お蕎麦屋さんのカツ丼  青森県五所川原市「日本蕎麦 一茶庵」

IMG_0511-1_20170109072527057.jpg

普段、好き勝手なものを食べていると
ある傾向があるようで、肉が食べたい時には肉に偏り

炭水化物に偏っているときは炭水化物へ
蕎麦なら蕎麦、カレーラースだったならカレーライスなど

自分の欲するままに身体が欲しがるものを
食べているような気がします。

もちろん学術的な根拠はまるでなく
もちろん研究する気もなく(笑)

自由に食べるのみ^^

っていったところで、夏のなかったあの頃
何気にはまっていたカツ丼・・・

和食ならばカツ丼はあるべってところで
五所川原市内にある

一茶庵へお邪魔してきました。

駐車場は店裏の方へ変わってしまいましたが
そこからとことこと200m進んで店内に入ります。

店内のいつも決まった場所に勝手に座って(笑)
看板娘に注文するのは冒頭でも書いたカツ丼。

っていったところで
カツ丼・・・値段は失念(涙)

IMG_0466-1.jpg

おぉぉ~~~

この玉子にタレがしっかりと染みたタイプ
ちょっぴり味わいを予感させてくれるのは

茶色く染まった玉子と下に見える真っ白なご飯とのコラボ

舌の上で甘じょっぱさを感じながら
白いご飯とカツの油っこさを喉奥へと運ぶのだ。

レディース ゴ~~~

IMG_0467-1_201701090725285c2.jpg

僕の心のゴングが鳴ったかどうかはご想像にお任せいたしますが
無我夢中でというか?一心不乱といいますが
なりふり構わず、一気に掻きこみます。

アムアムアグアグ
アムアムガツガツ

アムアムガツガツアムアムガツガツ


ほどなくするとあっという間に完食

さて講評
好きですタイプです

この味が染みた感じでガンガンご飯が進みますね。

もちろん人それぞれですので
しょっぱいとか?もうすこし玉子が半熟気味が良い
などという方もいらっしゃるでしょうね。

まぁいずれにしましても
個人的には満足できたとおもいます。^^

今度は天丼かなぁ~

でもまだ身体が欲しがってないから
その時が来るのを待つとしよう。(笑)

あぁ美味しかった^^
ご馳走様でした~~ん

お店情報:日本蕎麦 一茶庵
R0024178-1.jpg

住所:青森県五所川原市寺町53番地
TEL:0173-34-2541
営業時間:11:00~19:00
定休日:木曜日

過去記事↓
2016/04/01 鴨そばを食べてみました~~~(*^^)v
2013/08/04  五目蕎麦をいただいてみました。
2013/04/20 おぉ~~蕎麦屋のラ-メン
2013/03/15 この値段でこの量とは


大きな地図で見る

導かれるように・・・秋田県秋田市「ケンちゃんラーメン秋田店」

IMG_0514-1.jpg

あぁ目をつむれば、あの人の事ばかり・・・
愛しい愛しいケンちゃん

あの唇をヌメヌメとさせてくれるアブラギッシュなスープ
顎が鍛えられるくらい揉みあげられたコシの強い麺
爪楊枝が必要な肉の繊維が歯にはさまるチャーシュー

思い余って、4時間の旅へ
あのケンちゃんに会うために~~~

っていったところで
いってまいりました。

ケンちゃんラーメン秋田店

さすがにさすがに遠かったですが
愛しい彼に会うためにはそんなことを言ってる場合ではありませんからね。
では早速、厨房前の昔秋田美人だった秋田ガールに注文します。

中華そば(普通)(メンマ)(ネギ)・・・800円(2016年09月時)
(今は券売機となり、値段もUPしてるようです^^)

IMG_0515-1.jpg

キタ~~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

見よ!このルックス
恋に焦がれたケンちゃんラーメンが目の前に・・・

あ、早く食わなくちゃ(笑)

チャーシューをかき分けて
あのピロピロ麵を口にするのだ。

箸先でつまみだして一気に放り込む
ピロピロピロ~~~ン
ズルズルズル~~~うみゃ~~~

あまりズルズルアグアグやると
テーブルが汚れるので注意が必要。

それにしても来た甲斐があるというものですわ

IMG_0519-1.jpgIMG_0516-1.jpg

美味い美味すぎる・・・
そして腹が一杯(笑)

しばらく食べていなかったということもあるし
この距離感が一層、美味しいという気持ちを増幅させてくれる。

今はこの時から数か月という時が刻んでいても
その思いは今でもなんら変わっちゃいない。

また会いたい!

まるで遠距離恋愛のような
導かれるように秋田に向かった9月の出来事でした。

あぁ美味しかった^^
ありがとうございましたぁ~~~ん

お店情報:ケンちゃんら-めん・・・秋田店
R0023849-1.jpg

過去記事
2013/02/24 ケンちゃんラーメン秋田店

住所:秋田県秋田市飯島道東3-6-54
TEL:非公開
営業時間:11:00~14:00
定休日:木曜日

大きな地図で見る

田舎のドライブインで人気メニューを食べる。 青森県南津軽郡大鰐町「鯖石レストラン」

R0029055-1.jpg

以前からお邪魔しようしようと思っていたお店

もちろん調査はしておりましたが
お昼時に丁度良く車で通過することができまして
やっとこさっとこ入店する運びとなりました。

鯖石ドライブイン

お昼時の混雑時に一人4人掛けのテーブルを利用する贅沢・・・
でっかな面下げて、大股開きで腰掛け、メニューを広げます。
(あぁ子供達の声が聞こえる(涙)もうちょっと待っておくれ・・・)

メニュー表はこんな感じ
R0029052.jpg

びっくりするようなメニューたちの中からこれといったメニューを探すのは至難の業
っていうところですが、そういう時にはあらかじめ決めているので大丈夫(笑)

人気メニューの一つであるこれ^^

カツ丼・・・770円(2016年08月時)

R0029059-1.jpg

うぉ~~~

半熟ジュクジュク玉子が
カツの上にどろりと掛かっております。(゚д゚)

では早速カツを箸でつまんでアングリンコ
タレと玉子とカツの一体感が美味しいです。

ただトンカツ用のカツなんでしょうね(あたりまえだけど)
塩コショウの方もしっかりと感じ取ることができました^^

青森県産の熱々ご飯とともに
一気に掻きこめばご馳走様です。

R0029057-1.jpg

最後に田舎のドライブインは
都会でいうファミレスような美味しそうなメニューがたくさん
今回はカツ丼にしましたが、今度お邪魔するときには

やっぱり麺類も食べてみたいですよねぇ~
っていったところで再訪確実です。

あぁ美味しかった^^
またいっちゃうからねぇ~~~


お店情報:鯖石ドライブイン
R0029051.jpg

住所:青森県南津軽郡大鰐町大字鯖石字広田2-1
TEL:0172-48-4216
営業時間:8:00~23:00(ラストオーダー22:30)
定休日:第2、第4水曜日



さばいしドライブインレストラン(その他) / 鯖石駅宿川原駅

スズメのお宿はどーこだ? 宮城県仙台市太白区(フォルテシモ)

IMG_0409-1.jpg

新年あけましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になりました。
本年もこの駄BLOGともども御贔屓願っております。

さて2017年始まりの記事は
昨年8月(汗)お盆休み中にお邪魔した

フォルテシモ(f f)

場所は秋保温泉前の県道を走っていると
大きな看板とともに大きく目立つようなスズメのお宿の文字が・・・
駐車場もタイミングよく空いていたのでスルッと駐車します。

外観的には蕎麦屋って感じでもないのですが
洋風のレストランの空店舗にお店を構えているようです。

さっそくながら店内部に入ると
クラシックなお蕎麦屋さんって感じで
お洒落な雰囲気が魅力的なお店だと思いましたね。

注文したのは
辛味大根おろしそば・・・1100円(2016年08月時)

IMG_0411-1.jpg

割ばし並みの太い蕎麦が印象的ですね。
もちろんこれだけ太いと味わいよりも
口を忙しく動かすほうが上をいきますよ(笑)

ズルズルアグアグ
ズルズルアグアグ

アフ~~~ッ(疲れた)

ズルズルアグアグ
ズルズルアグアグ

IMG_0408-1.jpg

辛味大根などが強烈な辛さで
後頭部を、特に耳の後ろに打撃を食らわしてくれます(笑)

ケツバットならぬヘッドバット

とはいえ、なんとかかんとか食べきってご馳走様です。
美味い不味いなんて、おこがましく語れない蕎麦の世界ですが^^
このお店が持つ雰囲気や蕎麦とお店の同調感は
蕎麦の美味しさ以上のものを感じさせてくれるから不思議です。

今度お邪魔するときには
スズメのお宿もそうですが隣にある
洋風レストランも覗いてみたいですね。

ありがとうございました~~~

そして今年一年またよろしくお願いいたしま~~~す


お店情報:フォルテシモ
IMG_0406.jpg

住所:宮城県仙台市太白区秋保町湯向25-8
TEL: 022-397-3151
営業時間:11:00~19:30
定休日:水、祝



ffハンバーグ / 仙台市太白区その他)

五所川原市のNEW店 青森県五所川原市「Noodle shop Yan」

R0029031-1.jpg

だいぶ日が経ってしまいましたが
8月のとある日に、以前食堂があったところに

新しいラーメン店ができたということを聞きつけ
さっそくながらお邪魔してまいりました。

Noodle shop Yan

以前ならこなれてきたころにお邪魔するのですが

新しいお店でもすんなりと入れる余裕は
五所川原方面ならですからね^^

車をお店前に駐車して店内に入ります。

店内は以前あった食堂とは趣が一新し
とてもお洒落でラーメン屋らしくないポップな印象を受けます。

メニューは2種類なので
それほど選択肢には困らなくてよく
その後、2度目に入店した時も
期間限定のメニューが一つ増えていただけでした。

R0029027.jpgR0029028.jpg

軽く悩みましたが
今回は

鯵コク醤油ラーメン・・・700円(2016年08月時)

ネギ盛りってトッピングがあったのでそれを注文。200円
ちょっぴりお高めかな・・・(汗)

R0029032-1.jpg

白いラーメン丼に光が差し込み
ネギやスープを照らし出しています。

レンゲにスープをすくって
ズズズズズッ

フムフム、鯵コクってことですが
それほどコクがあるタイプでもなく

どちらかというとさっぱりした感じですね。

麺はというと北海道の製麺会社でしょうか?
どっかで食べた味わいですね。おそらく・・・

まぁいいでしょう。

少し麺が固めなのは
五所川原方面では見ない感じだとおもいますが。
あちら方面系の茹で上げでしょうね

R0029035.jpg

ズルズルッとすすればあっという間にご馳走様です。
そうだなぁ~思うところはたくさんありですが

昨今、ラーメン店がバタバタと店じまいしている現状を踏まえますと
この新しいお店に若い店主を応援していかなければと思うのです。

今日は五所川原にできたニュ-フェ-スをお送りしました。
ありがとうございました~~~

お店情報:Noodle shop Yan
R0029040.jpg

住所:青森県五所川原市吹畑字藤巻150-10
TEL:0173-26-6197
営業時間:11:00~20:00
定休日:水曜日



Noodle shop Yanラーメン / 五所川原駅津軽五所川原駅

驚愕のニラレバ炒め定食はいかが? 青森県青森市「ドサン子ら-めん」

R0028997-1.jpg

と~~っても量が多くって
お腹を満足させてくれるレバニラ炒め定食があるということを聞きつけ
早速ながらお邪魔してまいりました。

お邪魔したのは今より数か月前の出来事・・・
夏がイマイチはっきりしなかった7月のとある日でした。

ドサン子らーめん

引き戸を開けると、そこは食堂というか?中華料理屋というか?
なぜか懐かしさの感じる昭和の香り・・・店内は綺麗で整然としています。

厨房には店主と、昔のおねぇさんが数人立っていましたので
そのおねぇさんにレバニラ炒め定食を注文します。

レバニラ炒め定食・・・900円(2016年07月時)

R0028995-1.jpg

ど~~ん 

すげ~~~っていう第一印象

それにしても噂通りの、素晴らしい盛ですが、
ご飯の方も黙っちゃいません(笑)

どんぶり飯大盛りです。^^

いつもなら連食も考えての来青ですが
この日ばかりは、このまま引き下がりそうな勢いです(笑)

R0028998-1.jpg

では、さっそく・・・あんぐり・・・

ふむふむ、ちょっぴり濃いめの味付けが
ご飯を食べるのを進めてくれそうです。

アムアムガツガツ
アムアムガツガツ

静かにそして黙々と食べ進めます。
いつもと違うノリは残してしまうのをためらわれるため・・・

アムアムガツガツ
アムアムガツガツ

どれくらいたったでしょうか?

冷房は効いてましたが
額から汗が噴き出してきました。

それでもニラレバ炒め本体は多少残り気味
ご飯の方は完食・・・濃いめの味付けは
バランスよく食べないとニラレバ炒めを残してしまいそう・・・

とはいえ

沢庵ガリガリと味噌汁をグビグビっと飲み干しながら
ニラレバ炒めを掻きこめばやっとのことでご馳走様です。

R0028999-1.jpg

やはり難敵でしたね。

そろそろガッツリ系は引退だとは思いますが
どうしてもチャレンジ系の気持ちだけ

若い人に負けられませんから(笑)

っていったところで何とか完食することができました。

ラーメンのある初入店のお店で最初に定食を食べてしまうと
次に食べるのがラーメンじゃなくなるのが難点ですが(笑)

この次にお邪魔するときは
何とかこらえてラーメン系を食べてみたいですね。

今回のお話は、大盛で有名なドサン子ら-めんの
ニラレバ炒めを定食を完食したお話でした。


あぁはらいっぺぇ


ありがとうございました~~~

お店情報:ドサン子らーめん
R0028994.jpg

住所:青森県青森市旭町1-2-38
TEL:017-722-5680
営業時間:11:00~10:00
定休日:水曜日



ドサン子ラーメンラーメン / 青森駅

八戸市みなと食堂の中落ち丼はこれいかに 青森県八戸市「みなと食堂」

R0028967-1.jpg

夏に娘と北海道に行った帰りにお邪魔してみました。
八戸市 みなと食堂
時間は朝の8時くらいだったんですけれど…

やはり大行列です(笑)

こういった時間帯で並ぶことってあまり経験のないんで
正直面くらいましたよ。まぁ都会の方は普通なんでしょうけれどね。

ほどほど時間がたって店内に誘導されて席に着きます。
あれこれ悩むタイプなのであらかじめ決めていったのが

本マグロ中落ち丼・・・1300円(2016年07月時)

R0028968-1.jpg

びっくりするようなでっかなホタテと
びっくりするような量の本マグロの中落ち

背後ではたくさんのお客さんが待ってますからね。
さっそくながら一気食いします^^

アムアムガツガツアムアムガツガツ
アムアムガツガツアムアムガツガツ


一心不乱に食べればご馳走様です。

結構、頑張って食べていた記憶なのですが
かなりの量だったと思います。

そして食べ盛りの娘(笑)も完食

特筆すべきはこのでっかなホタテ

食感、味わい、垂らした醤油と相性がよく
とてもおいしかったと思います。

中落ちの方はいうと、自分なりに醤油を
使い過ぎてしまったのが残念だったなって
いう点

今後の参考にしたいと思いますね。

なにはともあれ
美味しく頂かせてもらいました。
そして、またお邪魔出来たらうれしいとおもいます

ありがとうございました~~~

過去記事↓
2016/04/05元祖ヒラメの漬け丼の真骨頂  

お店情報:みなと食堂
IMG_6845-1.jpg

住所:青森県八戸市大字湊町字久保45-1
TEL:0178-35-2295
営業時間:06:00~15:00
定休日:日曜日

とりそば塩を食べてみました。 青森県十和田市「段談兎」

R0028976-1.jpg

皆さんご無沙汰でございます。
なんとなく過ごしていたら、もう年末なんですね・・・
恐ろしいくらいのスピードで人生を駆け抜けていきそうですが
おいていかれないに地に足をつけて過ごしていきたいと思います。

さて、さて、きょう記事は
だいぶ日が経って申し訳ありませんが
十和田の新店にお邪魔したお話です。

段談兎(だんだんと)

面白い屋号ですよね^^
プロデュースしたのは八戸のやだらさんって話なので
それもうなずけるような気がします。

お店のある場所は以前蕎麦屋があったところなのかな?
そこの場所に新しくお店ができておりました。

っていったところで早速入店です。
お店に入ってすぐに券売機ありますので
そこから必要メニューボタンを押して
券を取り出します。

もちろんお金は入れなくてはいけませんよ^^

R0028980-1.jpg

鶏出汁のラーメンが食べたかったので
メニューにあった鶏塩を注文してから
カウンターに座って券を十和田ボーイに渡します。

段談そば(とりそば塩)・・・720円

R0028975-1.jpg

うーん すっきりとした塩味っていうのがみてとれます。
ではさっそくレンゲにスープをすくってゴクゴクゴク。

ふむふむ・・・見た目のすっきり感がスープにも表れています。
飲み過ぎた朝や飲み〆に飲み干したいスープですね^^

そのスープに県内では珍しいタイプの麺が使われています。
こんな感じ
R0028978.jpg

味わいがいい感じですね。
普段食べなれていない味わいが
新鮮な感じがしました。

チャーシューもさらっと
見た目通りの味わいなのでイメージしてくれたらうれしいですね。

R0028979.jpg

ズルズルッとアムアムっとやればご馳走様です。

新しくできたラーメン店ですから
どんどん応援していきたいですが

宅から遠いのが残念です(苦笑)

お店の益々の発展を願ってやみません。
ありがとうございました~~~

お店情報:段談兎(だんだんと)
R0028971.jpg

住所:青森県十和田市東二番町7-20
TEL: 0176-22-0111
営業時間:11:30~15:00 17:00~21:00
定休日:火曜日



段談兎ラーメン / 十和田市)

あぁまたしても迷店さがしになるのか?・・・青森県青森市「中華そば まさ」

R0028987-1-2.jpg

だいぶ前の話になりましたが
青森市に新しいラーメン店ができたということで
お邪魔してまいりました。

新しいお店もそうですが
青森市には美味しいお店がたくさんあるので
いつでも迷いながらの来青です。

なのにこうしてお店ができると
より一層迷うことが予想されますね。

とはいえ、さっそくながら入店してみましょう。

お店の場所はかって様々なお店が入退店を繰り返していたところ
そんなところにできたおみせは

中華そば まさ

店内に入りカウンターに座るとカウンター前にメニューがあるので
そこで選択して店主に告げます。

R0028984-1.jpg

中華そば(並)・・・550円(2016年07月時)

R0028988-1.jpg

見た目のルックスは青森ならではですよね。
これにはまってかれこれ数年・・・見た目から受ける印象が
味わいをもほうふつさせるから不思議です・・・あ、よだれでてきた(笑)

ではさっそく・・・
ここは一心不乱に食らうのみです。

アムアムガツガツアムアムガツガツ
ジュバジュバジュバジュバジュリュジュリュ~~~♪


R0028991-1.jpgR0028990-1.jpg

ズルズルすすれば
最後まで食べてご馳走様でした。

言うことありませんね(笑)

っていうか?この手の味わいに
どうこう述べるほど舌は肥えてませんが(笑)

まさに食文化です。

ぜひ、未食の方、他県の方にも一回ならずとも二度三度
食べてもらって、その文化を感じて欲しいですね。

また個人的にも僕の心を迷わす一店ができたことで
青森市に行くときの頭痛の種が増えそうです(笑)

あぁ美味しかった。
ありがとうございましたぁぁん


R0028982-1.jpg

住所:青森県青森市横内神田39-4
TEL:017-738-7726
営業時間:10:30~16:00
定休日:火曜日



中華そば まさ ラーメン / 筒井駅東青森駅

北海道のあっさりラーメンって(*_*) 札幌市厚別区「醤油屋本店 サンピアザ店」

R0028955-1-2.jpg

今から15年前に北海道から青森に渡ってきて以来
たびたび北海道に戻ってはラーメンの味を確認することもあります。

もちろん、そのためだけではありませんけれども(笑)

今夏にまた北海道へとふたたびお邪魔する機会があり
時間を見つけて美味しそうなラーメン屋を探す旅へ・・・

たどり着いたお店は
醬油屋本店サンピアザ店

ネットで検索したらあっさりとして美味しいって
そのようなことが書かれていたようにおもいます。

ひさしぶりの札幌市内、平日とはいえ車の混雑ぶりは
いつも感じているものとは違ったり、なれない道というのもあってか?

右往左往・・・とかなんとか屋上駐車場に車を停めて
店内に向かいますが、それにしても中々たどり着くのは容易ではない( ;∀;)

ぐるぐると相当動き回って

やっとの思いで地下3階まで行ってお店に入店です。
昼には着くとは思ってはいましたが時計の針は3時を回ってました。

さて、カウンターに座ってあたりを見渡すと
店内は小学校っぽい空間になってまして
そんなにぎやかさが懐かしい感じさえ思ってしまう。

目を前にやるとメニューが貼り付けてあるので
そこから選んで厚別ガールに注文します。

R0028951-1.jpg

初代小鳩らーめんにしてみました。よく見ると創業30年伝統味で
あっさり味だとも書かれています。ネット検索したあのメニュー。

わくわくしますねぇ~~

初代 小鳩らーめん・・・626円(2016年07月時)

R0028956-1.jpg

おぉ!このルックス
特に気になるのがゆで卵

昔はこんな感じでガッツリ煮込んだゆで卵が多かった気がしますっていうか?
鍋焼きうどん系はこういったかんでしょうか?

まさに伝統の味わいならぬルックス^^
札幌ラーメンではあまりなじみのない麩や
ほうれん草なんかもみえてますねぇ。

さっそくながらレンゲにスープをすくって
ゴクゴクと・・・濃いっ・・・こってり・・・

すでに青森に住み着いてから15年以上ですから

すでに北海道の味のコッテリ感は
あっさり感とは認識できずな感じです。(苦笑)

麺はというと

R0028959-1.jpg

ほにゃらら製麺の太麺ですね。これも札幌ラーメンならではの
しっかりとした味付けにぴったりのこぷとさ(笑)

チャーシューはというと

R0028961-1.jpg

この分厚さ・・・もう言うことはありません(笑)

いつものようにズルズルアムアム
ガツガツムシャムシャと食べればご馳走様です。

あっさりラーメンと期待していったラーメンは
味もしっかり、油もこってりとした
普通の札幌醤油ラーメンでした(○´・Д・`)ノ

個人が感じるイメージは時に様々なイメージを覆してしまいますね
それがまた、食べ歩きの面白さなのかなって思わされます。

まぁ僕が勝手に思い込んでいただけなんですけれどね(笑)

なにはともあれ、今度お邪魔するときにはそーだなぁ~
萬字らーめんか?セットメニューの野菜らーめんでも
食べてみたいですね^^

ありがとうございましたぁ~~~ん

お店情報:醤油屋本店 サンピアザ店
R0028950-1.jpg

住所:北海道札幌市厚別区厚別中央2条5-7-4 サンピアザ メトロモール B3F
TEL:011-890-2327
営業時間:月~金:10:45~21:00 土・日・祝:10:30~21:00 (L.O.20:30)
定休日:定休日


醤油屋本店 サンピアザ店ラーメン / 新さっぽろ駅新札幌駅ひばりが丘駅

オンラインカウンタ-

現在の閲覧者数:

プロフィ-ル

OHAMARO

Author:OHAMARO
主に津軽地方が中心の食べ歩き。

過去記事は閉店されたお店等もありますので、参考程度に見て下されば幸いです。またお店情報等食べ歩いた当時の情報となりますので間違い・変更等などございましたらご勘弁ください。

なお、BLOG等に関係のないコメント・TBなどは削除しますので注意してください。

検索フォーム

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスカウンタ-

カテゴリー

青森県 (1410)
 青森市 (338)
 八戸市 (218)
 弘前市 (79)
 十和田市 (99)
 三沢市 (97)
 黒石市 (12)
 五所川原市 (140)
 つがる市 (45)
 平川市 (10)
 むつ市 (13)
 七戸町 (20)
 五戸町 (5)
 平内町 (19)
 野辺地町 (42)
 六戸町 (23)
 東北町 (72)
 田子町 (2)
 おいらせ町 (96)
 鶴田町 (5)
 横浜町 (1)
 中泊町 (10)
 階上町 (7)
 鰺ヶ沢町 (15)
 南部町 (6)
 外ヶ浜町 (8)
 今別町 (1)
 大鰐町 (4)
 藤崎町 (7)
 深浦町 (4)
 板柳町 (3)
 六ヶ所村 (3)
 田舎館村 (2)
 新郷村 (1)
 蓬田村 (2)
 東通村 (1)
秋田県 (28)
 秋田市 (4)
 大館市 (8)
 能代市 (5)
 北秋田市 (2)
 横手市 (3)
 鹿角市 (6)
岩手県 (51)
 盛岡市 (13)
 久慈市 (4)
 宮古市 (2)
 二戸市 (9)
 八幡平市 (5)
 奥州市 (6)
 軽米市 (2)
 一関市  (1)
 大船渡市 (1)
 花巻市 (2)
 紫波町 (3)
 葛巻町 (1)
 平泉町 (1)
 田野畑村 (1)
宮城県 (133)
 仙台市青葉区 (17)
 仙台市太白区 (34)
 仙台市泉区 (18)
 仙台市宮城野区 (8)
 仙台市若林区 (13)
 石巻市 (1)
 岩沼市 (4)
 塩釜市 (1)
 白石市 (4)
 名取市 (8)
 大崎市 (8)
 角田市 (2)
 栗原市 (2)
 東松島市 (1)
 川崎町 (4)
 富谷町 (3)
 利府町 (3)
 蔵王町 (2)
山形県 (2)
 山形市 (2)
福島県 (1)
 磐梯町 (1)
東京都 (5)
 千代田区 (1)
 足立区 (1)
 中野区 (1)
 渋谷区 (1)
 西東京市 (1)
埼玉県 (15)
 狭山市 (2)
 所沢市 (2)
 越谷市 (1)
 さいたま市 (1)
 深谷市 (1)
 熊谷市 (7)
 松戸市 (1)
北海道 (16)
 札幌市 (5)
 千歳市 (10)
 岩見沢市 (1)
食事 (427)
 うどん (8)
 そば (70)
 すし (14)
 定食類 (49)
 ランチ系 (12)
 魚介系 (8)
 丼類 (41)
 カレ- (45)
 チャ-ハン・ピラフ (18)
 カップラーメン (98)
 袋・箱ラ-メン (9)
 ハンバ-グ (15)
 弁当 (1)
 イタリアン (1)
 スパゲティ (4)
 おこのみやき (1)
 焼肉系 (20)
 麻婆豆腐 (2)
 やきそば (4)
 カフェ (2)
 牛たん (5)
お酒 (64)
 アルコ-ル  (7)
 パブ・スナック (2)
 焼き鳥屋 (9)
 居酒屋 (29)
 中華料理 (1)
 おつまみ (12)
 イベント (4)
カメラ (40)
 イベント  (4)
マラソン (1)
日 記 (48)
 ちょっと一息 (17)
 ご連絡 (12)
 イベント (10)
 音楽 (2)
 大田区 (0)

ブログランキング参加中です♪

↓押して頂けると喜びます。 人気ブログランキングへ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンクタグ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の逆アクセスランキング

アクセスランキング

今どきニュ-ス

ブログランキング参加中です。

↓押して頂けると喜びます。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ 食べログ グルメブログランキング

最新トラックバック

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ラ-メン大好き掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: