆☆・


麺の茹で上げかたは匠の技や!!

まいったな~


天気も良くて、気分上々なこんな一日皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

こんな天気の良い日はドライブとしゃれ込みたいのですが
肝心の車が車検ときていれば、おいそれとはお出掛けできないのです。

とはいえ午前中に納車したので、
午後から後輩とラ-メンツア-へGO~こっにGO~GOGOGO~マッハGOGO~

ってそんなのり、だって御久なんだもん・・・

愛する彼女に久し振りに会いに行くラ-メンツア-は名づけて

青森ラ-メン3軒はしごツア-

あえて説明するつもりはありませんですので、
この3軒見事に当てた方には僕の携帯のメルアド教えます!!

エッ?そんなのいらない??そうだよね?
只、書いてみたかっただけだから(笑)

では3枚同時にLET,GO~こっちにGO~(しつこい)







いや~おなかが一杯胸いっぱいです・・・
来週は八戸にでもラ-メンツア-に行きたいのですが?
誰かいっしょに行ってくださる方いませんでしょうか?

あっ?

いない?

わかりました。一人で行くことにします(泣)


今日もまた自由人おはまろは行く(笑)

そばかラ-メンか?


十和田の国道4号線沿いをひた走ると、バイパスと旧道を別れる分岐点がありあます。
そこを少し過ぎて三本木ラドン温泉向かい辺り左車線に、ケ-キ屋さんの様な洋館がある(笑)

なんてことはないラ-メンの幟が立っているので、吸い寄せられるように入店。
表面上はあくまでも喫茶店かケ-キ屋だ





が・・・← こんな感じ

入り口も、ちょっと入るには躊躇してしまうが、
中に入れば結構な広さ・・・
久々に入店するおしゃれなお店♪ただ、男一人で入店したのは、明らかに失敗(笑)



 

店屋の名は・・・茶房「ごはんや」


入り口周辺から名前の通り、弁当入ったご飯が並べてあり
総菜屋と見間違う雰囲気を感じさせる。
店内奥にはカウンタ-やテ-ブルが置いてあり、
迷わずスナックのカウンタ-のようなところに勝手に座り込む(笑)

注文したのは、当店自慢の(?)

「ごはんやら-めん」580円

今日はランチタイムだったので500円(ラッキ-)



ラ-メンの中には、のりやてんぷら山菜にゆで卵に納豆が投入されている。
間違いがなければ、ラ-メンを注文したつもりだが(笑)、

まるで、そばかうどんのようなラ-メン(笑)

あじもそこそこで、こんな食べ方もあったのねと一人感心しながら、
結構おなかも満足できた貴重なラ-メンでした。
また、店はたくさんのメニュ-を取り揃えているようなので、
どうかお寄りの際はこんなお店でも覗いてみるのもいいかもしれません。


おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆・・


お店の方は優しかったです♪

そべ~ぴIN十和田


怒涛のラ-メン記事満載・・・今日で連続3日目のラ-メン屋記事だよ。

本日は度々紹介しているラ-メン店

十和田市にある「そべ-ぴ」

名前の由来はよく分からないが、奇抜な名前は興味津々だ。
場所は十和田市官庁街どおりを2本めだか3本目を五戸方面に先行き、
その交差点を右折してすぐの所にある。

駐車場は広くない。5~6台は停めれるが
狭い道路と共同駐車場が故に客のモラルが問われる。


              
← こんな感じのところ

店内に入店すればジャズか?クラッシクの音楽が心地よい、
ラ-メン屋というか喫茶店のような趣だ。

気になるのは喫茶店のようだから漫画に食い入りながら
ラ-メンすすっている客が多いというところ・・・

ま、自由だからいいけれど・・・
行儀が悪いと感じるのは、俺がおじさんだからか(笑)

本日注文したのは、

塩ラ-メン(600円)、

他にもあっさり醤油(550円)やらコッテリ醤油(600円)なんかもあるし、
他には見られない斬新なメニュ-やらアイデアが憎らしい・・・

待つこと数分で、待ちかねた塩ラ-メン登場

                  ↑塩ラーメン(600円)


どうですか?美味しそうに撮れているでしょう?
年に何回かは満足できる画像が撮影できるというものというか?
この店は照明にも気を配っているので、

ラ-メンも美味しく見えるというものです。
やはり視覚から得るものも沢山あるし
丼の絵柄とかにも配慮している店は分かるものである。

またどことは言わないが丼にプラスチック製品を使っている店もある。
コストパフォ-マンスとはいえせこく感じてしまうのだ。

ラ-メン店は陶器を使って、ス-プの熱さを丼伝るという気配りをしてもらいたい。
もち蓮華だって同じこと(これぼくのこだわり)

勿論この店はクリアしております。

ま、余計なウンチクはこれくらいにして・・・

麺は加水率低目のかん水麺、どちらかというと細うどんのような麺、
ス-プは弱冠ぬるめの、猫舌の方でも安心して食せる熱さ・・・
僕はもっと熱い方がいい。なぜって?僕が熱い男だから(笑)

塩にしては実にコッテリと仕上げられたス-プは、
塩はあっさりという概念を超えたス-プは

ここでも店主の革新的なアイデアがあるようで、
チャ-シュ-にしても豚の角煮のようだし、
ネギについても万能ネギと長ネギのコラボレ-ションが、他の店には感じられない。

どこにでもあるようでないお店、そして斬新的なアイデアを盛り込み、
青森県に新風を巻き起こすであろう「そべ-ぴ」

若いイケメン店主と、お人形さんみたいな可愛い奥さんらしき人に乾杯です。
イヤイヤ頑張って欲しいと思うのです。

あ、お姑さんみたいな人も頑張ってました(ペコリ)


おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆☆・


斬新なアイデアは100点満点です!

オンラインカウンタ-

現在の閲覧者数:

プロフィ-ル

OHAMARO

Author:OHAMARO
主に津軽地方が中心の食べ歩き。

過去記事は閉店されたお店等もありますので、参考程度に見て下されば幸いです。またお店情報等食べ歩いた当時の情報となりますので間違い・変更等などございましたらご勘弁ください。

なお、BLOG等に関係のないコメント・TBなどは削除しますので注意してください。

検索フォーム

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスカウンタ-

カテゴリー

青森県 (1417)
 青森市 (340)
 八戸市 (218)
 弘前市 (82)
 十和田市 (99)
 三沢市 (97)
 黒石市 (13)
 五所川原市 (141)
 つがる市 (45)
 平川市 (10)
 むつ市 (13)
 七戸町 (20)
 五戸町 (5)
 平内町 (19)
 野辺地町 (42)
 六戸町 (23)
 東北町 (72)
 田子町 (2)
 おいらせ町 (96)
 鶴田町 (5)
 横浜町 (1)
 中泊町 (10)
 階上町 (7)
 鰺ヶ沢町 (15)
 南部町 (6)
 外ヶ浜町 (8)
 今別町 (1)
 大鰐町 (4)
 藤崎町 (7)
 深浦町 (4)
 板柳町 (3)
 六ヶ所村 (3)
 田舎館村 (2)
 新郷村 (1)
 蓬田村 (2)
 東通村 (1)
秋田県 (28)
 秋田市 (4)
 大館市 (8)
 能代市 (5)
 北秋田市 (2)
 横手市 (3)
 鹿角市 (6)
岩手県 (51)
 盛岡市 (13)
 久慈市 (4)
 宮古市 (2)
 二戸市 (9)
 八幡平市 (5)
 奥州市 (6)
 軽米市 (2)
 一関市  (1)
 大船渡市 (1)
 花巻市 (2)
 紫波町 (3)
 葛巻町 (1)
 平泉町 (1)
 田野畑村 (1)
宮城県 (136)
 仙台市青葉区 (17)
 仙台市太白区 (35)
 仙台市泉区 (18)
 仙台市宮城野区 (8)
 仙台市若林区 (13)
 石巻市 (1)
 岩沼市 (4)
 塩釜市 (1)
 白石市 (4)
 名取市 (9)
 大崎市 (8)
 角田市 (2)
 栗原市 (2)
 東松島市 (1)
 川崎町 (4)
 富谷町 (3)
 利府町 (3)
 蔵王町 (3)
山形県 (2)
 山形市 (2)
福島県 (1)
 磐梯町 (1)
東京都 (5)
 千代田区 (1)
 足立区 (1)
 中野区 (1)
 渋谷区 (1)
 西東京市 (1)
埼玉県 (15)
 狭山市 (2)
 所沢市 (2)
 越谷市 (1)
 さいたま市 (1)
 深谷市 (1)
 熊谷市 (7)
 松戸市 (1)
北海道 (16)
 札幌市 (5)
 千歳市 (10)
 岩見沢市 (1)
食事 (429)
 うどん (8)
 そば (71)
 すし (14)
 定食類 (49)
 ランチ系 (12)
 魚介系 (8)
 丼類 (42)
 カレ- (45)
 チャ-ハン・ピラフ (18)
 カップラーメン (98)
 袋・箱ラ-メン (9)
 ハンバ-グ (15)
 弁当 (1)
 イタリアン (1)
 スパゲティ (4)
 おこのみやき (1)
 焼肉系 (20)
 麻婆豆腐 (2)
 やきそば (4)
 カフェ (2)
 牛たん (5)
お酒 (65)
 アルコ-ル  (7)
 パブ・スナック (2)
 焼き鳥屋 (9)
 居酒屋 (29)
 中華料理 (2)
 おつまみ (12)
 イベント (4)
カメラ (40)
 イベント  (4)
マラソン (1)
日 記 (48)
 ちょっと一息 (17)
 ご連絡 (12)
 イベント (10)
 音楽 (2)
 大田区 (0)

ブログランキング参加中です♪

↓押して頂けると喜びます。 人気ブログランキングへ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンクタグ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の逆アクセスランキング

アクセスランキング

今どきニュ-ス

ブログランキング参加中です。

↓押して頂けると喜びます。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ 食べログ グルメブログランキング

最新トラックバック

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ラ-メン大好き掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: