ラーメン街道っていったら坂内の味わいでしょ。 青森県五所川原市「会津・喜多方らーめん 板新」

DKSY1581-1.jpg

平成29年度も始まりましたね。それに呼応するかのように
津軽の空にも春の息吹を感じさせてくれてきました。

青い空に小春日和、風はまだまだ強めで冷たいですが
確実に春が近づいてきているのを感じます。

幾度も経験していることですが
やはり春から初夏にかけては心躍る季節です。

げんなりしていたここ数か月からの脱却は
節目でもある年度変りも一躍担ってくれているかもしれません。

さてさて今日記事は

だ~~~いぶ時間が経ってしまいましたが
五所川原市にある津軽ラーメン街道に出店してる。

会津・喜多方らーめん 板新

遅れましたが昨年の10月にお邪魔してました(苦笑)

お店のあるエリアはかって津軽ラーメン街道が出来立ての頃に
出店をしていた坂内食堂跡地ですね。

いやぁ・・・なつかしい…2006年06月画像
blog_import_4e3f687d88684.jpgblog_import_4e3f687e411dc.jpg

ついついあの頃を思い出してしまいますね~~
そーそーあの尖がっていたあの頃です(苦笑)

もう戻ることはないですけれど、それはそれで
良いことも悪いこともあったような気がしますねぇ・・・

っていったところでその10年後(。>ω<。)ノ

ねぎラーメン…830円(2016年10月時)

ノーマルの支那そばに丁寧に刻まれたネギが乗ったタイプですね。
個人的には更にネギのトッピングをしたかったんですけど

頼めばやってくれたんでしょうか?(笑)

WAQE0016-1-2.jpg

では早速・・・ズルズルズル~~~
ハイ!美味しい^^

もういっちょおまけにズルズルズル~~~
おぉうみゃい!

麺のチュリュチュリュ感がたまらんたいズルジュリュジュリュ-
うみゃ~~~(*≧∪≦)

っていったところで最後まで食べてご馳走様。
さすがですね。相変わらずの味わいに大満足です。

あの名店坂内食堂の味わいが今でも息づいていると思うと
とても感動的な気分になりましたよ。

10年されど10年、これから先の10年は
どういった10年になっていくんでしょうね。

変わらない坂内食堂に味わいのように

自分の信念だけは変えずに一歩ずつでも
成長して行けたならって思います。

え?かたい?(笑)

じゃ

DWIV8456-1-2.jpg


お店情報:会津・喜多方らーめん 板新
TRZP1526-1-2.jpg

住所:青森県五所川原市唐笠柳藤巻517-1
営業時間:11:00〜21:00(L.O.20:30)
定休日:年中無休

旧店からの大いなる進歩 青森県弘前市「麺屋たか虎」

WIVB5538-1-2.jpg

誉めるとダメな津軽の空・・・
再びの鉛御色の空にゲンナリ

一気に明るくなってほしいものだけどねぇ
っていったところですが、天気の話になるなんざ

それくらいの話題しかないっていう
おっさん地味てきたのかしら( ;∀;)

さてさて今日記事は
昨年の10月にお邪魔した

麺屋 たか虎

以前は藤崎町のとある場所にあったお店で
新店舗として弘前市郊外にできたみたい。

開店からだいぶたってからですがお邪魔してみました。

お店前の駐車場は混雑していたので
第2駐車場?ってことでちょっとだけ線路沿いにあった空き地に
駐車してトコトコとお店に向かって入店します。

店内部は白いクロスの壁でとてもお洒落^^
喫茶店や洋食店のような雰囲気です。

店内はとても混んでいたのですが
いつも独りぼっちなんですぐにカウンターに
座ることができます(笑)

メニュー表があるのでそこから
弘前ヤングガールに注文してみました。

AFKQ4919-1.jpg

注文は白味噌ネギラーメンですがなぜか一番下のメニューを注文しにくいのは
個人的な感覚、どうしてNo2を選んでしまうのが悲しい・・・

ま、そんなことはどうでもよくって

注文の品(・Д・)ノ

白味噌ネギラーメン・・・800円(2016年10月時)

XCNR0918-1.jpg

おぉ~~っ!
見た目はごく普通(笑)

それにしても動物系のスープにワカメのトッピング

当時は気にして見てなかったですが
今見ると不思議といえば不思議^^

それとネギメニューだけにネギの白さが目に飛び込んできます。
ネギ好きだけにとっても嬉しい^^

スープはねっちょりタイプのスープと背油と味噌が
3つ巴でうまくブレンドされています。

ではレンゲにすくってズズズズズッ

うみゃ~~~

美味いですねぇ~~~

とはいえ美味い不味いなんて微妙なタッチですが
この時の舌の性能や胃袋の調子によっても多少上下しますよ(笑)

そんなよき日に出会ったお店は非常にラッキーなわけで
少なくともお店の雰囲気や、従業員の接待、配膳のローテなど
様々なものが密接に結びつくと美味さが倍加するから不思議です。

そのスープにベストマッチしていたのが
ヨリのきつい口当たりのよかった中太の縮れ麺

MNZF3019-1.jpg

麺の固さからスープとのバランスまでとてもよく研究された
味わいだと思うというか?個人的にとても食べやすい味わいだと感じました。

さらには以前のお店のバランスより格段に良くなっているのでは?
と、感じさせられた一杯だと思います。特に前を知っているだけに
その進化にはとても満足させられたことを記しておきます。

ってったところで今日記事は
弘前市にできた麺屋たか虎さんで
白味噌ネギラーメンを食べたお話でした。

あぁ美味しかった^^
ありがとうございました~~~


お店情報:麺屋 たか虎
SVMI2133-1.jpg

住所:青森県弘前市大清水3-7-3
TEL:0172-88-6878
営業時間:11:00~15:00 18:00~24:00
定休日:木曜日(祝日を除く)



麺屋 たか虎ラーメン / 運動公園前駅弘前東高前駅千年駅

TVでやってたんで気になって来てみた^^ 青森県黒石市「みそラーメン鉄満堂」

IMG_1069-1_20170327203108103.jpg

みなさまご無沙汰しております。

忙しいなんて言うのはもっともらしい言い訳でして
ただ単に、書く気が起きなかったんですけど(汗)

しかしながら

ここ津軽地方の鉛色の空にも少しづつ開放されて
元気を取り戻してきたみたいな(笑)

まぁ天気に左右されるのは生まれてこの方うん十年変わんないんですけど^^

っていったところできょう記事は
今から数か月前にどっかのTV放送で
イケメンなんちゃらってコーナーで特集していたこのお店まで

黒石市元中心街にできた
みそラーメン鉄満堂

黒石市の中心街も随分と残念な街並みになってしまいましたけれども
そんな街並みに喝を入れてくれそうなお店です。

お店横の駐車場に停めて店内に入店します。

店内はお洒落な雰囲気と、店主の趣味?本業?であるバンドの
スタジオ的な印象をも感じ取ることができます。

メニューは壁にも貼られてはいましたが
カードケースがありましたのでカシャリ

IMG_1064-1.jpg

お味噌専門のお店のようですね。

ここはノーマルの基みそっていきたいところでしたが
ちょっとシンプル過ぎかなって思って

香みそラーメン…700円(2016年10月時)

IMG_1066-1_20170327203107384.jpg

ノーマルの味噌に黒マー油を入れてコクを出したのでしょう。
そんな第一印象を感じを取ることができます。

それではレンゲにすくって
ズズズズズッ

甘めのあっさりとした味噌ですね。舌に残る
大豆のブツブツ感が味噌っぽくって津軽を感じさせます。

ふむふむ・・・

黒マー油は見た目ほどインパクトは強くないですね。
ちょっと苦味のある黒っぽい油ってかんじでしょうか?

僕がバカ舌なだけなんですけど~(;´・ω・)(;´・ω・)

麵はというとと平打ちの縮れ麺
この辺では珍しいタイプだと思います。

こんな感じ(´・Д・)」
IMG_1072-1.jpg

ではスープとのコラボを感じながら
ズルズルズル~~~ッ
スープの優しさ以上に麺の味わいに強さを感じます。

ラーメンにはどうかと思いますが
よく噛んで麺の味わいを感じながら楽しむに
ふさわしいような麺だと思いましたね。

っていったところで最後まで食べてご馳走様

トータル的なバランスとはって言われると

各々の個性が出ていてとても面白い
ラーメンだと思いますし、好みが分かれるかもしれません。

とはいえこのこの黒石市の中心街に
喝を入れてくれてくれたのは言うまでもありません。

これからも町の発展と活性化に頑張ってほしいものです。

今日は黒石市にできた(大分経ったけど)
みそラーメン鉄満堂
で香みそラーメンを食べたお話でした。

鉄満堂さ~~ん
頑張ってくださいねぇ~~~ん

お店情報:みそラーメン鉄満堂
IMG_1062-1.jpg
住所:青森県黒石市上町61-5
TEL: 0172-53-6225
営業時間:11:00~21:00
定休日:月曜日


みそラーメン くろいし鉄満堂ラーメン / 黒石駅

いつか入ろうと思っていたお店 青森県南津軽郡藤崎町「中華そば 我が家」

IMG_0967-1_20170306203831738.jpg

藤崎町にある
中華そば 我が家
へ行ってまいりました。

お邪魔しようと決めたのが当時開催されていた
津軽判スタンプラリーでした。

そのラリー店舗の一角にこの店があったというものです。

時間的にお昼時だったので
店内は混みあっておりカウンターの方へ座りました。

メニュー表がありましたので
そこから注文します。

メニュー表はこちら↓
IMG_0966-1.jpg

大きくは中華そばに味噌ラーメン
つゆ焼きそばありますねぇ~

ではさっそくながら
中華そばを注文してみます。

中華そば…600円
IMG_0968-1_20170306203833893.jpg

お盆がかわいいですよね^^

ま、そんなことはさておき(笑)
味わいの方はと言うと

レンゲにスープをすくってズズズズズッ

柔らかい印象ですね。どぎつくもなく
それでいて固くもないという円やかっていうんでしょうか?

IMG_0969-1_2017030620383449b.jpgIMG_0971-1_20170306203936d6d.jpg

麺はというと細縮れ麺で、この辺りでは
あまり見ないタイプでしたね。県南に多いタイプって
いうんでしょうか?

かん水多めで麺の味わいに特徴があるタイプでした。

チャーシューはというとかなり優等生な美味しいチャーシューですね。
パサパサ過ぎずとろけちゃい過ぎていない噛み応えが優しいタイプ。

ズルズルすすってアムアムやれば

最後まで食べてご馳走様。

個人的にはそれぞれが持ち味を出しているなって印象で
昔のジャイアンツって感じでしょうか?

あちこちからFAでもらってきた選手を
与えられた監督が苦慮しながら打順と守備に配置している
そんな一昔前のジャイアンツを思い出されましたね。

お店自体はどの方向性に向かうのか?

これから楽しみですが、この次お邪魔する時には
味噌ラーメンが未食なので味噌ラーメン狙いで
行ってみたいと思います。^^

我が家さ~~ん
ありがとうございました~~~

お店情報;中華そば 我が家
IMG_0965-1.jpg

住所:青森県南津軽郡藤崎町大字水木字古舘4-3
TEL:0172-65-2707
営業時間:11:00~16:00
定休日:水曜日



中華そば 我が家ラーメン / 北常盤)

本場よりも少し格式高い感じのするB-1グランプリ 青森県青森市 道の駅ゆ~さ浅虫 レストランサンセット

IMG_1130-1_20170302154843160.jpg

以前はドライブインで休憩だった時代も移り変わり
トイレやお土産コーナーなどが充実しているのが
道の駅、様々なイベントや様々な企画でも楽しませてくれるところですよね。

そんな道の駅
浅虫温泉の中央に位置する場所に

道の駅ゆ~さ浅虫ってあるのですが
そこの3階にレストランがあることを聞き
お邪魔してまいりました。

かれこれ数か月くらい前ですが(汗)

お店前ににはメニューやら看板やら置いてますね。
そして店内に入るとおもったより小ぶりの小さなレストランです。

あまり大きなお店を期待してはいけません(笑)

そこの一番奥に座ってこのメニューを注文します。
入る前から決めていたんで(笑)

牛バラ焼定食…980円

IMG_1132-2.jpg

あれ?なんどか食べたことのある牛バラ焼とは趣が違っています。

鍋が一番に違うってことが言えるでしょうか?それと生卵が付いているということも
どうやら雰囲気的にすき焼きっぽくなっているかもしれません。

しかしながら鍋に入っている牛肉の質は今まで見た牛バラ焼とは違った
かなりの霜降りっている感じの肉のようです。

こんな感じ!
IMG_1131-1.jpg

鍋下には固形燃料があるのでそれが燃え尽きるまで焼いていると
焦げてしまうので、頃合いを見計らって箸に取り生卵に漬けて食べてみます。

ジュリュジュリュジュリュ~~~
うみゃい!

いい感じですね~~~すき焼きなんて言ってしまいましたが
タレもバラ焼のたれでとっても味わい深くてとても美味しいです。

また肉も当初見たままの霜降りっちゃっている美味しい柔らかな牛肉
バラのイメージだとどうしても脂っぽいイメージがありますが

高級肉を食べているよう・・・もちろん安い肉しか食べたことないですけど(笑)

そんなこんなんで最後まで食べてご馳走様でした。

印象はバラ焼ではなかったのですが見た目以上の味わいに
満足した次第です。

それとお店の大きさのわりに従業員も多い気はしたのですが
きめ細やかな対応と、節度のある接待に満足ですね。^^

またメニュー的にはそれほどたくさんのメニューを抱えているお店ではありませんが
青森を代表する郷土料理「貝焼味噌定食」もあるようなので

牛バラ焼を食べた印象をそのまま繋いでいると思えば
それを狙ってもう一度お邪魔するのも悪くないかなって思いました。

そんなこんなんの道の駅ゆ~さ浅虫の食レポでした。(笑)

あぁ美味しかった^^
また行っちゃうからねぇ~~~ん

お店情報:道の駅ゆ~さ浅虫 レストラン サンセット
IMG_1128-1_20170302154843120.jpg

住所:青森県青森市浅虫字蛍谷341-19 道の駅浅虫温泉 3F
TEL:017-752-3339
営業時間:4月~11月11:00~19:00(L.O.18:30) 12月~3月11:00~18:00(L.O.17:30)
定休日:年中無休


サンセットレストラン(その他) / 浅虫温泉駅

インディアンカレーって?なに?   茶比伊イトーヨーカドー 八戸沼館店

AUXN8352-1.jpg

八戸市に美味しいカレー屋さんを物色していたところ
イトーヨーカドー内2Fにある

茶比伊ってお店が美味しいって
いうことを発見したのでさっそくながらお邪魔してみました。

お店前のショーケースでおおよそのメニューを把握した後
店内部に入って、お店の従業員の方に促されるままに
席に着きます。

メニュー表を頂いたのですが
すでに決まっていたメニュー

インディアンカレー

VRKR6824-1.jpg

メニューはインディアンカレーのほかにサラダとスープ
福神漬けなども付いてきていました。

また食後にはコーヒーまでもが・・・
見た目はちょっぴり足りないかなって印象でしたが

量的にも十分に満足することができました。

さて生まれて初めて食べる
インディアンカレーの印象ですけれど

まじうま

めっちゃおいしかったです。

もちろん初めて食べたってこともありますけれど
ドライカレーの上にカレーソース

更には目玉焼きの半熟目玉を崩してドロッとさせて食べてみました。
このぐちゃぐちゃっとした感じも悪くないですよね^^

とても印象の良い中で家路についたのは言うまでもありませんでしたが
一緒に連れて行った息子もとっても満足していたことを
記しておきたいと思います。

せっかく食べた初メニューですが
今度は普通のカレーも食べてみたいですね。

あぁ美味しかった。

AJHG6463-1.jpg

お店情報:茶比伊イトーヨーカドー 八戸沼館店
NGDH8340.jpg

住所: 青森県八戸市沼館4丁目7−111 イトーヨーカ堂内 2F
TEL: 0178-22-0168
営業時間: 10:00~20:00
定休日:調査不足



茶比伊 イトーヨーカドー八戸沼館店喫茶店 / 本八戸駅小中野駅

来たか十兵衛おまえもか! 麺房十兵衛 五所川原店

IMG_0915-1.jpg

寒いですねぇ・・・寒くて寒くて
雪掻きもままなりませんから

ほぼほったらかしです(笑)

融けるのを待つのみです(笑)

まぁそんなことはどうでもよくって
今日記事は昨年3月に五所川原市内にOPENした

麺房 十兵衛

津軽判ラーメンラリーの登録店っていうこともあって
お邪魔してみました。基本チェーン店はお邪魔してませんでしたが
ラリーって機会があるからこそ、入店できるというものです。

五所川原市内には総人口58000人の方が住んでおりますが
その人口比に合わないラーメン店が多数存在していることを
踏まえますと、いかにラーメンが好きな土地柄なのかと考えさせられます。

チェーン店においてもほにゃらら店やあへあへ店、うふぉうふぉ店などもあり
おまけにラーメン街道なども入れると、あえて開店した十兵衛の心意気に
驚かされたといってもいいでしょうね。

さてお店に入店すると右手に券売機があり
そこから必要メニューをプッシュします。

にぼ醤油…700円(2016年10月時)

IMG_0917-1.jpg


ネギ増しに細麺で注文してみました。


って言ったところで麺はこんな感じの麺です。
IMG_0922-1.jpg

そんでもってチャーシューはこんな感じですね。
IMG_0923-1_20170219174212f78.jpg

なんやかんやで最後まで食べてご馳走様でした。

食べなれていないということもありますし、まだ開店して間もないってこともあります
また十兵衛全体のコンセプトがよくわからないので、なんとも言うわけにはありませんけれど

チャーシューとスープはよかった。

しかし個人的な意見ですが細麺はこのメニューに向いてません。
できれば太麺の方をお勧めします。

細麺の質がこれ系の味わいに向いていないってことが
大きな理由です。麺屋によっては合うのもあるでしょうけどね。

ただただ自家製麺ならばまだまだ修正が効くので
もうすこしバランスというものを考えるといいと思いますね。

っていうところで厳しい意見でしたが
せっかくできた有名チェーン店ですからね
さらなる飛躍に向けて頑張ってほしいものです。

十兵衛さ~~ん
また行っちゃうからねぇ~~~ん


お店情報:麺房 十兵衛 五所川原店
IMG_0914.jpg

住所:青森県五所川原市中央3-59
TEL:050-1050-1398
営業時間:月~金:11:00~15:00 17:00~21:00 土・日・祝:11:00~21:00
定休日:年中無休


麺房 十兵衛 五所川原店ラーメン / 五所川原駅津軽五所川原駅

弘前にできた特濃にぼしのお店に潜入 青森県弘前市「麺や どん喜」

IMG_0769-1.jpg

いや~~~気が付いたらあっという間の2月中旬
おっさんになると信じられないスピードで時が過ぎていきます。

しかしながら冬の寒さだけはまだまだ居座っているようで
もうそろそろ落ち着いてくれたら良さそうなものですけれど
こちらはもう少し時間がかかりそうですね。

さてさて今日は第10回津軽判ラーメンラリーで
初登場だったお店に入店してみました。

麺や どん喜

軽く調べてみると開店してからさほど時間がたっていないようです。
店内は整然としていて落ち着いた感じですね。厨房には男性が2人
ホール側には女性の方が1名おりました。

メニュ-はっていうとこんな感じ
IMG_0765-1.jpg

特濃にぼしってメニューが何気に気になったので
お店の方に注文してみるとします。

特濃にぼし・・・800円
IMG_0768-1_20170211084808d7f.jpg

おぉぉ~~~強烈な煮干しの色で瞳孔が開きます(笑)
さて味わいはどうでしょうか?レンゲにスープをすくって
喉奥に流し込みます。(ゴクゴクゴク)

ふむふむ・・・

見たほどの濃さよりも
あっさりとした印象です。

麵はというとこんな感じ
IMG_0772-1.jpg

ちょっと固めのクキクキッとした印象です。
このスープの味わいとのバランスはちょっと違う感じですが
店主の決めた味わいなので個人的な食感は別問題ですけどね(笑)

とはいえ最後まで全部食べてご馳走様です。

そうだなぁ・・・特濃っていうくらいだから
もう少し濃厚なのかなって思いましたけれども

色合いは濃い目ですが煮干しに慣れていない人でも
それほど苦労せずに食べられる味わいだったと思いますね。

営業的にも万人受けする味わいとマニアックな味わいでは
お店の売り上げに大きく影響しますから
この味わいを頂いてみるとお店の方針っていうのも強く感じた次第です。

今日は麵やどん喜さんで頂いた
特濃にぼしを食べてみたお話でした。

最後にチャーシュー画像が残っていたので
掲載しておきますね。

IMG_0773-1.jpg

ありがとうございました~~~

お店情報:麺や どん喜
IMG_0763-1.jpg

住所:青森県弘前市末広5-4-7
TEL:0172-27-6065
営業時間:11:00~15:00 17:00~21:00
定休日:月曜日



どん喜ラーメン / 撫牛子駅弘前駅

なんと10年ぶりにお邪魔してみました。 青森県青森市「あごだし中華彦や」

R0029098-1.jpg

今から10年くらい前、ラーメン熱が燃え上がっていたころ
あごだし中華 彦や
というお店に初めてお邪魔していました。

あの頃はって思いだしてももう戻ることはありませんけれども
しかしながらよかったことだけが思い出されるのが記憶というものです。

そんな記憶をたどりながら、また10年ぶりにお邪魔してみました。

あの時の味わい、そして雰囲気などはどのようになっているでしょう。
とてもワクワクしながら、そしてしんみりしながら覗いてみます。

お店入り口の小さな風除室にある券売機から券を購入して
店内に入りカウンター奥の女性に渡します。

ワイワイガヤガヤしていない店内は以前と同じようであって
なんとなく静けさが好きな方にはうってつけのお店かもしれません。

お店奥のテーブルに座って
注文の品を待ちます。

ほどなくすると先ほどの奥さま?
が、運んできてくださいました。

細麺 あっさり…680円(2016年09月時)

R0029099-1.jpg

ルックス的にはそれほど大きくは変化していませんけれども
記憶は曖昧なので過去写真を掲載してみますね。

10年前はこんな感じ
blog_import_4e3f675feb497.jpg

ふむふむ・・・小ねぎでしょうか?このネギが
以前と比べますと格段に量が変化してました。

またスープの透明度は以前の方に軍配が上がるようです。
では早速味わいのほどを・・・

ズズズズズッ・・・ああぁ~~~っ


あの頃を思い出す味わい・・・そんなわきゃない
味わいなんて感情よりもいい加減なわけ(笑)

だからとっても新鮮に感じます。

麺はというと細麺
R0029100-1.jpg

ちょっと柔めなのはご愛敬でしょうね。
個人的にはもう少しクキクキした固さの方が好きかな。
年齢幅を考えるとこれはこれでベストでしょうが。

さてチャーシューはというと

以前も感じましたが
かなり大きめのチャーシューでして
箸で持ったら切れそうなデカさですね。

もちあげてビシャッと跳ねるのが嫌で
デカいチャーシューは持ち上げたくないんですけど(笑)

意外にも固めのチャーシューなので
上手く成功しました(笑)
R0029102-1.jpg

っていったところで最後までズルズルッと食べてご馳走様でした。

そうだなぁ、この10年という月日に感動したっていうのが印象ですね。

お店もこの10年には様々なことがあっただろうし
もちろん僕にも様々なことがありました。

それを思うとこのたった1杯のラーメンをめぐる
単純な月日が重く感じてしまうのです。

そんな10年ぶりにお邪魔したラーメン店
また数年後お邪魔した時には、もう一度
自分を振り返る一杯をいただきたいなって思いました。

ありがとうございました~~~

お店情報:あごだし中華 彦や
blog_import_4e3f675f29a93.jpg

住所:青森県青森市三好1丁目16−21
TEL: 017‐781-8987
営業時間:11:00~20:00
定休日:火曜日


あごだし中華彦やラーメン / 新青森駅

実は初入店でした(^∇^)ノ 青森県八戸市「ビッグボーイ 八戸城下店」

R0029086.jpg

あれはたしか数か月前の出来事・・・
三八方面に出かけるときには息子とランチをします。

出かけるのが目的か?息子に会うのが目的か?は別として

この方程式は変わらずで、息子と一緒に食べるランチは
僕が今感じる一番の幸せのひと時です。

さて、そんなランチタイムにふさわしいのは
家族ならではの選択肢ですが、やっぱりファミレスですよ^^
っていったところで今まで入ろうと思っても入ることがなかったお店

ビッグボーイ八戸城下店

チェーン店ってことで全国津々浦々あるので
ご存知方も多いかと思いますね。

この八戸城下店の駐車場は三沢方面から行くと
一回右折してすぐに小さな入り口があるのですが
信号待ち車両がいるのでちょっぴり入りにくいかもしれません。

また、階上方面からくると、車の流れ的に速度が出ているので
こちらも気持ちだけ入りにくいかも・・・

まぁいずれにしても入店には注意が必要かもしれません。

さて気を取り直して駐車すると
お店の入り口にビッグボーイの
マスコットキャラクター(ボビー)がお出迎え(*ノェノ)

ゆっくりと撮影したかったんですが
腹も減っていたんでそこそこにして入店です。

店内に入ると綺麗な八戸ガールに誘導されて
席に着くとテキパキとメニューを渡され注文することに・・・

どれにしようかな(汗)

R0029085.jpgR0029084.jpg

迷うも何もランチメニューを淡々と注文すればよいのですが
いかんせん、見方がわかりませんしね(;´・ω・)(;´・ω・)

父などと出かけたりするとイライラするあの感じと
同じように息子は感じていたかもしれません( ;∀;)

っていったところで迷わず進めランチの道を

R0029088.jpg

まずは手始めにハンバーグステーキが運ばれてきます。
ランチにはカレーライスやスープなどもバイキング方式になっていますので
運ばれる前に持ってくるのが良いでしょう。

R0029091.jpgR0029089.jpg

たまたまかもしれませんけれど
カレーライスのライスの固さが僕好みでした。

柔らかいのが好きって方は少し固く感じるかもしれませんけれどね。

R0029090.jpgR0029092.jpg

確かライスは2種類あって白飯とターメリックがあったような?
まぁ今となっては定かではありませんので、お店の方へ(笑)

また、スープはポタージュとオニオンスープの2種類がありまして
僕はそれぞれいただいてみました。個人的にはオニオンかな?

それと様々なサラダバーとカレーライスにスープとで
別にハンバーグを注文しなくてもよさそうですが(笑)

メインを頼まないとダメなので注意が必要です。ヽ(*>□<*)ノキャ━━ァ♪

っていったところでバイキングは
サラダは2回、カレーライスは2杯
スープはそれぞれってところですね。

もちろんメインのハンバーグも食べて馳走様でした。

美味しかったなぁって感じたのは
やはり子供と食べる食事だったからでしょうか?

そんなひと時を与えていただいた
ビッグボーイ八戸城下店
感謝です。

あぁ美味しかった^^
ありがとうございました~~~

お店情報:ビッグボーイ八戸城下店
R0029082-1.jpg

住所:青森県八戸市城下4丁目20−30
TEL: 0178-71-3167
営業時間:11時00分~02時00分
定休日:年中無休


ビッグボーイ 八戸城下店ファミレス / 本八戸駅

オンラインカウンタ-

現在の閲覧者数:

プロフィ-ル

OHAMARO

Author:OHAMARO
主に津軽地方が中心の食べ歩き。

過去記事は閉店されたお店等もありますので、参考程度に見て下されば幸いです。またお店情報等食べ歩いた当時の情報となりますので間違い・変更等などございましたらご勘弁ください。

なお、BLOG等に関係のないコメント・TBなどは削除しますので注意してください。

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセスカウンタ-

カテゴリー

青森県 (1417)
 青森市 (340)
 八戸市 (218)
 弘前市 (82)
 十和田市 (99)
 三沢市 (97)
 黒石市 (13)
 五所川原市 (141)
 つがる市 (45)
 平川市 (10)
 むつ市 (13)
 七戸町 (20)
 五戸町 (5)
 平内町 (19)
 野辺地町 (42)
 六戸町 (23)
 東北町 (72)
 田子町 (2)
 おいらせ町 (96)
 鶴田町 (5)
 横浜町 (1)
 中泊町 (10)
 階上町 (7)
 鰺ヶ沢町 (15)
 南部町 (6)
 外ヶ浜町 (8)
 今別町 (1)
 大鰐町 (4)
 藤崎町 (7)
 深浦町 (4)
 板柳町 (3)
 六ヶ所村 (3)
 田舎館村 (2)
 新郷村 (1)
 蓬田村 (2)
 東通村 (1)
秋田県 (28)
 秋田市 (4)
 大館市 (8)
 能代市 (5)
 北秋田市 (2)
 横手市 (3)
 鹿角市 (6)
岩手県 (51)
 盛岡市 (13)
 久慈市 (4)
 宮古市 (2)
 二戸市 (9)
 八幡平市 (5)
 奥州市 (6)
 軽米市 (2)
 一関市  (1)
 大船渡市 (1)
 花巻市 (2)
 紫波町 (3)
 葛巻町 (1)
 平泉町 (1)
 田野畑村 (1)
宮城県 (136)
 仙台市青葉区 (17)
 仙台市太白区 (35)
 仙台市泉区 (18)
 仙台市宮城野区 (8)
 仙台市若林区 (13)
 石巻市 (1)
 岩沼市 (4)
 塩釜市 (1)
 白石市 (4)
 名取市 (9)
 大崎市 (8)
 角田市 (2)
 栗原市 (2)
 東松島市 (1)
 川崎町 (4)
 富谷町 (3)
 利府町 (3)
 蔵王町 (3)
山形県 (2)
 山形市 (2)
福島県 (1)
 磐梯町 (1)
東京都 (5)
 千代田区 (1)
 足立区 (1)
 中野区 (1)
 渋谷区 (1)
 西東京市 (1)
埼玉県 (15)
 狭山市 (2)
 所沢市 (2)
 越谷市 (1)
 さいたま市 (1)
 深谷市 (1)
 熊谷市 (7)
 松戸市 (1)
北海道 (16)
 札幌市 (5)
 千歳市 (10)
 岩見沢市 (1)
食事 (429)
 うどん (8)
 そば (71)
 すし (14)
 定食類 (49)
 ランチ系 (12)
 魚介系 (8)
 丼類 (42)
 カレ- (45)
 チャ-ハン・ピラフ (18)
 カップラーメン (98)
 袋・箱ラ-メン (9)
 ハンバ-グ (15)
 弁当 (1)
 イタリアン (1)
 スパゲティ (4)
 おこのみやき (1)
 焼肉系 (20)
 麻婆豆腐 (2)
 やきそば (4)
 カフェ (2)
 牛たん (5)
お酒 (65)
 アルコ-ル  (7)
 パブ・スナック (2)
 焼き鳥屋 (9)
 居酒屋 (29)
 中華料理 (2)
 おつまみ (12)
 イベント (4)
カメラ (40)
 イベント  (4)
マラソン (1)
日 記 (48)
 ちょっと一息 (17)
 ご連絡 (12)
 イベント (10)
 音楽 (2)
 大田区 (0)

ブログランキング参加中です♪

↓押して頂けると喜びます。 人気ブログランキングへ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンクタグ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の逆アクセスランキング

アクセスランキング

今どきニュ-ス

ブログランキング参加中です。

↓押して頂けると喜びます。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ 食べログ グルメブログランキング

最新トラックバック

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ラ-メン大好き掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: