期間限定店ゆえに早く食べなくては・・・五所川原市「666 津軽ラーメン街道」

IMG_3100-1.jpg

津軽ラーメン街道で、期間限定でオープンしている
666ってお店にお邪魔してまいりました。
ここの立地はいつも名店が入る場所なのでほぼ安心して入店することができますね。

時間帯は夜の7時過ぎだったこともありガランドゥー
その中で店主と可愛らしい女の子が2人で頑張っておられました。

まずは店入口の券売機から悩みぬいて決めた一品は

IMG_3095-1.jpg

煮干の旨味を最大限に引き出した666看板メニュー

煮干醤油ラーメン…750円

IMG_3099-1.jpg

真っ黒なスープは富山ブラックを彷彿させますが
味わいは結構マイルドで、色に怯むことなく飲み込むことができます。

また煮干ガッツリでもなく、程よい煮干の味わいは
どなたでも美味しくいただけるのではないでしょうか?

しかし、ワイルドさを求めたので、なんとなく拍子抜けはしましたが
そんな時は別メニューを注文するのも悪くないかもしれません。

ただ普通に美味しいですけれど(笑)

個人的にはラーメン街道に望むのは普段食べられない
激なメニューというか?変わった味わいですからね^^

普通じゃダメなんです(笑)

麵はといいますと
なぜに?加水率多目の薄黄色い麺・・・

IMG_3102-1.jpg

青森仕様にしているのでしょうか?個人的には本店で差し出されているような
加水率少な目の全粒粉入りの麺だとよかったかなぁって思っています。

でもまてよ?ひょっとしたらこれがそうなのかもしれないな・・・

ちょっと心配になったので、期間が終わらないうちに
もう一度位お邪魔して確認しに行ってきますね。
そこんところは微妙なので多目に見てください(苦笑)

そしてラーメンで特筆することがあるとすれば
チャーシューでしょうか?これは美味しかったです。

IMG_3097-1.jpg

しっとりとした柔らかな味わいはハムっぽい食感というのでしょうか?
たまにはこういったチャーシューもありですよね。

これはお店としても自慢の真空低温調理法だそうですね。
色々調べたのですがあえてここでは割愛させていただきます。

これが2種類の美味しいチャーシューです。

IMG_3104-1.jpgIMG_3107-1.jpg

そんなこんなんで
ズルズルすすってアムアム食べればあっという間に完食です。

総合的に言わせてもらえればこのメニューにおいては
どなたにでも普通に美味しく頂く事ができると思いますね。

最後に麺の件もありですし、ニボガッツやニボ二郎(準備中)のメニューが
何気に気になるので、期間限定の狼煙が下ろされるまでに早めにお邪魔したいものです。

666さぁ~ん

ありがとうございましたぁぁん

お店情報:666 (ロクロクロク)
IMG_3096-1.jpg

住所:青森県五所川原市大字唐笠柳字藤巻517-1 五所川原ELM 2F
TEL:0173-34-6373
営業時間:11:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:年中無休



応援クリック.とても嬉しいです! ポチが励みになります。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ食べログ グルメブログランキング

666 津軽ラーメン街道店ラーメン / 五所川原駅津軽五所川原駅


スポンサーサイト

この極細麺がたまらなく美味い 青森市「辻井餅店」

R0026907-1.jpg

久しぶりに辻井餅店の中華そばが食べたくなってお邪魔してまいりました。
今回お邪魔したのは合浦公園のところにあるほうですね。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、こちらの方を海つじいって言って、
幸畑にある方を山つじいって言うそうです。

っていったところで海つじいに入店します。

店内はいつも思うことですが、整然と並べられた机が何気に興味が湧きます。
注文は若いおねぇさんが注文を取りに来てくれました。

中華そば(中)・・・600円

R0026905-1.jpg

いいですねぇ~このルックス。薄く切られたチャーシューに多目のメンマ
ネギのコントラストがネギ好きの僕の男心をくすぐります。←どんな感じやねんww

早速、レンゲにスープをすくって喉奥に流し込みます。
ズズズッ~うんみゃぁ~~~

美味しいですねぇ~~~この微妙に淡い感じが好きなんですわ。
もちろん尖がった味わいも好きなんですが、このお店の良さは
やっぱり極細麵ですから、この麺にピッタンコの味わいこそが
このスープの円やかさなんでしょうねぇ~~。

R0026908-1.jpgR0026909-1.jpg

ズルズルやってアムアムやればご馳走様ですね。
まぁあえて書くこともない美味しさがこのお店にはあります。

以前よりお値段が上がってしまったのは残念ですが
それでもたくさんのお客さんが足を運んでいるのには
お店の美味しさがそうさせてくれいるのかもしれませんね。

あぁ美味しかった。

つじいさぁ~ん
ありがとうございましたぁぁん


お店情報:辻井餅店
R0026902-1.jpg

住所:青森県青森市合浦2-14-23
TEL:017-741-6678
営業時間:9:00~16:00
定休日:第1.3水曜日



応援クリック.とても嬉しいです! ポチが励みになります。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ食べログ グルメブログランキング

辻井餅店ラーメン / 小柳駅東青森駅

へぇ~こんなところに釜飯屋があったのか? 五所川原市「八洲釜子めし」

R0026890-1.jpg

夜な夜な、五所川原の町を車で走っておりますと
なにやら食堂らしき、怪しい光を放つお店があったので
そこに車を停めて入店してみます。

お店の名は八洲釜子めし(はっしゅうかまこめし)

屋号からして謎めいたお店であることは間違いありませんが
興味もさることながら、お腹も空いていたので入店してみます。

お店の引き戸を明けて中に入ると、食堂というのか?焼肉屋っていうのか?
中華料理屋っていうのか?よく分からないっていったのが第一印象ですね。

大き目の4人がけのテーブルに座ってメニュー表を覗き込みます。

R0026879-1_20140320101657b7f.jpg

釜子めしって書いてありますね。釜子めしって語源はよく分かりませんが
お店の方に聞いてみたところ、「釜飯ですよ。」っていう・・・
当たり前すぎて何も言うこともありませんが(笑)

他のメニューもありましたが折角ですから、その釜子めしである
かきメニューを注文してみることにしました。

ちなみにお店の方が仰るには、調理時間に30分ほど掛かるので
大丈夫か?という話でしたが、まぁここまで来て違うものを注文するのも
ちょっとどうかと思いまして迷わず進め己の道を・・・

釜子めし(かき)・・・1100円(税抜き)

R0026886-1.jpg

お店の方が仰るとおりにそれなりの時間が経って配膳されました。
見た目は和食バリバリの雰囲気の中にデザートのパイナップルが光ります。
さらに釜の中には牡蠣が数個、薄茶色のダシに彩られたご飯の中に入ってますね。

お膳の中には漬物や味噌汁デザート、小鉢などが付いてきていました。

R0026884-1.jpgR0026883-1.jpg
R0026882-1.jpgR0026881-1.jpg

ご飯の量はそれほど極端に多いってほどでもなく
茶碗で3杯くらいだったでしょうか?これくらいなら一般男子なら余裕でしょう。
また牡蠣はプリプリした食感とダシの染みた甘味のある味わいは
一度食べたら期間限定が惜しくなること間違いないですね。

ただ牡蠣メニューは期間限定で11月から3月までなので注意が必要です。

最後まで食べてご馳走様です。

普通、旅館とかでしか見られないようなメニューっぽさですが
この五所川原方面でも気軽に食べられるという嬉しさは

ちょっぴり釜飯がたべたくなった時にお店へお邪魔して
その味わい堪能するのもいいのかもしれませんね。

っていうところで牡蠣の釜子めし美味しく頂かせてもらいました。

ありがとうございました~~~

お店情報:八洲釜子めし
R0026876-1.jpg

住所:青森県五所川原市一ツ谷549-14
TEL:0173-34-4711
営業時間:調査不足
定休日:調査不足



応援クリック.とても嬉しいです! ポチが励みになります。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ食べログ グルメブログランキング

八洲釜子めし定食・食堂 / 津軽五所川原駅五所川原駅十川駅


あっさりとした味覚の中にキラリと光る手打ちの極意 弘前市「緑屋」

R0026837-1.jpg

昨年何度かお邪魔していたのですが、中々お店の都合と合わずに
入店できませんでしたが、このたびやっと入店することができました。

なんと5年ぶりの訪問でしたね。

過去記事→2008/08/06 ラ-メン行脚・・・津軽編 その2


厨房の中には女性の店主が一人、ちょっぴり寂しげな雰囲気は
こちらが勝手に思っているだけだけれど、一人で切り盛りする姿に
なぜか哀愁を感じられずにいられない男心です。

カウンターの上を見上げればメニューの数々ですが
ここは手打ちのラーメンを注文します。

手打ちラーメン・・・600円

R0026834-1.jpg

ゆらゆらとあっさりスープの中に潜む手打ちの麺が前回感じた時と
同じような印象を感じられるのかが今回のポイントでしたが
スープとの相性と透き通った少し軟らかめの味わいが
舌触りもヨロシク、スルスルと喉奥に流し込まれていきます。

うみゃぁ~~~

美味しいですねぇ~久しぶりでしたが
この味は全然変わっちゃいないですよね。
いいなぁ緑屋・・・煮干の味わいも好きなタイプで
何気に甘ったるい感じのするスープもある中での

このきゅっと引き締まった感じのするスープも
麺をより一層と高みに引き上げているような気がしてなりませんね。

スープもうみゃぁ~~~

IMG_2016-1.jpgR0026838-1.jpg

最後まで食べてご馳走様でした。

量とか具の量を考えますと、この値段では少し高いかなって気もしますが
麺やスープの味わいを頂きますと、さすがに納得させられると思いますね。
もちろんチャーシューのしっとりとした味わいも負けてはいませんけれど・・・

弘前に息づくラーメン専門店「緑屋」

メニューには普通のラーメンや塩ラーメンもあって、未だ味わっていないので
この次にお邪魔するときには是非、そちらを味わってみたいなって思っています。

あぁ美味しかった。

緑屋さ~~ん

またいっちゃうからねぇぇん
お店情報:緑屋
R0026832-1.jpg

住所:青森県弘前市豊田1-1-2
TEL:0172-27-0411
営業時間:11:00~16:00
定休日:水曜日



応援クリック.とても嬉しいです! ポチが励みになります。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ食べログ グルメブログランキング

緑屋ラーメン / 弘前東高前駅運動公園前駅弘前駅

夜は歌える居酒屋、昼は驚愕のランチメニュー 五所川原市「花だん」

R0026821-1.jpg

国道339号線を利用して五所川原市に向かう途中
電光掲示板でランチメニューがチカチカしていたので
気になってお邪魔してみました。

正直、消し忘れたのかななんておもっていたのですが
お店のドアを開けるとキチンと営業されていました。
店内部はちょっぴり薄暗く、特にそんな印象を受けますが
なんせ、本職は居酒屋ですからね、そこは多目にみます。

メニュー表を見ると様々なランチメニューがありますが
そこは蕎麦が食べたくなったので茶そば定食を注文します。

茶ソバ定食・・・600円

IMG_2013-1.jpg

凄いですねぇ~これだけ付いてきて600円ですよ。
正直びっくりですが、味わいは家庭料理って感じなので
若い方よりは年代の高い人のほうが受けがいいかもしれません。

また3つの小鉢はどれもこれも
金木辺りの郷土料理っぽいところに好感が持てますね^^

R0026824-1.jpgR0026826-1.jpg
R0026822-1.jpgR0026823-1.jpg

最後まで食べてご馳走様です。
ランチの最後にはコーヒーもついてくるので
それを飲み干してお勘定を済ませば・・・600円

安いだけではなくこうした料理を
惜しげもなく提供してくれるお店に
敬意と努力を感じます。

R0026830-1.jpgR0026819.jpg

実は日替りメニューの方が充実しているので
この次にお邪魔するときはその日替りメニューを
頂きに再訪したいなって思っています。

花だんさん ご馳走様でした~

お店情報:居酒屋 花だん
R0026818-1.jpg

住所:青森県五所川原市金木町玉水201-6
TEL:0173-52-3752
営業日:11:00~14:00  17:00~23:00
定休日:日曜日



応援クリック.とても嬉しいです! ポチが励みになります。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ食べログ グルメブログランキング

花だんレストラン(その他) / 金木駅嘉瀬駅


弘前一の老舗でたべる昭和の味わい 弘前市「来々軒 」

R0026847-1.jpg

弘前一番の老舗店ということで早速ながらお邪魔してまいりました。

来々軒

到着後、お店の外観を見ると老舗というよりとても綺麗な印象です。
またお店の周りにぐるりと囲む駐車場は、この辺りで無理に駐車場探しに
困らない良さを感じました。

ガラガラと引き戸を開けて店内に入店すると
小さな店内に小さなテーブル、ほんのり薄暗い明かりが
料理を待つ人々の顔を映し出す姿に、なんとなくほっこりとさせられます。

また厨房の中には店主と奥さんらしき人が二人で所狭しと
駆け巡っている様はまさに懐かしの食堂という感じがして
それだけでもこの店に入店してよかったなと思わせてくれます。

前後しますがお店外にはショーケースがあって
そこからメニューや値段を拝見することができます。
すでにそこで注文の品を決めていたにも関わらず
注文をじらします(笑)

R0026840-1.jpgR0026844-1.jpg

たくさんのメニューがありますけれど
そこは初めてのお店ですから定番の醤油拉麵を注文します。

醤油拉麵・・・500円

IMG_2022-1.jpg

おぉ~これが弘前で一番古いといわれているお店のラーメンですかぁ
見た目ごくシンプルですがメンマにチャーシュー、それとスープからあふれ出ている
自家製麺が早く味わってくれよって言っている様な気がしてなりませんね(笑)

そんな自家製の麺を麺リフトしてみます。

R0026850-1.jpg

いいですねぇ~この細縮れ麺
ウェーブがきついところにスープとの相性を感じさせます。

またこのほかにもメンマやチャーシューの出来具合にも
何十年も愛されてきたお店のエキスが詰まっているのを感じさせますね。
特にチャーシューの味わいがしっかりとした味わいの中に
しょっぱさを感じない肉の旨味が引き出されている気がしました。

総合的に感じさせてもらうと、やはり今風の味わいではありません
恐らく人を選ぶと思われるのは、昭和という時代が終わってから
すでに26年も経っているという事実でしょうか?

時代が変われば魅力も変わる、しかしその味わいがここに
残っているという事実はなにものにも変えがたいし
いつ戻ってきてもここにこの味があるという安心感は

市民ならずともお店を愛する人たちのオアシスなのでしょうね。

ご馳走様でした。

お店情報:来々軒
R0026842-1.jpg

住所:青森県弘前市大字茂森町16
TEL:0172-32-4828
営業時間 :11:00~15:00 17:00~21:00
定休日:木曜日



応援クリック.とても嬉しいです! ポチが励みになります。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ食べログ グルメブログランキング

来々軒ラーメン / 中央弘前駅

あつあつ野菜とご飯とのこらぼれーしょん 五所川原市「万福亭」

R0026789-1.jpg

五所川原市にある本格中華料理店「万福亭」
名物料理を食べ損ねていたので頂きに参りました。
そんなメニューは何かといいますと

焼き飯(ヤキハン)・・・650円

R0026785-1.jpg

熱々ご飯の上にピーマン、キャベツに玉ねぎと豚肉を
油とコチュジャン?で炒められた熱々野菜達でおいしくいただきます。

ちょっぴり油が多目なので太目の方には要注意ですが
それでも美味しくいただくことができると思いますね。(笑)

さらにはその油が多めということでお腹が一杯になるのも早いと思います。

R0026794-1.jpgR0026791-1.jpg

ということで
最後まで食べてご馳走様でした。

スープとお新香なども付いてこのお値段ですから
とてもリーズナブルだと思いますし、それと焼き飯より少しハーフなメニューと
セットメニューが数多く準備されているので
それを楽しみにお邪魔するのもいいのかもしれないと思いますね。

他にもメニューが豊富なことと、熱々で調理されるメニューには
どなたにも好まれるのかって思っています。

昼時は何気に混雑するこの万福亭ですが
夕方の5時頃ならばかなり席に余裕があるので、

混雑嫌いなあなたならその時間帯にお邪魔して、
名物メニューを食べてみるのも良いかもしれません。

っていったところで万福亭で頂いた名物メニューの焼き飯を食べたお話でした。

万福亭さ~ん
ごちそうさまでした~~ん


お店情報:万福亭
R0023957-1.jpg

住所:青森県五所川原市中央5丁目59
TEL:0173-34-5945
営業時間:11:00~15:00 17:00~23:00
定休日:水曜日

過去記事↓
2013/10/03 本格中華料理店で食べる野菜炒め定食
2013/03/01 これで元気になります(笑)



大きな地図で見る

応援クリック.とても嬉しいです! ポチが励みになります。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ食べログ グルメブログランキング

田んぼの真ん中で家族が佇む場所へ・・・その2 中泊町「ピュア食堂」

R0026816.jpg

以前のお邪魔した中泊町物産直売所が新しくなったと聞いていたのでお邪魔してきました。
新装開店に成ってからすぐにお邪魔したので若干、リアルさに掛けるかもしれませんが
そこはご勘弁くださいませ。

過去記事→2013/03/14 田んぼの真ん中で家族が佇む場所へ

直売所は以前建っていた反対の場所にできてまして
カラフルな建物は以前の建物にも負けず劣らずって感じがします。
こういった建物の外観はシンプルなイメージが先行しますが

この町の斬新なアイデアにはとても好感がもてますね。

さてさて食堂のほうですが左右入口のある中で左手の方-から入りますと
すぐに入店することができます。

さすがに日曜日、以前お邪魔したときと同じように
たくさんの方が舌鼓を打っています。

今日は前回食べたラーメンではなく野菜炒め定食を頂きました。

野菜炒め定食
・・・700円

R0026809-1.jpg

特に何の変哲もない野菜炒め定食ですが
白胡麻が振りかけられているところが印象的ですね。
また中泊町で取れた地産を提供している野菜炒め定食だそうです。

IMG_2011.jpgR0026812.jpgR0026814.jpg

大まかに言うと量的にも質的にもごく自然に
味わえるのかなぁって印象を受けますね。

っていったところで
最後まで食べてご馳走様でした。

それにしても地元に根ざし愛される食堂はこの日もコミコミですね。
辺り人っ子一人いない雰囲気なんでびっくりします。

また地元の人たちの注文をよく見ると
特に日替わり定食が人気だったようですよ。

そんなこんなんでしたが
新装開店したお店に是非、
みなさんも足を運んでいただきたいですね。

今日は中泊特産物直売所内にある
ピュア食堂にて野菜炒め定食を頂いたお話でした。

ピュア食堂さ~~ん
ありがとうございました


お店情報:ピュア食堂
R0026804.jpg

住所:青森県北津軽郡中泊町大字八幡字日向334
TEL:0173-57-5053
営業時間:09:00~18:30(4月~9月) 09:00~17:30(10月~12月) 09:00~16:30(1月~3月)
定休日:元旦


大きな地図で見る

応援クリック.とても嬉しいです! ポチが励みになります。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ食べログ グルメブログランキング

いつか入ってみようと思ったお店へ 五所川原市「芦野湖食堂」

R0026797-1.jpg

冬に逆戻りしたような天候の中皆様はいかがお過ごしでしょうか?
フーフーいいながらラーメンでも食べているのでしょうか。
寒い日はやっぱりラーメンに限りますよねぇ~~~

さてさて今日記事は昨年の11月にやっとお邪魔することができた
芦野湖食堂ってお店ですね。
なぜか、ここら辺りで芦野湖という場所がないので
ちょっと調べてみましたら、近くの芦野公園そばにある藤枝ため池が
愛称でそう呼ばれているそうです。

ではではお店の方へとお邪魔してみます。

お店に入るとおばちゃんが一人TVを見ておりました。
注文したのはごく普通の中華そばです。
当然、大(600円)小(350円)もありですから

中華そば(普通)・・・450円

R0026799-1.jpg

おぉ~~このしょっぱげな色合いはなんなん?
富山ブラックならぬ芦野湖ブラックなんていうのでしょうか。((笑)
まぁそんなことを言うわけないのですが、気を取り直して
レンゲにスープをすくってズズズッと飲み込んでみれば・・・

色合いとかけ離れたような普通の醤油味でした。(笑)

麵はよくある中細の業務用の麺ですね。
これをスープと比較すると何気に黄色くて
コントラストが出ていて美味しそうに見えちゃったり・・・

色は大事ですよ色というか?視覚から得るものは大事ですよねぇ~

R0026800-1.jpg

ラーメンにはメンマやネギの輪切りにチャーシューゆで卵
正に色合いのハーモーニー、昔の中華そばを思い出しちゃいますよ。

ってことでゆで卵とチャーシュー

R0026803-1.jpgR0026802-1.jpg

最後まで食べてご馳走様です。

願いが叶ってお邪魔できたことを嬉しく思います。
ただお店を切り盛りされるおばちゃんの哀愁がなぜか切なくて
ラーメン食べたのになんとなく寂しさがこみ上げてきました。

あぁこれから冬なんだなぁって気持ちと一緒にね。

芦野湖食堂さ~~ん
ありがとうございました~~~


お店情報:芦野湖食堂
R0026795-1.jpg

住所:青森県五所川原市金木町芦野234-193
TEL:0173-52-4550
営業時間:調査不足
定休日:調査不足


応援クリック.とても嬉しいです! ポチが励みになります。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ食べログ グルメブログランキング

芦野湖食堂定食・食堂 / 芦野公園駅


マグロは大間じゃだけじゃねぇだろうよ! 三厩町「秀鮨」

R0026767-1.jpg

三厩にうまい寿司屋があるということで、職場の同僚と行ってまいりました。
日頃、昼間から寿司屋に入ることなどあまりないので、何気に緊張しますが
予約を取ってくれた同僚のおかげで幾分気持ちは和らぎます。

ということで、お店の昼営業は予約のみとなっていますので注意が必要です。

カウンターに座ってメニュー表を見せていただきますが
ここはみんまや鮪づくし寿司セットを注文します。

R0026746-1.jpgR0026747-1.jpg

まずは手始めに中落ちですね。

R0026751-1.jpg

のっけから嬉しいメニューが運ばれます。
これからどうなっていくのか?ワクワク感で心は一杯になります。(笑)

R0026753-1.jpgR0026755-1.jpg
R0026758-1.jpgR0026760-1.jpg

お通しや味噌汁、漬物も運ばれてきますので握りが運ばれる前に退治します。

握りは同僚と同じ寿司下駄の上に乗せられていきますので
隣に置かれた握りまで食べないように注意する必要がありそうですね(笑)

IMG_1980-1.jpgIMG_1987-1.jpg
R0026766-1.jpgR0026776-1.jpg
R0026770-1.jpgR0026763-1.jpg
R0026762-1.jpg

美味しいですねぇ~~

大間のマグロとか言いながら、この三厩も同じ漁船から仕入れているために
大間のマグロと味わいは全く変わらないそうです。なぜならば大間のマグロといいながらも
三厩から出た漁船が大間に卸しているだけだからだそうです。

大間ばかりが有名になっていますが、漁師もや漁場もみんな同じで
実は同じマグロだということです。

それから漁師のマグロを釣り上げた後の処理能力によってマグロの美味しさが出てくるのだそうで
血を抜くタイミングとか?冷凍する冷蔵庫の能力とか?単純なようで複雑な
漁師のテクニックによって味わいが変わるということを店主はおっしゃっていました。

また、中トロや大トロなど食べましたが、以前食べたことのあるものと違って
「脂で勘弁してくれ」というなタイプではなく、とてもあっさりとした印象を受けました。

R0026778-1.jpgR0026783-1.jpgR0026743-1.jpgR0026780-1.jpg

最後まで食べてご馳走様でした。

値段的には少々お高めの感じがしなくもありませんが、大間と同じマグロがこの値段で
味わえるということだけでも、充分にお徳なのではと思いました。

ちょっぴり物足りなかった同僚はチラシ寿司も頼んでいましたので、ついでにカシャリ(^_^)ノ
たしかに折角ここまできたのですから、もう少しお腹を満たしたい気持ちも分からなくありませんね。(笑)

R0026782-1.jpg

コバルト色に広がる三厩の海をドライブしながら
マグロを頬張りに来る贅沢感は、そうそう来られるものではありませんが
心地よい風が感じられる季節に再びお邪魔できたらなって思っています。

あぁ美味しかった


秀鮨さ~~ん
ありがとうございました~~~


お店情報:秀鮨
R0026745.jpg

住所:青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩新町35
TEL:0174-37-2856
営業時間:17:00~230 昼営業(予約)
定休日:不定休



応援クリック.とても嬉しいです! ポチが励みになります。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ食べログ グルメブログランキング


秀鮨寿司 / 三厩駅


オンラインカウンタ-

現在の閲覧者数:

プロフィ-ル

OHAMARO

Author:OHAMARO
主に津軽地方が中心の食べ歩き。

過去記事は閉店されたお店等もありますので、参考程度に見て下されば幸いです。またお店情報等食べ歩いた当時の情報となりますので間違い・変更等などございましたらご勘弁ください。

なお、BLOG等に関係のないコメント・TBなどは削除しますので注意してください。

検索フォーム

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスカウンタ-

カテゴリー

青森県 (1416)
 青森市 (340)
 八戸市 (218)
 弘前市 (81)
 十和田市 (99)
 三沢市 (97)
 黒石市 (13)
 五所川原市 (141)
 つがる市 (45)
 平川市 (10)
 むつ市 (13)
 七戸町 (20)
 五戸町 (5)
 平内町 (19)
 野辺地町 (42)
 六戸町 (23)
 東北町 (72)
 田子町 (2)
 おいらせ町 (96)
 鶴田町 (5)
 横浜町 (1)
 中泊町 (10)
 階上町 (7)
 鰺ヶ沢町 (15)
 南部町 (6)
 外ヶ浜町 (8)
 今別町 (1)
 大鰐町 (4)
 藤崎町 (7)
 深浦町 (4)
 板柳町 (3)
 六ヶ所村 (3)
 田舎館村 (2)
 新郷村 (1)
 蓬田村 (2)
 東通村 (1)
秋田県 (28)
 秋田市 (4)
 大館市 (8)
 能代市 (5)
 北秋田市 (2)
 横手市 (3)
 鹿角市 (6)
岩手県 (51)
 盛岡市 (13)
 久慈市 (4)
 宮古市 (2)
 二戸市 (9)
 八幡平市 (5)
 奥州市 (6)
 軽米市 (2)
 一関市  (1)
 大船渡市 (1)
 花巻市 (2)
 紫波町 (3)
 葛巻町 (1)
 平泉町 (1)
 田野畑村 (1)
宮城県 (135)
 仙台市青葉区 (17)
 仙台市太白区 (34)
 仙台市泉区 (18)
 仙台市宮城野区 (8)
 仙台市若林区 (13)
 石巻市 (1)
 岩沼市 (4)
 塩釜市 (1)
 白石市 (4)
 名取市 (9)
 大崎市 (8)
 角田市 (2)
 栗原市 (2)
 東松島市 (1)
 川崎町 (4)
 富谷町 (3)
 利府町 (3)
 蔵王町 (3)
山形県 (2)
 山形市 (2)
福島県 (1)
 磐梯町 (1)
東京都 (5)
 千代田区 (1)
 足立区 (1)
 中野区 (1)
 渋谷区 (1)
 西東京市 (1)
埼玉県 (15)
 狭山市 (2)
 所沢市 (2)
 越谷市 (1)
 さいたま市 (1)
 深谷市 (1)
 熊谷市 (7)
 松戸市 (1)
北海道 (16)
 札幌市 (5)
 千歳市 (10)
 岩見沢市 (1)
食事 (429)
 うどん (8)
 そば (71)
 すし (14)
 定食類 (49)
 ランチ系 (12)
 魚介系 (8)
 丼類 (42)
 カレ- (45)
 チャ-ハン・ピラフ (18)
 カップラーメン (98)
 袋・箱ラ-メン (9)
 ハンバ-グ (15)
 弁当 (1)
 イタリアン (1)
 スパゲティ (4)
 おこのみやき (1)
 焼肉系 (20)
 麻婆豆腐 (2)
 やきそば (4)
 カフェ (2)
 牛たん (5)
お酒 (65)
 アルコ-ル  (7)
 パブ・スナック (2)
 焼き鳥屋 (9)
 居酒屋 (29)
 中華料理 (2)
 おつまみ (12)
 イベント (4)
カメラ (40)
 イベント  (4)
マラソン (1)
日 記 (48)
 ちょっと一息 (17)
 ご連絡 (12)
 イベント (10)
 音楽 (2)
 大田区 (0)

ブログランキング参加中です♪

↓押して頂けると喜びます。 人気ブログランキングへ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンクタグ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の逆アクセスランキング

アクセスランキング

今どきニュ-ス

ブログランキング参加中です。

↓押して頂けると喜びます。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ 食べログ グルメブログランキング

最新トラックバック

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ラ-メン大好き掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: