辻井餅店


餅屋なのに何ゆえにラ-メンなのか??
えっ?だんごやか・・・

今日は青森市合浦公園入り口にある

「辻井餅店」

に行ってまいりました。

青森市に行く度に
ここに顔を出すのですが
いつも嫌われ続け
本日晴れて入店することが出来ました。

折りしも合浦公園では桜祭りかなんかがやっており
ま~ま~交通渋滞でして・・・
当然、餅屋も混雑(;^^)




餅屋で団子食わずにラ-メンすするのは
自分だけかと思いきや
たくさんの年配のおじ様やおば様が団子と一緒に
ラ-メンをすすっている。

安心安心(笑)

店内部は思ったよりシンプルで広い
また昔キレイだったおばさん数人がせわしなく働いている(笑)
そんなきれいなおばさんに注文したのは

中華そば(480円)

って、これと大盛り(580円)しかないようだ(+_+)

んで、待つこと数分で登場



シナチク多めに薄めのチャ-シュ-が3枚ほど浮かんでいる。
この薄めのチャ-シュ-がとても食べやすく一口でお気に入り。

麺は超極細縮れ麺。

あまりにも細いと麺の湯で切りが難しいと思うのだが
そんなことを微塵にもカンジさせないだけのものがある。

で、麺!



なんといってもこの麺には感動。
伸びているわけでもないし、
かといって固いわけでもない。
そして何よりも熱く茹で上げられている。

だから煮干ダシのス-プに
この劇旨麺の相性が素晴らしい・・・

折角のス-プが麺で台無しになっていたり
いい麺がス-プで生かされなかったりと
この二つの相性だけがラ-メンでは二分すると思われるのだが?

この辻井餅店の「中華そば」を知ることによって
青森市にあるラ-メン店の奥深さを感じることが出来、
再び入店する固い意志を持ったのは言うまでもありませんでした。


おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆☆☆


味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


団子をお土産に買ってったら、全部食べられてしまいました~~
スポンサーサイト

八戸博多屋


最近ではあまり行くこともなかった
八戸市にある博多屋に行ってきました。

この豚骨ス-プの人気店はいまや知らない人もいないだろうけれど
一口食べただけや一回くらい行っただけではこの店を語るわけには行かない。

なぜならば

それだけ奥が深い・・・もちろん他店でも言えないこともないが
個人的にはいまだに良く分からない。

それはそのまま食べるよりも辛し高菜を投入した後や
さまざまなトッピングを入れた後、
はたまた麺の固さや脂の量を変化させることにより
ラ-メンの味が劇的に変化をするというものである。

コレによってここのラ-メンの千変万化を楽しむことが出来る。




所詮ラ-メンは十人十色
感じる味覚はさまざまで旨い不味いは
自分で決めること・・・

以前この店はさまざまなサイトなどで
叩かれ続けたが
必死に食らいついていった。

そんな逆境にもめげずに成長してきた店。





少々無骨でマニアックな印象を与えかねないが
それでもまだこんなやんちゃなお店を応援したいものです。


おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆☆☆


味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


従業員募集してました。バイトしよっかな・・・年齢制限か(爆)

あごだしら-めん


最近天候不順で身体の調子を崩してはいないでしょうか?
そんなときは家にいるより外に出て歩くほうが健康に
いいって知ってる?

って余計なお世話?

ま~ね~(笑)

今日は八戸まで野暮用・・・
ちょっと色々なものを買おうと思ってね。

ま、当然お昼は決まったようにラ-メン
他のも食べてもいいんだけれどね。

さっと出て、
さっと帰れるのもラ-メン店の魅力的なところ!




本日お邪魔したのは

天下御麺「風林花山」
いいね~~なにがいいって名前がいい。
コレ考えた人はなかなかのおしゃれだと思いました。

ま、どうでもいいけど(笑)

場所はR45から八食センタ-方面に右折すると右手に現れる。
失礼なことに中央分離帯があって隣には行きづらい・・・
分離帯の切れ目から入ることも出来るけれど、
交通量が多いので
出来れば市内から来たほうが無難かもしれない。
食べる前に事故っちゃたまったもんじゃないしね。

でっかな駐車場に車を停めて店内に入店

店内も意外と広くてたくさんの女性従業員が稼いでいる。
店内部はどちらかというと看板のイメ-ジそのままで
黒っぽい(笑)オレンジも少々。

注文したのは「あごだしラ-メン 525円」




あごとはトビウオの高級食材・・・とても旨みの出る九州地方では良く使われるものらしい。

で、これを・・・

あっさりではなくコッテリとした食感
さっぱりを期待していただけに少し残念
味自体はとても出汁が効いていて美味しかった。

あごだし・・・普段ではあまりなじみのないラ-メンも
たまに食するにはとても新鮮でいいのではと思いました。


おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆・・


味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


SETメニュ-がおすすめですね。

ざるラ-メン


皆様ご無沙汰でございます。
ここしばらくは自宅に帰れない日が続いておりまして・・・
やっとPCの前に座った次第でございます(泣)

えっ?

そんなこたぁどうでもいいからラ-メンネタでもはやくしろってか?

はいはいわかりましたよ・・・

今日は以前貯めておいたネタから少々

八戸市にあるチェ-ン店「幸楽苑」

場所:〒031-0071 青森県八戸市沼館四丁目7番102号
TEL :0178-71-2323

八戸市にある2店舗の一つでイト-ヨ-カド-の隣といえば
分かりやすいかもしんない。



ま、知っている人は知っているかもしんないが
ここの駐車場は
ちょ~ちょっちょっちょっちょ~入りづらい(泣)
おまけに多数の店舗が入っているせいで
駐車場は混みこみ・・・

できればヨ-カド-に停めて行きたいものである(;^^A
元気のいい挨拶に促されるように店内部に入店してみれば
昼時を外しているにも拘らずの混みこみ店内・・・
チェ-ン店でもこんなに人が入っていれば
社長もにんまりというものさ(笑)

今日注文をしたのは
OHAMARO的には珍しい
ざるラ-メン 390円(税抜き)」




ちょっとしたピリ辛で酸っぱいのが
暑い夏には相応しいのだけれども
春なのに寒いこの季節には不釣合い(泣)

コシのある麺は以前の「会津っぽ」時代からの伝統の様
若干細面にはなったがそれでも昔ながらの製法だ。

チュルュチュルってすすってみれば
こんな幸楽苑的に人気メニュ-っていうのもうなづける。

さらにギョ-ザを奨めてくれるのも美味しいが故だろうが
本日は食さなかった。(笑)

ギラギラと暑くなった時に
改めて「ざるラ-メン」を食して
チュルチュルするのもいいだろうって思いました。

おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆・・


味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


寒いときのざるは考えもの(;^^A

麺屋 やだら


今、八戸市で新進気鋭のラ-メン店に行ってまいりました。

「麺屋 やだら」

場所はラピア隣パチンコ店むかいにある。

名前の通り、とってもとかすごくという意味・・・
由来についてはよく分からないが?
そんな感じのラ-メン屋(笑)

で、ここ↓



店内はちょっとした飲み屋って感じで
とても狭い・・・
ただ、新装を目指しており
店内部を見るだけでその意気込みは伝わる。

メニュウも変わっておりトッピングも面白い名前が付けられている。
また夫婦で営業しているようであり、
仲良くラ-メンを作る二人を見るだけで
のほほんとした気分させられる。

今回頼んだのは黒・・・中(650円)
大だろうが、中だろうが全てにおいて同じ値段。
こういった斬新なアイデアは他店では見当たらない。

で、登場!!


麺は中太麺でしっかり茹で上げられ美味い。
ス-プは見ての通りとんこつで・・・分からないちゅうの(笑)

黒マ-油がス-プの上を重油のように埋め尽くす。
さらに特筆するのが重油の上に背油たっぷりです(笑)

モヤシは茹で上げだからそれほどでもないが
これが炒めモヤシならもっと最高!!

これからどれくらい発展するのか興味が尽きないのである。


おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆☆・


味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


営業時間を忘れてしまいました~m(_ _)m

ラ-メンハウス 万八


皆様

春とは思えないこんな土曜日
こんな日は身体を芯から温めるために
ラ-メンなんぞすすってみてはいかがでしょうか?

かくいうOHAMAROはいつでもすすっておりますが(笑)

本日はむつ市にある

「ラ-メンハウス 万八」

に行ってまいりました。



場所はむつ市へ向かう海沿いの県道をひた走り
JR下北駅差し向かい上り斜線側にある。

周辺はコンビにやら交差点が密集しており
駐車の際や駐車場に入る時の車の事故にはくれぐれも注意。

店内は意外と薄暗いが
おしゃれなテ-ブル数個と素敵な小上がりが3~4部屋

手際のよいおばちゃんに注文したのは
ダ-ルラ-メン 670円」


野菜たっぷり、
あんかけ辛しょうゆ味・・・美味い
ダ-ルラ-メンと言う意味は分かりませんが
ひょっとしたらこういった意味かも


麺がなかなかあがらない

まるで重油のようなス-プから引き上げられる熱々の麺
このス-プがダ-ルなのかもしれない?

いずれにしてもあんかけで熱々ラ-メンは
冷え切った身体にぴったりの一品です。

おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆☆・


味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


何やらチェ-ン店らしい・・・

鶏だし塩ラ-メン


塩ラ-メンって
意外と美味しいものに出会うことが
難しくありませんか?

そこでお送りする
塩ラ-メン好きな方へ


おいらせ町にあるこんなお店

「麺太郎」

上北郡おいらせ町下田字中平下長根山1-1137

場所はR45を下ジャスから十和田方面へ3kmくらい行った
右手にございます。

交通量が多くて右折する際には
前方や後方への配慮が必要です。




車を大きな駐車場に止めて店内に入り
入り口付近の券買機で
食べたいラ-メンの券を購入し
店内部のおばちゃんに手渡す。

券売機は意外と迷うので
狙いを定めていったほうが
後ろのお客に迷惑がかからないかも知れない




写真の写し方が悪くて恐縮ですが・・・

鶏だし塩ラ-メン 500円」

以前食べた雰囲気と趣を変え
ホウレン草と長ネギがちょっと違う・・・
チャ-シュ-も分厚くなっちゃったりして

この店は他にもいくつも美味しいラ-メンや
品数を揃えており
いつも注文に迷う迷店です(汗)

塩ラ-メン、安くて間違いのない店を選ぶのであれば
この「麺太郎」を覗いてみてはいかがでしょか?

おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆☆・


味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


煮干の塩もいけています

久々の名店へ


久しぶりに青森市内にある

「マタベエ」

に行ってまいりました。

県内市内と、
いわずと知れた名店は
昼時を外してまでも
混みこみ店内・・・




逆光で撮ったのは不覚のいたす所・・・(;^^A汗汗

今日はいつもと同じ
特大(600円)
この店の良いところは
ほかのメニュ-がなくて
一本気のある男のこだわりがあるところ

なんといっても

特大600円、大550円、中500円
メニュ-はこれしかない(笑)

麺に至っては自家製の細めんと普通麺は自由に選択できる。
あと、ライスやらおにぎりもあるがそれはそれ(笑)



煮干ダシが鼻をくすぐる・・・

固いチャ-シュ-が
昔、お袋が作ってくれた肉そばを思い出す・・・

麺は以前ほど感じなくなったがうどんのような麺、
これが加水率高めの麺や
卵つなぎの北海道のような麺では似合わない。



県内屈指のラ-メン店
この味はこの麺は
個性的でありそれでいて津軽煮干ダシの伝統を継承する・・・
あえて言うならば少ししょっぱめという意見もないわけでもない。
しかしながらOHAMARO的には今のところ
ラ-メン好きのすべての方にお薦めのできる一店だと思います。


おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆☆☆


味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


細麺や太い麺では違いがあります。

新機材購入


新しく新機材GETです。
もちロ-ンですけど・・・(泣)

購入にいたっては前の機材に不満というわけでもなく
ただ、現場でレンズを換えたりするのが手間だったのと、

レンズや機材で映り込みが違うので
お気に入りの画像を選択したかったからなのです。

贅沢といえば贅沢ですが・・・
ロ-ンですから(笑)
払い終わるまでは僕のものではありませんがね(笑)

ちなみ両者の違いを
検証してみました~~



撮影機材:D50
露出:3.2
シャッタ-スピ-ド1/8
レンズ:NIKON35mm2.0D
仕上り設定:鮮やかに
ISO感度:200
ホワイトバランス:晴




撮影機材:D200
露出:3.2
シャッタ-スピ-ド1/8
レンズ:NIKON35mm2.0D
仕上り設定:鮮やかに
ISO感度:200
ホワイトバランス:晴

どちらが好みかは個人の自由
そのときの気分だったり
カメラの設定でかなり変化が現れる。

見ての通りどちらが優劣なのかは
お分かりの通り

ちなみにレンズを換えるとこんな感じ

機材と設定は同じ
レンズはNIKON50㎜1.4D




小さなごみが写っているのは
僕部屋の掃除が行き届いていない証拠(泣)




また手持ち撮影のために
微妙にぶれと写し込みの角度が違うために
参考にならないかもしれません。


ラ-メンはこの機材では撮影しません(笑)

本日のらんち☆


ラ-メンを食べにいけないときには
カップラ-メンでことを済ます。

近くにラ-メン店がないことを考えると
これもまたやむ応得ないよな(涙)


今日はコンビニ購入の品・・・サ-クルKから

ニュ―タッチの広東風五目うま煮そば




お値段は250円以上

カロリ―は350kcal
塩分は3.6gってちょっと多いかも?




沢山の野菜とゆで卵がマッチしており
なぜかス-プも美味しい。

なぜか侮れないカップラ-メン
カップも大好きなOHAMAROでした~。

おすすめ度(5段階評価)
☆☆☆・・

味覚は様々、人の意見に左右されずに己の道を・・・


カップが美味しいと言って夕食を食べてくれない上司の子供がいます。

オンラインカウンタ-

現在の閲覧者数:

プロフィ-ル

OHAMARO

Author:OHAMARO
主に津軽地方が中心の食べ歩き。

過去記事は閉店されたお店等もありますので、参考程度に見て下されば幸いです。またお店情報等食べ歩いた当時の情報となりますので間違い・変更等などございましたらご勘弁ください。

なお、BLOG等に関係のないコメント・TBなどは削除しますので注意してください。

検索フォーム

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

アクセスカウンタ-

カテゴリー

青森県 (1416)
 青森市 (340)
 八戸市 (218)
 弘前市 (81)
 十和田市 (99)
 三沢市 (97)
 黒石市 (13)
 五所川原市 (141)
 つがる市 (45)
 平川市 (10)
 むつ市 (13)
 七戸町 (20)
 五戸町 (5)
 平内町 (19)
 野辺地町 (42)
 六戸町 (23)
 東北町 (72)
 田子町 (2)
 おいらせ町 (96)
 鶴田町 (5)
 横浜町 (1)
 中泊町 (10)
 階上町 (7)
 鰺ヶ沢町 (15)
 南部町 (6)
 外ヶ浜町 (8)
 今別町 (1)
 大鰐町 (4)
 藤崎町 (7)
 深浦町 (4)
 板柳町 (3)
 六ヶ所村 (3)
 田舎館村 (2)
 新郷村 (1)
 蓬田村 (2)
 東通村 (1)
秋田県 (28)
 秋田市 (4)
 大館市 (8)
 能代市 (5)
 北秋田市 (2)
 横手市 (3)
 鹿角市 (6)
岩手県 (51)
 盛岡市 (13)
 久慈市 (4)
 宮古市 (2)
 二戸市 (9)
 八幡平市 (5)
 奥州市 (6)
 軽米市 (2)
 一関市  (1)
 大船渡市 (1)
 花巻市 (2)
 紫波町 (3)
 葛巻町 (1)
 平泉町 (1)
 田野畑村 (1)
宮城県 (135)
 仙台市青葉区 (17)
 仙台市太白区 (34)
 仙台市泉区 (18)
 仙台市宮城野区 (8)
 仙台市若林区 (13)
 石巻市 (1)
 岩沼市 (4)
 塩釜市 (1)
 白石市 (4)
 名取市 (9)
 大崎市 (8)
 角田市 (2)
 栗原市 (2)
 東松島市 (1)
 川崎町 (4)
 富谷町 (3)
 利府町 (3)
 蔵王町 (3)
山形県 (2)
 山形市 (2)
福島県 (1)
 磐梯町 (1)
東京都 (5)
 千代田区 (1)
 足立区 (1)
 中野区 (1)
 渋谷区 (1)
 西東京市 (1)
埼玉県 (15)
 狭山市 (2)
 所沢市 (2)
 越谷市 (1)
 さいたま市 (1)
 深谷市 (1)
 熊谷市 (7)
 松戸市 (1)
北海道 (16)
 札幌市 (5)
 千歳市 (10)
 岩見沢市 (1)
食事 (429)
 うどん (8)
 そば (71)
 すし (14)
 定食類 (49)
 ランチ系 (12)
 魚介系 (8)
 丼類 (42)
 カレ- (45)
 チャ-ハン・ピラフ (18)
 カップラーメン (98)
 袋・箱ラ-メン (9)
 ハンバ-グ (15)
 弁当 (1)
 イタリアン (1)
 スパゲティ (4)
 おこのみやき (1)
 焼肉系 (20)
 麻婆豆腐 (2)
 やきそば (4)
 カフェ (2)
 牛たん (5)
お酒 (65)
 アルコ-ル  (7)
 パブ・スナック (2)
 焼き鳥屋 (9)
 居酒屋 (29)
 中華料理 (2)
 おつまみ (12)
 イベント (4)
カメラ (40)
 イベント  (4)
マラソン (1)
日 記 (48)
 ちょっと一息 (17)
 ご連絡 (12)
 イベント (10)
 音楽 (2)
 大田区 (0)

ブログランキング参加中です♪

↓押して頂けると喜びます。 人気ブログランキングへ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンクタグ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の逆アクセスランキング

アクセスランキング

今どきニュ-ス

ブログランキング参加中です。

↓押して頂けると喜びます。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ 食べログ グルメブログランキング

最新トラックバック

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ラ-メン大好き掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: