伝統の味



市内をあちこちと移動しながら

創業明治35年・・・

「入〆」

場所:青森市青柳1-12-22
営業時間:11:00~19:00 




ちょっとしたところにある老舗のそば屋は
気がつくと通り過ぎてしまうような、
そんな場所にある。

そば屋ということで中に入ると
やはり中はそば屋の雰囲気満載(笑)

それでも頑なにラ-メンを注文する
ラ-メン480円


正直言って、どこにでもあるようなラ-メン。
深いマニアックな方には理解できると思うが
そうでない味覚音痴の僕が評価するには
どこにでもある味かも・・・

しかしながら評価に値するのは麺!!
麺に対する扱い方がそこいら辺でやっているのとは
ちょっと違う。

それは茹で上げであっても
麺のコシや歯ごたえにしても
ス-プの中で泳ぐ麺を見ているだけで違いを感じる。

またス-プにはちょっとしたしょうゆ味の中に
塩の甘さが良く光る。

最後に気になったのがこのゆで卵・・・
この何工夫のない自然なゆで卵が
裏のない自然の生き様を感じる。
古っちいと言われればそうなのかもしれませんけれどね(笑)

この店のこういった点が
少しばかりかんじるだけで
良店であるということを実感しました。


おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆・・


味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


昔ながらの蕎麦屋の趣も堪能できます!
スポンサーサイト

おお~この味は・・・


青森市にある

「原食堂」

に行ってまいりました。

場所:青森市松原1-14-6
TEL:017-735-2327

近辺には駐車場はないけれど
駐禁の標識がないから
ま、いっか?
ってところ(笑)



店内は思ったほど広くないが
昔ながらの食堂って感じが
なつかしさを感じる。

もち食堂なので様々なメニュ―があるが
注文しましたのはやっぱりラ-メン(笑)

「中華そば」¥500-



見た目もシンプルで雰囲気もシンプル
まさに昔ながらの中華そばや・・・

チャ-シュ-にいたってはちょっとしょっぱめで
シナチクはそうでもなかったかな~

味は不思議な味で
ここいら辺りでは食べたことのない
小さいながらの個性ある味だと感じた。

また麺はストレ-ト自家製麺で
正直、この麺に味付けをしていると思われるぐらい
麺に特徴を感じてしまいました。

で、麺(笑)



正直、また煮干だよなっておもいながら・・・
意外や意外でした。

麺といいス-プといい
「原食堂」ならではの個性的な味で
青森市ならどこでも似たり寄ったり
というようなところがない
俺流を感じてしまいました。

店主もとても丁寧で腰の低い方でして
もう少しお話でも聞ければよかったのですが
忙しそうでしたので
いつか機会を見つけて
他のメニュ―でもいただきながら
お話でもしたいと思っています。

「原食堂」の中華そば

お薦めのラ-メンです。あ、そばか(笑)


おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆☆☆


味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


思った以上の個性派です!!

自己満ニュ-ス


趣味の一つのカメラである
レンズフ-ドを購入しました~~
自己満だけどね(笑)

レンズフ-ドとはレンズに入り込む
直射日光を軽減して、
レンズに入り込む
光の屈折を防止して
画像にフレアやゴ-ストが写りこむのを防止させる
効果がある・・・らしい(笑)

あまり効果は気にしたことが・・・ないけど(笑)



ネットショッピングで780円くらいかな
効果は期待できなくてもっても・・・

実は間違って購入しちゃって
これは僕の所持レンズとは違うレンズフ-ド(笑)
えへへ



所持レンズはNIKON 35㎜ 2.0D
でもかっこいいので装着しながらニヤニヤしてる。
遮光効果ないのにね(笑)

もう一個NIKON 50㎜ 1.4D
にも購入・・・使うかどうかは別として




一応はめてみてBAGに入れていたら変形しちゃって・・・
ラバ-は駄目やね(泣)

でも装着してはニヤニヤしちゃって(笑)



よく考えたらフィルタ―サイズが同じなのね~~(笑)
だから同じように装着可能
つけたり外したりいじったりこすったり(笑)

ツボや掛け軸を眺める親父の気持ちが良く分かりました(爆)

ちなみにフ-ドを取り付けるまえは
レンズキャップは装着不能でございます(笑)


実はもう一機、購入します。ロ-ン終了したので(フフフ)

焼干し中華そば


三沢市にある「大龍」にいってきました。

ここはどっかのチェ-ン店らしい。

「大龍」という名前ならここら近辺では
結構目にするというものだ。

場所は三沢市岡三沢温泉隣にあり
駐車場もかなり広め




店内部は最近流行りのラ-メン店らしく
縦横斜めに掛ける事が出来て
それでいてお座敷なんかあっちゃったりする。

あ、畳ね。

注文したのはいつものやつ

そうそう(笑)

「焼干しラ-メン」500円

注文すること5分ほどで登場。
お客がいない割には意外とのんびりかも(汗)
あ、そうそう僕の時は誰もいませんでした。
ま、そんなことどうでも良くて

画像~~




シンプルな作りに味もシンプル
焼干し特有の甘さが感じる。
チャ-シュ-もとても柔らかく
食べやすい。

麺は熊さんラ-メンの麺を使っているが
県内でも店によって味といい、食感が違うのは
なにか訳でもあるのだろうかと・・・

で、麺はこんな感じ



当店は麺が熱く
コシが強くてとても食感が滑らか!
それでいて麺の茹で揚げはしっかりしていて
美味しく食することが出来ました。


おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆・・


味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


チェ-ン店はうまいの当然だべ(笑)

かせぐ男の店・・・心龍


いつか行くぞ行くぞと思って中々いけなかったお店。

かせぐ男の店・・・「心龍

場所はR4号線沿いパチンコ何とか先数100m十和田市街地よりにあります。

住所:十和田市大字洞内字井戸頭144-346
TEL:電話0176-27-3383

Googleでは、へんなところしかHITしなかったのであえてMAPは貼り付けませんでした。(ご勘弁)

野辺地方面から来て十和田バイパス手前までで発見して欲しい!

なぜならUタ-ンがきついから(笑)

といったところで、こんなとこ!



屋根にでっかくラ-メンって書いてあるから良く分かる。
駐車場も、おおよそ15台くらいは停めれるであろうか??

かせぐ男のラ-メン屋と書いてある、のれんを分けて店内に入場してみれば
どこがかせぐ男なのか良く分からない・・・

数ある品数の中で注文いたしましたのは

野菜どっさりラ-メン(味噌味)」680円

味は白と赤がありましたが
迷わず白といったところ!!

で、こんな感じ!




どうです?

凄いでしょう?

最初は普通かなって思ったのですが・・・
予想以上に量が入っておりまして
おなかがはちきれそうです(泣)

味のほうは、ごく普通の豚骨だと思いますが
野菜の量が半端じゃないことを考えれば
とても美味しく楽しく堪能できたと思います(笑)

あ、麺の具合でも(笑)
あまりにも野菜が多いので
したから引っ張り出してやりました(笑)



麺は熱く茹で切りもOK、また食べても延び延びにならないところが高評価。


かせぐ男のラ-メン店・・・やっとわかりました~名前の由来どおりのお腹が満腹になるラ-メン店、沢山かせいで腹をすかせてきて頂戴ってところね。

おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆☆・


味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


今度はスタミナラ-メンを食べてみたい(780円)

ラ-メン食堂「空ku」


ラ-メン食堂「空ku」・・・三沢店

に行ってまいりました。

なんと「くるまやラ-メン」の姉妹店とか??

場所:青森県三沢市南町1-31-2209
電話番号:0176-57-0095
営業時間:11:30~23:30

以前はコンビニだった跡だったような・・・
で、隣にはサンデ-があっちゃったりする。

駐車場は広いが八戸方向にはカ-ブの膨らみがあり、
すぐ先には信号があって
意外と危険。

だからといって反対方向から入るのも交通量が多くって
入りづらい。

要は気をつけて入って頂戴ってところ(笑)




店内は意外とこざっぱりしていて
和風タッチ。
テ-ブルとカウンタ―が
綺麗に配置されたレイアウトになっている。

ただ、入り口付近は広いので
冬は暖気が逃げてお客は寒い思いをするかもしれない。

そんなことをつらつら思いながら注文したのは

特製味噌575円

なにやら通常のメニュ―にはないシロモンらしい。
聞いたわけでもなく、こんな内容で
手元のメニュ―表に書いてあった気がした。

多分・・・(笑)

注文すること5分ほどで到着

こんな感じ



まず、見てくれはとっても寂しい・・・
もやしの上にあさつきが少々・・・
それ以外はトッピングしてくれというところか(泣)
当然チャ-シュ-も無ければ
シナチクも玉子も海苔すらもない・・・(大泣)

何かの間違いだろうと思いながら
食べ始める。

味は少しばかりかかなりのしょっぱめ
特製だからしょうがないよね(泣)

もやしは適度に炒められており
この点は合格だ。

麺はこ太い
そしてコシがあって、かなり歯ごたえがある。
モチモチってしたところがたまらなく新鮮。



画像はもやしの中から引きずり出した麺(笑)
茹で加減も良かったし、熱かったからね。
ま、麺は合格かな。

それにしてもあまりにも寂しいよな~~
これじゃ八戸で食べた素ラ-メンみたい(笑)

味は悪くなかったけれども
ト-タル的には不合格

前行った時も茹で切りがイマイチだったしね。
今回は特別大目にみて

おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆・・


味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


たまたま忘れちゃったのかもしれないね。

宝介



ニラ南蛮ラ-メンで有名な

宝介・・・十和田店に行ってまいりました。

宝介っていろいろなところによくあるけれどチェ-ン店なのか?よく分からなかったのですが、ネットで調べてもやっぱり良くわかりませんでした(笑)


場所:青森県十和田市元町東1-5-5
TEL:0176-24-1662
営業時間:AM1100~PM1200




場所は交差点の角で
思った以上に出入りが困難
駐車場の出入りはくれぐれも注意が必要だ。

中に入ると、
年配のおじさんとおばさん、
また綺麗なお姉さんが
役割分担するでもなく
各々のタイミングで仕事をしている。

おじさんは手が空けば
ラ-メンだけに拘らず
テ-ブル上の食器類も
俺様的ではなく何なりと片付けていた。
おばさんもお姉さんもおじさんがフロアに出てくると
中に入り込みレジ打ちやら、奥のほうでゴソゴソと
働いている。

まるで流れるように・・・


ま、

余談だけれども(笑)


注文したのは豚骨味噌コッテリ(650円)

多分(笑)

多分ね~~って数日前のことでもメモってないと
忘れちゃうわけよ・・・おじさんだから(ギャハハ)


ってことで、間違っていたら勘弁を・・・


んで登場



たくさんのもやしの上に長ネギがたくさん載る。
惜しげもなく・・・
シナチクはコッテリとしたス-プの中に
沈んでいるようだ・・・(笑)

チャ-シュ-もそう多くはないが
申し訳程度に画像の裏側にいちゃったりしている(笑)

ニラ南蛮はサ-ビスなので常軌を逸しない程度なら
投入できる。

麺はコシも強く
仕上がりも熱く茹で上げられ
とても美味しかった。




画像はもやしが一杯で
麺を引っ張りあげるのが難儀で
決して固まっているのではありません(笑)

いずれにしてもこの十和田界隈のラ-メン店は
侮れない・・・

これからもここら辺りのラ-メン店を
攻めまくってみたい気がする今日この頃でした(笑)


おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆☆☆


味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


煮干も忘れちゃいないぞ~~(笑)

すみれ



札幌探訪の旅の途中
ここ蝦夷の地でも有名な

「すみれ 札幌本店」

に行ってまいりました。

〒062-0922
北海道札幌市豊平区中の島2条4丁目7-28
TEL/011-824-5655 FAX/011-823-9905
営業時間:11:00~21:00

すみれのHP→https://www.sumireya.com/

生まれてはじめていった有名店は
地下鉄南北線を中の島駅で降り
徒歩で歩いて10分程度のところにある。

一見すると道路の隙間にあるので
見逃してしまいので注意が必要かも・・・



こんな感じのところ!




駐車場は20台近くは停めれるであろうか??
思ったよりか駐車場はでかい。

雪で雰囲気は望めないかもしれないが
和風居酒屋風のおしゃれな作り

入口も多数の客が立って待てるような
軒下のようになっており
人気店ならではの配慮が垣間見れる。

店内に入ると綺麗で若い女性が
手際よろしく誘導してくれる。
これがイケメンの男なら、
それはそれでよろしい
だってそんな従業員が似合うお店だから・・・(笑)

ぽっちゃりでズボンがキチキチ
おまけに手の骨が見えなくてエクボになっている従業員なら、
ここのス-プはコッテリなのね~

なんて

食べる前から分かっちゃう(笑)

おっと暴走(爆)


注文したのは

すみれ 昔風ラ-メン 850円」




ス-プに沈むシナチクにチャ-シュ-
そして半熟煮卵が・・・さらに麩が乗って
のりやらナルトが沈んじゃっている~~
見栄えが悪いじゃないのさ(泣)



しょうがないけど(笑)

ス-プは女系ではなく魚系の味が
たまらなくおじさんには高評価
薄濁りの魚系ス-プの中に
少しすっぱめの油と麺の絡みが
いとをかし(笑)




ただ

おっさんには少しここの麺は硬い・・・(泣)
総入れ歯のおじさんやおこちゃまにも厳しいかもね。

日頃、
青森で柔らか麺を食べているせいかもしれないが
ここら辺りでは当たり前の硬さならば勘弁願いたい。

では注目の麺でござる。ザルではござらん(笑)



どうです?硬そうでしょう?
え?そうでもないだろうって?

そうかな~



いいけど(笑)

値段も高級!味も高級!生活感が低級の僕からすると
あまり良く分からなかったというのが実感。

ただ、
こだわりがおおよそ凝縮してあるのであろうというのだけは
感じることが出来た。
それはチャ-シュ-だったり半熟煮卵であったりと
ここに書き記すのには少しばかりスペ-スが必要。

余談だが店内部の清掃は大変行き届いており
清掃の行き届いている店は
自ずからラ-メンのこだわりや客に対する配慮が
感じることが出来るように思う。

最後に連れの

すみれ醤油 800円」

の画像でもどうぞ!




おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆・・


味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


姉妹店にも行ってみたい!!

黒マ-油豚骨「匠」


昼時のカップラ-メンには
高級カップラ-メンがお似合いだ。
と、思っているのは僕だけだったりするかも(笑)
少々奮発すればヘタなラ-メン店より
美味しいラ-メンを食べられちゃったりする。

今日は「まるちゃん」

黒マ-油豚骨「匠」
を食べてみました。

値段は250円ぐらいだったかも。



カロリ―:476Kcal
ナトリウム:3.4g

カロリ―は思った以上に多くない・・・本当か??

で、画像




う~ん

思った以上に美味しそうに撮れている(笑)
丁寧に撮れば丁寧に撮れるもんだみん(笑)

食してみては
レトルトのシナチクも合格
チャ-シュ-なんか極厚だ!

麺は少ししょぼいけれど
ス-プと黒マ-油とやらに絡んで美味しい。



少々奮発しても高めのカップを食べることをお薦めします。
最近のカップラ-メンは侮れないっす!!


おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆☆☆


味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


今日は二日酔い、頭が割れそうだ。。。

喜多方ラ-メン


国道45号線

下ジャスから十和田バイパスに抜けるまでの途中
大きく下ジャスよりにある。

こんなお店


「喜多方ラ-メン
MAPはこちら↑

上北郡おいらせ町下田字中平下長根山1-732

町村合併でおいらせ町ではGOOgleはHITしない。

左右の車の往来を回避しながら
駐車場とも空き地ともつかない
ところに車を停めたのだが
思った以上の大きな駐車場だった。

中に入ると女性の従業員数名が
小さな厨房でせわしなく働いている。
もちろん、たくさんのお客の注文をとるさまは
手際がよろしい!

馬肉ラ-メンやらなにやら
目移りするものも考えたが
新規開拓店では冒険は出来ない(笑)

と、いったところで

ラ-メン(500円)




喜多方ラ-メンとはよく言ったもので
麺のコシやス-プは
喜多方ラ-メンの味のような気がする。

気がするといったのには
以前食べた味を忘れてしまっちゃっているから。

ということで麺の画像でもどうぞ




喜多方の血を引く中太縮れ麺・・・

コシが強く噛み応えのある麺は
とてもス-プと絡んで美味しかったです。


おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆☆・


味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


予想よりかなり美味しくいただきました。

オンラインカウンタ-

現在の閲覧者数:

プロフィ-ル

OHAMARO

Author:OHAMARO
主に津軽地方が中心の食べ歩き。

過去記事は閉店されたお店等もありますので、参考程度に見て下されば幸いです。またお店情報等食べ歩いた当時の情報となりますので間違い・変更等などございましたらご勘弁ください。

なお、BLOG等に関係のないコメント・TBなどは削除しますので注意してください。

検索フォーム

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アクセスカウンタ-

カテゴリー

青森県 (1417)
 青森市 (340)
 八戸市 (218)
 弘前市 (82)
 十和田市 (99)
 三沢市 (97)
 黒石市 (13)
 五所川原市 (141)
 つがる市 (45)
 平川市 (10)
 むつ市 (13)
 七戸町 (20)
 五戸町 (5)
 平内町 (19)
 野辺地町 (42)
 六戸町 (23)
 東北町 (72)
 田子町 (2)
 おいらせ町 (96)
 鶴田町 (5)
 横浜町 (1)
 中泊町 (10)
 階上町 (7)
 鰺ヶ沢町 (15)
 南部町 (6)
 外ヶ浜町 (8)
 今別町 (1)
 大鰐町 (4)
 藤崎町 (7)
 深浦町 (4)
 板柳町 (3)
 六ヶ所村 (3)
 田舎館村 (2)
 新郷村 (1)
 蓬田村 (2)
 東通村 (1)
秋田県 (28)
 秋田市 (4)
 大館市 (8)
 能代市 (5)
 北秋田市 (2)
 横手市 (3)
 鹿角市 (6)
岩手県 (51)
 盛岡市 (13)
 久慈市 (4)
 宮古市 (2)
 二戸市 (9)
 八幡平市 (5)
 奥州市 (6)
 軽米市 (2)
 一関市  (1)
 大船渡市 (1)
 花巻市 (2)
 紫波町 (3)
 葛巻町 (1)
 平泉町 (1)
 田野畑村 (1)
宮城県 (136)
 仙台市青葉区 (17)
 仙台市太白区 (35)
 仙台市泉区 (18)
 仙台市宮城野区 (8)
 仙台市若林区 (13)
 石巻市 (1)
 岩沼市 (4)
 塩釜市 (1)
 白石市 (4)
 名取市 (9)
 大崎市 (8)
 角田市 (2)
 栗原市 (2)
 東松島市 (1)
 川崎町 (4)
 富谷町 (3)
 利府町 (3)
 蔵王町 (3)
山形県 (2)
 山形市 (2)
福島県 (1)
 磐梯町 (1)
東京都 (5)
 千代田区 (1)
 足立区 (1)
 中野区 (1)
 渋谷区 (1)
 西東京市 (1)
埼玉県 (15)
 狭山市 (2)
 所沢市 (2)
 越谷市 (1)
 さいたま市 (1)
 深谷市 (1)
 熊谷市 (7)
 松戸市 (1)
北海道 (16)
 札幌市 (5)
 千歳市 (10)
 岩見沢市 (1)
食事 (429)
 うどん (8)
 そば (71)
 すし (14)
 定食類 (49)
 ランチ系 (12)
 魚介系 (8)
 丼類 (42)
 カレ- (45)
 チャ-ハン・ピラフ (18)
 カップラーメン (98)
 袋・箱ラ-メン (9)
 ハンバ-グ (15)
 弁当 (1)
 イタリアン (1)
 スパゲティ (4)
 おこのみやき (1)
 焼肉系 (20)
 麻婆豆腐 (2)
 やきそば (4)
 カフェ (2)
 牛たん (5)
お酒 (65)
 アルコ-ル  (7)
 パブ・スナック (2)
 焼き鳥屋 (9)
 居酒屋 (29)
 中華料理 (2)
 おつまみ (12)
 イベント (4)
カメラ (40)
 イベント  (4)
マラソン (1)
日 記 (48)
 ちょっと一息 (17)
 ご連絡 (12)
 イベント (10)
 音楽 (2)
 大田区 (0)

ブログランキング参加中です♪

↓押して頂けると喜びます。 人気ブログランキングへ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンクタグ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の逆アクセスランキング

アクセスランキング

今どきニュ-ス

ブログランキング参加中です。

↓押して頂けると喜びます。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ 食べログ グルメブログランキング

最新トラックバック

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ラ-メン大好き掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: